モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

ナビスコカップ第3戦 対神戸 1−0 4−1−4−1システムで勝った!

2010-05-22 22:41:02 | モンテディオ山形
いやぁ、試合開始に見せた、見事な4−1−4−1システム。なんか、ここまで真面目に「お披露目」しなくともと笑ってしまった。らしいっちゃ、らしいけど。

そして、思わずボランチの位置でひとりで立っているトーミに向かってこころの中で拝んでしまった。「大変だけど頑張って体張ってね」。

試合は、新しいフォメが機能するかにかかっていたわけだが、前半はちょっと手探り状態。
しかし、局所局所でトーミの細かいミスが出る。やっぱ負担だったのかな。

たぶん、このフォメはチカシを生かすためのものであり、逆にこれでしかチカシは使えないと監督は考えているのだろう。

しかし、チカシは前半はほとんど消えていた(笑)

後半になって、勝とミヤが段々と前に絡むようになる。
ミスの多いトーミから健太郎に変わって、シュートシーンも増えてくる。

ユーゾーのポストから勝に決定的なラストパスが供給されるが、決めきれない。
ミヤも得意の左45度から強烈なシュートを放つが惜しくもゴールならず。

そんな中、チカシのCKの質が良くなった3本目くらい?見事な起動を描いたボールに何人かが絡んだように見えたが、ヘッドで決めたのはなんとまさかの勝だった。

ナビだし、このまま守りに入らず2点目を狙って欲しいと思っていたが、案の定ハセを投入し、攻撃の手を緩めない。
しかし、ハセがあの位置ではちょっと厳しいかな・・・
この辺が難しいところだ。

いずれにしても、新しいフォメで最後まで戦いきった。
これは大きな収穫だろう。
ただ、キタムのコメントにもあったように、SHの運動量がハンパないようなので、さてさて夏場に機能するかのかどうか・・・


今日はいい天気。緑も濃くなってきました。


目には青葉、山ホトトギス、初ガツヲ。


神戸のサポさん。遠いところご苦労様です。


今日はこの人がキーポイントか。


そして、この人も。


当然、この人の得点も欠かせません。


今日は暑いなぁ。


でも、円陣ダッシュで気合を入れます。


さぁ、御覧下さい。見事に、4−1−4−1です。


試合は、後半、決定機を逃したマサルが、なんとチカシのCKをまさかのヘディングゴールで先制。


そのまま、なんとか守りきって勝利。


やっぱり、ブルイズはいいもんですなぁ。


まだまだ未完成のシステムかもしれませんが、頑張ってモノにしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みやぎCL 対仙台 1−2 太田... | トップ | 代表戦とか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
敵状視察 ナビスコ ホーム 山形戦 (與野レッズBlog)
駒場です。貴重な出島参戦の機会という栄に浴したのは山形。一般発売のあったチケット