ジーコ寅の「鹿島アントラーズよ永遠に」

昨年四月まであった、ジーコ寅の「名曲探偵アントラーズ倶楽部」に続いて開設したブログです。音楽部門は今回はやめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイ・インターリーグ杯 スパンブリー戦

2017-01-25 17:01:08 | 日記

 しばらくご無沙汰してしまった。昨年もそうだったが、オフシーズンの移籍に関するこまごまとした情報は記事にしなかった。どうせ報道の後

追いの事実を書くだけになってしまうから。でも、ブログのランキングを気にされている、特に上位の方は頻繁に記事を更新しないと、どんどん

ランキングが下がって来るので、書かざるを得ないのだろう。

 

 そういう意味でもアントラーズのブログ村は、アントラーズ同様層が厚く、競争が激しい。他のチームのブログ村に比べて圧倒的に厳しいし、

読んでいる読者数も多い。それは非常にいいことだと思う。様々な角度、違った視点で記事を書くブロガーが多ければ多いほど、読む人間は参考

になるし、へえ、こういう見方もあるのか!と感心することも多くなる。茨城新聞には書けないようなテーマも平気で書けるのはブログのいい所

だ。また書き始めますのでよろしくお願いします。

 

  さて、私にとっては、スカパーが撤退したのは大きかった。何故なら、我が家はネットの環境が安定していないからだ。どこかで書いたかもし

れないが、私のPCは、数年前から何者かによってハッキングされていて、安心してネットを使える状況にないからだ。DAZNにはカードがなけれ

ば申し込めない。カードの個人情報を入力するのが、私にとっては危険を伴うのだ。

 

 下に1月7日の夜の10時頃、PCに不正侵入された時の、セキュリティーソフトのカスペルスキーが反応した写真を載せておく。悪意を

持った人間に外部から操作されている状況で、DAZNを使って大丈夫なのか?という私個人特有の問題があるのだ。しかし、アントラーズサポ

の心性はどうしようもない。試合があると知って、前日に申し込んでしまった。いやはや、大丈夫なのかな?試合の肝心な部分で、映像を止め

てしまうような操作をされてしまわないか、正直不安だ。こういうことをやる連中が何者なのか、もうわかっているのだが、それについて書き

始めるときりがないので、私のメインブログである、「牛山馬男のぶらぶらブログ」記事を見ていただきたい。

 

 さて、昨日のタイでのスパンバブリー戦だが、時間帯に間に合わず、全体を通してしかり見ることができなかった。昨日はPCの画面で見た

がやっぱり見づらい。HDMIケーブルでテレビにつなぐ予定だが、やっぱりスカパーの方が少し値段は高くても有り難かった。昨日は試合後

の解説の時間もなく、試合だけ放送すればいいという姿勢で、スカパーの細かい心のこもったサービスは期待できそうにない。

 

 アントラーズの前半は、まだ一体感がなく、チグハグな印象。GKは川俣、植田と町田のCB、伊東と三竿雄のSBという守備。今まで試合

に出られなかった若手を試したが不安定だった。川俣のハンブルはそれほど難しいプレーではなかった。櫛引なら難なく処理していただろう。

あとは町田の守備も緩かった。失点シーンでも明らかに寄せるのが遅い。ブエノのスピードを見た眼には、レギュラーに食い込むのは難しいと

思う。町田は、茨城新聞のインタビューに、「2点とも防げた失点。相手の攻撃が良かったというより、自分たちのミスが多かった」と答えて

いるが、まだテスト段階と言え、経験の浅さがはっきり出てしまったのは残念。

 

 さすがに違っていたのは優磨。前半26分のCKを下がりながらヘディングシュートで決めた決定力はさすが。優磨ってそんなに技術がある

のかな?という印象があるが、何故か試合に出ると得点してしまう、奇妙なまでの決定力は、サッカーの神様がついているのか?と思わせるほ

ど、ゴール運に恵まれた男だ。また今シーズンもこのゴール運がつきまくってくれればいいが・・・

 

 先発したもう一人のFW、金森は良くなかった。まだどういう選手かわからないが、昨日見た印象ではあまり期待しないでおこうかと。

レアンドロもなんかパッとしない感じ。才能のある選手が持っている、オーラがないのが気にかかった。

 

 後半に入って、レオ・シルバとペドロ・ジュニオールが入って、リズムが変わった。特にレオ・シルバの攻守のバランスの良さは今の段階で

も素晴らしい。本当にいい選手を取ったと思う。柴崎が移籍しそうな今シーズン、小笠原以外にボランチでゲームメイクをできる選手は絶対に

必要だ。小笠原も次は38歳。連戦では無理させられない。優磨の2点目に出したパスのタイミングの計り方など、非凡な能力を感じた。

 

 ボランチは、三竿健と久保田、そして後半は梅鉢も出て、すごい競争になりそうだ。三竿も久保田も悪くなかったが、気になったのは梅鉢。

モンテディオ山形ですら活躍できなかったのに、運良く、アントラーズに戻ってこれた。その有難みをかみしめて欲しい。私の目には梅鉢の動

きには、何とかレギュラーを取ってやるぞ!という気迫というか、覚悟みたいなものを感じた。パスやボールタッチも正確で、もしかしたら梅

鉢は良くなっていくかもしれない。とにかく梅鉢は選手生命がかかった最後のチャンスとも言えるので必死で頑張って欲しい。

 

 あと目についたのは、2得点したペドロ・ジュニオールか。もう現段階でかなり出来上がっている印象を受けた。1点目は優磨がもらったP

Kを蹴ったものだったが、2点目の動きもストライカーの嗅覚を見せた。FWは金崎とペドロジュニオールが最初は中心になるのか?土居とレ

アンドロがそこにどう加わっていくのか。土居は2列目でもいいかもしれない。赤崎は序列的にはその次だろう。

 

 とにかく今季はACLがあるので、シーズンを乗り切るには層は厚すぎるくらいでちょうどいい。ボランチとFWはすごい争いになりそうだ

がそれくらい競争が激しい方が好ましい。昨日見た印象では、石井監督の腕次第で相当強力な、分厚い攻撃が出来るチームになる可能性を感じ

た。まあ、可能性は可能性ということだが・・・柴崎が残ったら確かにボランチが多すぎるのは確かだ。

 

 DAZNでの観戦は、予想もしない問題が起きる可能性もあり、少々不安なのだが、今季もアントラーズを応援していきたい。このメンバーな

らACLを取ることは十分可能だろう。そしてまたクラブワールドカップでレアルマドリードと当たって、是非、世界一になってもらいたい。

 

鹿島アントラーズの三冠とアジア制覇、そして世界チャンピョンを信じて応援していきましょう!

よろしかったら、ぽちっと応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

 

 

悪質なイタズラですね・・・・茨城新聞社、取材してくださいよ!

色んな状況下で応援している、様々なアントラーズサポがいるということです。

 

You tubeのハイライト、張り付けておきます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校サッカー | トップ | さようなら柴崎?、ようこそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。