モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

第10節 対愛媛 0-2 新旧愛媛対決は完敗。大局観のないサッカーは辛い。

2017-04-29 18:23:52 | モンテディオ山形
まぁ、愛媛の出来も良かったんでしょうね。

統率の取れた、素晴らしいチームだと思いました。

一方のモンテですが、
何が悪いという前に、
そんなに酷いわけでもないということは感じます。

失点も、最初はヤマの対応の悪さ、
次は、中村の集中力が切れたものでした。

前半だけに関して言えば、
監督の目論見が見事に外れたというか、
ツートップ、トリプルボランチが機能しませんでした。

しかし、
そいう局面を語るよりは、
最近のモンテの大局観に問題を感じます。


最終ラインからビルドアップをしていくにしても、
前線との連携が悪すぎて、
ボールを取られるために、パスワークをしているようにも見えます。

攻撃の意図が感じられないし、
意図はあるかもしれないけど、
手順がバラバラという感じです。

今日の愛媛のように、
相手のパスワークを閉じながら、ジワジワ前進していくような、
規律性が感じられません。

監督の求める戦術に、叶う選手が足りないというのが現状かもしれません。

中村、瀬川、そしてヤマ。
レベルの低いプレーで、
ビルドアップができない、
というのが今日の敗因かと思いました。

ジュニアだって、あまりに安全策すぎて、
存在が消えてます。


ここに来て、
南、雄斗、加賀の離脱が痛すぎる状況に陥っていますね。


少し、テコ入れしないと、
大変なゴールデンウィークになりそうな心配があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山戦の報道等から | トップ | 第11節 対水戸 0-0 ミスは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンテディオ山形」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL