競作企画「穴」(800字ピッタリで書いてみましたよん)

2010年07月04日 | ショートショート

競作企画に参加しましたぁ!皆さんの「穴」はこちらです。
おさかさんの「穴」
ヴァッキーノさんの「穴」
りんさんの「穴」
たろすけ(すけピン)さんの「穴」
儚い預言者様の「穴」
ia.さんの「穴」
レイバックさんの「穴」
銀河径一郎さんの「穴」
舞さんの「穴」
cokolyさんの「穴」
つとむューさんの「穴」

 気がついたら穴の中だった。
 この暗闇に閉じ込められて、どれくらいになるんだろう?

 「父さん、今日は注意報が出てるんだからやめときなよ」
 実家に戻っている娘が言う。
 「大雨注意報なら昨日も出てたじゃないか。大丈夫、ひどくなりそうならすぐ帰る」
 これ以上言っても聞かぬことくらい妻も娘も承知である。黒長と合羽を上り框に揃えてくれた。
 駅前の碁会所で一局終えぬうち、窓外が黄昏時ほどに暗くなった。約束どおり早々に帰宅することにした。
 帰宅中、突然激しい風雨が襲った。雨が合羽をバチバチ打つ。見る見る側溝から水が溢れ出し、黒長の中に水が浸入する。まさにゲリラ豪雨。大通りは川となり中央広場に流れ込む。
 中央広場の真ん中に大きな渦ができているじゃないか。町の水が全部吸い込まれていく!
 広場を迂回しようと方向を変えた私の足に、勢いよく流れてきたプラスチックの風呂蓋が直撃、私は転倒した。
 ゴム合羽がツルリとアスファルトを滑って広場の渦へと運ばれていった。
 必死で何かをつかんで逃れようとしたが激流の中、高齢の私は無力だった。そして渦の中へ。
 プールに投げ込まれたような状態でもがき苦しんで・・・そして気がつくと穴の中だった。

 ここは龍宮城みたいな世界なのか?いやまさか。生き埋めになったのだろうか?救助はいつ来てくれるのだろうか?
 いや!自力で出てやる!もう出てもいい頃、そんな気がした。すると、穴が私を圧迫し始めた。

 私は頭上をめざした。穴はどんどん狭くなっていく。きっと出口だ。あともう少し・・・
 突然、今度はまばゆい光の洪水に包まれた。
 助かった!
 感極まった私は、水を吐き出して泣き叫んだ。
 「元気な男の子ですよ」
 医者の声。それに続いて娘の声も聞こえた。
 「まあこの子、手に十字の痣!亡くなった父さんとおんなじ!生れ変わりなんじゃないかしら?」
 ああ早く目が開くようにならないかな。そしたら鏡を見せてほしい。
 だって孫の顔が早く見たいじゃないか。


(最後まで読んでいただいてありがとうございます。バナーをクリックしていただくと虎犇が喜びます)

ジャンル:
小説
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« twitterショート140字... | トップ | twitterショート140字... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
穴ってますねえ (ヴァッキーノ)
2010-07-04 08:44:14
ボクのわがまま企画につきあってもらって
ありがとうございます!
「穴」って不思議な魅力ありますよね。
しかもこの描写力!
まるでその場の状況をテレビで見てるみたいでした。
800字ですか。
スゴイですね。
こりゃ、なつかしの文章塾ですよ。

穴と、このオチ!
すばらしいです。
ヴァッキーノさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-04 10:45:07
先にヴァッキーノさんの穴へのコメントを書いちゃったんで、そこに書いたとおり、いきなりの変化球、やっちゃったなぁって反省してます。『ストーカー』のゾーンだって思ってたのにぃ~
まいっか~
虎穴に入らズンバ!
虎児を得ズンババ!!
皆さ~ん、果敢に穴にチャレンジしましょう!
タイムトンネル (tatsu)
2010-07-04 10:51:25
自分が孫として生まれ変わる
輪廻転生の世界でしょうか
不思議な穴はタイムトンネルとも言えますね。
tatsuさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-04 11:01:50
リインカーネーションとか誰かの生れ変わりとか、これっぽちも信じていない僕なんかがこんなの書いちゃいました(笑)
窓・・・
ドア・・・
穴・・・
異世界への入口っていろいろなイメージがあると思うんですけど、穴ってヤツは特殊ですよね。
現実の穴自体、急に暗くなるし、空気が違うし、まさに異世界なんですもん。
Unknown (おさか)
2010-07-04 13:38:26
なんて微笑ましいオチ♪
オチの弱い、というより
オチ苦手な私はうらやますい。
お父さんの意識はいつまで存在してるのかしらん。
孫が突然じいさん臭い言動をしだすとか(笑)
これで長編一本書けそう♪

ところで穴、を書いたとき、画像をネットで探したんですが
検索窓に「穴 画像」と入れたら
アダルトサイトがわんさかと(笑)。
考えてみればちょっとえっちな語感の企画ですね。
おさかさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-04 14:36:00
おさかさん、早速のコメント、ありがとうございます!
穴だけにオチないとぉ!
ってことで、オチなんですよね、オチ。
オチってナゾかけのココロみたいな感じで、
ア、それ答えなのね、あ、そう、そういう文章なんだぁ~ってふうに、文章をすごく薄っぺらくしちゃうことがあるって思うんです。
美味いラーメンに胡椒がドバッと入ってしまって、全部のテイストを台無しにしちゃうみたいな。
わかっちゃいるけどやめられない・・・
それがフェチってもんです(笑)

