ひゃくまんえん

2013年03月07日 | ショートショート



朝早いというのに、金田さんちの家族四人、神妙な顔でダイニングに集合しています。
家族会議でしょうか?
あ。テーブルの真ん中、四人の視線が集まっているのは、百万円の札束!
父「文章を読んでる人のために状況説明すると、息子のタカシが新聞受けに放りこまれた百万円を見つけちゃって、も~大変・・・」
タカシ「父さん、なにブツブツ言ってんだよ。とにかくこのお金は第一発見者のボクのもんだかんね」
マチ子「兄さん、警察に届けなきゃダメでしょ!ネコババする気?」
母「まあまあマチ子ちゃん。タカシの言い分にも一理あるわ。どうせ所得隠しの脱税か、暴力団絡みのヤバイ金にちがいないわ」
マチ子「ネズミ小僧のような義賊による、貧しい者への施しかもよ」
母「施しを受けるほどおちぶれちゃいないわっ」
タカシ「警察に届けたとして謝礼の一割はやはりボクのもの・・・」
マチ子「届けるように言ったアタシにも権利が・・・」
父「たわけ者!現金を前に醜い争いはやめなさい。海賊の仲間割れみたいだぞ」
母「そうねえ。金銀財宝の宝箱と比べたら、百万って意外と薄っぺらよねえ」
父「まあ、一万円札が百枚だからな」
マチ子「エ~!!じゃあ世界一周クルーズは?ディズニーランドの買い占めは?」
タカシ「バッカだなあ。これっぽっちじゃ外車一台かペットショップの買い占めが関の山さ」
母「ふたりともアウト」
父「無理もない。百万円の価値など具体的に考えたことなどあるまい・・・そうだ。本物の百万円で百万円ごっこをやろう。プルルル、プルルル!」
タカシ「カチャ、はい、もしもーし」
父「おめでとうございます!テレフォンクイズ、チャレンジャーに当選です!挑戦なさいますか?正解者の手にはなんと賞金百万円が・・・」
タカシ「今、持ってまーす、ガチャン。ああ、なんて気分がいいんだろう!」
マチ子「ママ~あたしも~」
母「プルルル、プルルル、カチャ。どなたさま・・・え!誘拐?!うちのマチ子ちゃんを?マチ子の、マチ子の声を聞かせてくださいっ」
マチ子「え~ん、え~ん。ママ~怖いよ~!よ~し、そこまでだ。娘を返してほしければ百万円用意しろ」
母「百万ですって!そんな大金・・・ア!娘の、娘のポケットに入ってなかったかしら?」
マチ子「そんな大金がポケットに?・・・そんなはずが・・・あったわ~本物の百万円!チョ~気持ちいい!」
父「ハハハ、いいだろ?本物の百万円で百万円ごっこ」
母「そうねえ。で、どうしましょう?百万円」
マチ子「そうだ。この楽しさをご近所にも分けてあげようよお」
タカシ「賛成!じゃあボク、お隣の新聞受けに入れて来るよ」
ああ、なんてすがすがしい百万円!



(最後まで読んでいただいてありがとうございます。バナーをクリックしていただくと虎犇が喜びます) 

ジャンル:
小説
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フリーズドライ | トップ | ホワイトデー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウケた! (りんさん)
2013-03-08 09:28:16
すごい面白いですね~
百万円を前にとぼけた家族の会話。
そしてこれが近所で延々と続いていくのか…(笑)
ああ、私の家にも回ってこないかな。
そしたらうち、隣は空地なのでどうしましょう。
Unknown (haru)
2013-03-09 08:59:55
お話も面白いですが、100万円の札束ちょー上手い!
ここまで腕を上げたら、偽札作りも。。。
あ、それは御法度ですね。(笑)

我が家にも回ってこないかなぁ~!
りんさんのお隣空地?それならりんさんのものかもね。
りんさんへ (矢菱虎犇)
2013-03-11 07:09:39
りんさんちの隣、空き地なんですか~
じゃあ防水シートにくるんで置いといていただければ・・・。
ちなみにボクんチの隣は銀行です(ウソっ)
haruさんへ (矢菱虎犇)
2013-03-11 07:11:26
そうなんですよ。お札を描いていると、ホンマに贋札作っている気分になってくるんです。
あんまり精巧に描いたら警察に捕まっちゃうんじゃないか?な~んて(ありえんっ)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL