金閣銀閣

2012年11月06日 | ショートショート



天井から吊るされた三蔵法師と猪八戒を眺め、金閣兄貴が舌なめずりをした。
「おい、銀閣。丸々した豚はお前にやるぞ。わしはこっちの坊さんだけで・・・」
「待ってくれ、兄さん。徳を積んだ坊さんほど美味い物はないと聞くぜ」
兄貴のヤツ、三蔵法師を独り占めにしようだなんて。
十代に渡って修行に勤めた三蔵法師を食えば、極上の美味を堪能できるばかりではない。その無限の霊力さえ己の物となり、山海の神をも恐れるであろう。少なくとも不老不死は必定。
「いいだろう。母さんの言いつけどおり、仲よく分けるとしよう。では、早速宴じゃ」
ぬらぬら光る出刃を手に、手下の料理人が三蔵法師と猪八戒に迫った、その時。
「おい、金閣!」
ふりむくと、戸口に立っているのは当の母親ではないか。
「なんだ、母さん。ちょうどよい・・・」
シュルシュルシュルシュル~!
金閣の体は空を舞い、母親が手にした紅葫蘆(べにひさご)の中へ一気に吸い込まれていくではないか。
母親の姿は見る見る孫悟空の姿へと変わる。畜生、謀られた!
今、われらの宝紅葫蘆を手にしているとなれば、悟空の始末を命じた手下どもは殺されたにちがいない。おそらく母親も。
「おい、銀閣!」
「・・・」
誰が返事をするものか。名を呼ばれて返事をすれば、兄貴同様、吸い込まれちまう。
俺は、手下の妖怪たちに混じって知らんぷりした。
「あれ?奇怪しいなあ。銀閣がいないぞ。銀閣は頭が銀閣のはずだが」
フフフ、そのとおり。兄貴の金閣は頭がピッカピカの金色でわかりやすい。だがな、銀閣は地味なのだあ。
困った悟空、胡座を組むや指先を舐め側頭に当て、ポクポクポク、チーン。
おいおい、それは違うキャラ。
「ハイ、ととのいました。それでは皆さんに三択クイズですよ。
銀閣に関する問題です。正しい銀閣は次のどれでしょう。
1番。金閣寺と同じように銀閣寺も銀箔貼りでピッカピカだった。
2番。銀閣寺は銀箔でなくて黒漆塗りで角度によっては銀色に見えた。
3番。銀閣寺は今のまんま、地味な建物だった。
さあ、一斉にボタンをどうぞ!」
えっと、えっと、えっと、確か・・・2番!
「ブッブー。残念、全員不正解~!『銀閣寺』とは『銀閣』を含む寺社全体を表す名称であって、例の観音殿は『銀閣』なのです。入試問題の常識ですよ、銀閣さん」
「え~!俺、どっちでもいいと思うよ~。俺が言うんだからさあ。なあ、みんな・・・」
シュルシュルシュルシュル~!



(最後まで読んでいただいてありがとうございます。バナーをクリックしていただくと虎犇が喜びます)   

ジャンル:
小説
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菜か?果物か? | トップ | ビバノンノン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仏仏 (haru)
2012-11-06 21:17:26
ギャハハハじゃなかったもとい。オホホホ!
どうして、こんな面白いお話が生まれてくるのでしょうか?
これも皆仏様のお導きでしょうか仏仏(ブツブツ)
haruさんへ (矢菱虎犇)
2012-11-07 01:12:42
毎度、バカバカしいお話におつきあいいただきありがとうございます。
今回のお題は『銀閣』。
いや~こいつはなかなかの難題でした。
でもなにげに西遊記、金角銀角あたりやら吸い込むヒョウタンやら人口に膾炙しているような。
金銀パール プレゼント (ヴァッキーノ)
2012-11-08 21:42:02
建物を擬人化したお話しだと思いながら
もう一度読み直すと、なるほど、
最後のクイズの答えがしっくりきますね。
いやはや、前やってた『ことわざクイズ』みたいで
矢菱さんの真骨頂ですなあ。
ヴァッキーノさんへ (矢菱虎犇)
2012-11-09 05:14:44
『金閣寺』をネタに書くんならまだしも、『銀閣寺』って・・・。
昔、『金閣寺』を燃やして小説になったヤツがいましたけど、『銀閣寺』に忍び込んで、スプレーで銀色にしちゃったら、それはそれで小説になりそう・・・失礼しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL