ジーコ寅の「鹿島アントラーズよ永遠に」

昨年四月まであった、ジーコ寅の「名曲探偵アントラーズ倶楽部」に続いて開設したブログです。音楽部門は今回はやめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FIFAワールドカップジャパン2016 決勝 レアル・マドリード戦

2016-12-18 22:09:01 | 日記

 世界最高のスーパー軍団相手にこのサッカー。私は誇らしい気持ちで一杯だ。勝てるチャンスすらあった。世界最高のクラブチームと延長まで

渡り合えたことは、素晴らしかった。主審の判定次第ではどうなっていたか、わからない試合だった。

 

 特に柴崎の2ゴール!!本当に痺れた!前半44分、左サイドに流れていた土居が左足でクロス、柴崎がトラップ、少し大きく弾んだのを左足

でボレーで叩き込んだ。この大きな舞台でこのプレー!さすが柴崎岳!ロナルドもショックだったのか青ざめているようだった。

 

 確かに局面局面のテクニックやプレッシャーはレアルのレベルは高かった。しかし、アントラーズのディフェンスはバランスよく集中して、い

つも粘り強いサッカーができていた。9分の先制点の失点は、非常に早かったので、かえってレアルに楽勝ムードが漂って、少し相手をなめたよ

うなサッカーをしていたのが、柴崎の同点ゴールでレアルに冷水を浴びせた感じで、本当に気分が良かった。

 

 後半に入って、レアルの選手たちの目つきが変わった。後半7分、相手DFが左サイド奥からクリヤーしたボールが中央付近へ。それを柴崎が

体をうまく使って、ボールを前へ運び、相手DF三人をかわして左に動きながら、左足でミドルシュート。地をはうような最高のミドルシュー

トが左下隅に突き刺さった。もう絶叫するほどうれしかった。

 

 ディフェンスではこの試合も昌子が素晴らしかった。ロナルドを一対一で抑えているのを見るのは、驚きだったし、これがアントラーズの

ディフェンスのレベルなのだろう。曽ヶ端も神がった素晴らしいセーブがあった。

 

 13分にPKを取られた山本は、もう少し慎重にスライディングしてほしかった。あれはPKを取られてもしょうがないかもしれない。しか

し、90分内では、レアルは完全に形を崩した得点がなく、43分のファブリシオの惜しいシュートなど、アントラーズに決定的なチャンスが

あった。44分のセルヒオ・ラモスのファウルにイエローカードを出さなかった主審の判定がおかしかった。レアルに遠慮したようなザンビア

の主審にやられたといってもいい。49分の遠藤のゴール前のプレーも惜しかった。後半の最後はアントラーズが得点できそうな感じがあっ

て、延長に入る前に決めてしまいたかった。

 

 延長に入って、ロナルドに一瞬の隙を突かれて2点取られてしまったものの、アントラーズは良くやったと思う。レアルは確かに強かった

けれど、予想以上にアントラーズのサッカーが通用した。中2日の強行日程が続く中、3連勝して、レアル相手に延長まで戦えればもう十分で

ある。アントラーズ以外のJリーグのチームではここまでやれなかったと思う。明らかにレアルとは差があったが、見ていて感動する何かが

あった。観に来た観客の大部分は満足して帰ったことと思う。

 

 チャンピョンシップで勝ってリーグ優勝した強さは本物だったことが証明されたと思う。アントラーズの選手たちとスタッフ、そして石井監

督を心から称えたい。本当にありがとう!

 

よろしかったら、ぽちっと応援、よろしくお願いします。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FIFAワールドカップジャパン2... | トップ | FIFAワールドカップジャパン2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。