僕はブログにつける画像を求めてよく画像検索を使うんですけど、アダルト率って高いですよネェ。敢えてそういうのを見たいときは別として(正直者!)、普通に猥褻な画像が並ぶのは辛いなぁ
Unknown (にっこ)
2010-07-04 23:17:07
コメントありがとうございました。

すみません、明日もう1度伺います。

ダンナがうるさいけん。。
Unknown (ia.)
2010-07-05 02:40:30
すごい脱出劇ですね!
最後にコケましたけど(笑)
虎犇ブラックホールに吸い込まれそうです。

えっ?オチがいるの?
そんなの条件になかったですよねっ。ねっ。
にっこさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-05 07:23:57
いえいえ、こちらこそ。
広島弁のブログが楽しかったので一言書かせていただきました。
コメントありがとうございます!
ia.さんへ (矢菱虎犇)
2010-07-05 07:27:02
ついついオチのあるお話にしないと済まないのは矢菱流ってことで。
皆さんの個性が集まるのが面白いですよね~
ia.さん、ぜひご参加くださいませ。
楽しみにしています。
リーンカネーションですね (りんさん)
2010-07-05 22:20:01
すごくいい話ですね。
こんなオチとは思いませんでした。
輪廻転生。孫に生まれ変われるなんて、すごく幸せですね。
りんさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-05 23:30:10
これっぽっちも輪廻転生なんて信じていない僕がこんなのを書いちゃいけないんですけど、穴を抜けると何でもありかなぁって書いちまいました。
次回作では、赤ん坊がお祖父ちゃんとして復活するために、穴に戻っていく話です。
ゴメンナサイ・・・
オフザケが過ぎました・・・
Unknown (もぐら)
2010-07-06 16:27:40
すごいですね。
みなさん「穴」の単語ひとつでこんなに多種多様の(言葉おかしい?)文章が描けるなんて
すごいです。

頭の中に映像が映りました。
赤ちゃんの顔が「おじいちゃんそっくり!」
とかね。
もぐらさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-06 18:41:11
本当に皆さん、それぞれの個性がよく出てますね~
もぐらさんもひと穴、やっちゃいません?
もぐらの穴ってのもありますもん!

僕は最近シンプルに書いた行間からイメージが湧いてくる・・・そんな文章をめざしているんです。書きすぎないことを心がけてるんです。
だから、シンプルな表現の中から映像が見えていただけると、とっても嬉しいんです。
ありがとうございました!
Unknown (銀河径一郎)
2010-07-08 20:13:43
こんちは!
龍宮城かと思いきや、すごいオチで思わず笑ってしまいました!

時々、妙にしぶい幼児がいますが、あれって、もしかして(笑)
銀河径一郎さんへ (矢菱虎犇)
2010-07-08 21:55:03
ご訪問ありがとうございます。
僕は笑ってもらえるショートショートをめざしているので、万々歳です。
またぜひご訪問ください。
Unknown (レイバック)
2010-07-10 03:10:47
お久しぶりです。
ビューティフルなオチにやられました。
そうかーそうくるかー。
十字架の痣の処理も見事ですね。
いやー、なんだか悔しいですわ(笑)
レイバックさんへ (矢菱虎犇)
2010-07-10 03:34:53
レイバックさん、お久しぶりです!
僕はこんなネタみたいな話ばっかり書き綴っていま~す。
レイバックさんに「なんだか悔しいですわ」なんて感想もらえると、天にも昇っちゃいます。
何を隠そう、僕はレイバックさんの隠れファンです。
「夏のテロリスト」「合図」
しびれちゃうくらい好きなんですよ。すっごいセンス!
ああいうのが僕にも書けたらなぁ!!

ちなみに皆さ~ん、レイバックさんの選りすぐりはここで読めます。
http://p.booklog.jp/book/950
すみません。 (舞)
2010-07-12 08:12:34
こちらを読まずに切羽詰まって出した作品の内容が、かぶっちゃってました。
申し訳ないです。
ただしこちらのほうが数段、いやいや数十段も上なので比べ物にはならないんですけどね。
こちらはメッチャひねってますもん。
最後はなるほど~と独り言を呟きましたから。

これからもよろしくお願いします。
舞さんへ (矢菱虎犇)
2010-07-12 09:57:31
すみませんなんてそんなそんなぁ
僕はひねりやオチが好きなんですけど、
人の書いた文章だと、
オチより雰囲気があるショートが好きだし、
舞さんの文章の温かさも好きなんですよね~
微笑ましい文章、僕、書けないんです(悲)
自分にないものにあこがれちゃのかなぁ

こちらこそどうぞよろしくお願いします!!
Unknown (儚い預言者)
2010-07-16 22:45:18
 はじめまして。よろしく。
 時間と空間の綾がもし現実を創っているとしたら、不可思議という認識が、ある局面の断面として、連続的という虚を実にするのだろうか。
 魂という故郷には、現実へと伸びる穴があるに違いない。
儚い預言者様へ (矢菱虎犇)
2010-07-16 23:09:28
僕、文章塾に片手くらい参加したことがあるんですよ。ただ、ろくにコメント書けなかったんです。スミマセン。僕は抽象的な言葉と抽象的な言葉が重なると理解に靄がかかってしまうんで、コメントが難しくて・・・非礼をお詫びいたします。
こんな僕なので、こんな文章を書いておきながら、輪廻転生のような非科学的な現象をまったく信じない唯物論者なんです。

この週末、ヴァッキーノさんのブログ経由でまだ訪れていない穴巡りをしたいと思います。よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL