モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

2016Jユースカップ 1回戦 対金沢U18 2−1

2016-10-11 12:18:46 | モンテディオ山形
うまく時間が合わず、
前半の最後からの観戦となりました。

その時点で、経過がわからなかったのですが、
ハーフタイムがまったりしてたのと、
後半の得点時の反応が、やや余裕があったのを見て(笑)、
これは勝ってたんだなと勝手に解釈。

その後の失点シーンも、
「この後は締めろ」みたいな応援だったので、
勝ってる事を確信(笑)


金沢は、どのカテゴリーでやってるのかわかりませんけど、
中盤からの攻撃の連動性は、さすがな感じがしました。


でも、それ以上に、モンテユースの気持ちの入ったプレーが、
やはり最後は相手を上回ってたかなと。

追加点のチャンスを、悉くものにできなかったのは、
トップチームに似て、いかんところではありますが(汗)


ユースチームのプレーをみて、
改めて、モンテの立ち位置を確認できたような気がしました。


粘り強く、ひたむきにプレーをする。
球際は負けない。

少ないチャンスをモノにする(ようなプレーをする)。

2点目のヘディングゴールは、
冷静でいて、必ず決めるという勢いを感じました。


昔話でまた恐縮ですが、
中盤でのボールカットからのカウンターは、
なんか、2001年の頃の、しびれる様な速攻の切れ味を思い出してしまいました。


あの時より、ずっと戦力は上のはずなのになぁ・・・独り言です。


とにかく、
ユースの皆さん、勝利おめでとうございます。
2回戦は名古屋だそうで、
ジャイキリやれますよ、今のチームなら。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第35節 対愛媛 2-2 雄斗... | トップ | 第36節 対東京V 1-0 松岡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL