モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

後半戦の鍵になる選手は誰だ!

2017-07-06 12:18:01 | モンテディオ山形
九州、中国地方の大雨大変ですね。
線状降水帯とか、初めて聞きました。
1時間に120mmとか、24時間で500mmとか、
随分乱暴な天気になったものです。

さて、
日曜日は、後半戦の初戦山口戦。

何度も言っておりますが、
今シーズンの浮沈を占う試合になると思っております。


前回、中盤までの前半戦の感想を書きなぐってしまいましたが、
今回は、前線(天気の話しぢゃありません)の感想を。

たぶん、勝手な想像ですが、
このチームの攻撃の基本パターンは、

1トップの阪野にボールを預けて、
それを、2シャドーがフォローする。
中央に、相手が集中してきたら、
ワイドにボールを拡げる。

こんな感じかなと思います。
そこは、ブレていないと思うのですが、
なかなか得点が伸びないのは、
どうしても、
前の3人が孤立してしまっていること。
悪い言い方をすれば、3人に任せてしまっていること。

昔、J2時代の仙台も、前線に助っ人3人並べて、
攻撃は、その3人で完結するというシーズンがありました。
確か、ウチも0-2くらいで完敗したと思います。
結局、後半失速してしまいましたが。


得点力のあるチームは、
攻撃の時に、PA付近に4人くらい選手が飛び込んできますが、
ウチは、WBが守備に追われて、攻撃の時に間に合わない場面が多いですね。
ですから、PA付近には1〜2人しか選手がいません。

ボランチが、そこを埋めても良いのですが、
中村駿くらいの機動力のある選手でないとそこは厳しい。

つまり、失点しないベースづくりが、
攻撃力不足の原因になっています。


じゃぁ、後半戦どうするのかですが、
シャドー、WBに能力のある選手を持ってくるしか打開策はありません。

優平、南あたりが早く復帰してくれるとありがたいのですが、
荒堀がWBとして試合に入りこむ場面が増えているのは、良い材料です。
しかしやはり、雄斗に期待でしょうね。

雄斗、昨年オファーを受けて、本人も1年でJ1復帰できると思っての入団でしたが、
チームも本人も、残念な結果になってしまいました。
でも、そういう気持ちで入団してくれるのはありがたいこと。

そういえば、昔、臼井も昇格するチームに行きたいということで、ウチに来てくれた
んでしたなぁ。
結局昇格する前に、チーム出ちゃったけど(笑)

本来、シャドーが雄斗の居場所でしょうけど、
ここは、WBで暴れてもらいたいですね。

90分、上下運動を繰り返すのは大変ですが、
瀬沼とうまく役割分担してもらって、
是非、前線を活性化してもらいたいです。

ズバリ、
後半戦は、

GK 児玉
DF 加賀、菅沼、茂木
WB 雄斗、本田、風間、荒堀
FW 瀬沼、阪野、ユルキ

これで、暴れてもらいましょう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前半戦を振り返って | トップ | 第22節 対山口 0-2 後半戦完... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンテディオ山形」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL