消えたチョコレート

2013年02月14日 | ショートショート



バレンタインデー前日。
カオリちゃんの自宅では、家族全員、居間に集まってなにやらもめています。
そうです。
カオリちゃんが憧れの先輩に贈るために手作りしていたチョコが消えてしまったのです。
犯人はいったい・・・。
カオリちゃんのお父さんが家族を見回して、言いました。
「チョコレートを盗んだ犯人は・・・おじいちゃん、あなただ!」
「わ、わしはなにも知らんっ。どこにそんな証拠が・・・」
お父さんがおじいちゃんをジロリと睨みます。
「おじいちゃん、よく言いますなあ、口元にチョコをつけて」
慌てたおじいちゃん、口元をゴシゴシ・・・家族全員おじいちゃんが犯人だと確信しました。
「こ、これはおやつに食ったLOOKチョコじゃっ」
「おじいちゃん、弁解なんて見苦しいわ」
カオリちゃんもご立腹です。
「ここは素直にあやまったほうが・・・」とお父さん。
「でもわしは・・・」
煮えきらないおじいちゃんに向かってカオリちゃんが言い放ちました。
「フフフ、いつまでシラを切るつもりかしら。こんなこともあろうかと、試作品には強力下剤を混入しておいたのよ!まもなく効いてくるころだわ」
と、その途端。
グルッ
グルグルグルッ
お腹のゆるむ、盛大な音が。
おなかをかかえて悶絶してるのは・・・なんと、おじいちゃんではなくてお父さんです。
「真犯人は、お父さんだったのね!」
「ウッ・・・す、すまん。とにかくトイレへ・・・」
額に生汗を浮かべたお父さん、内股走りでズダダダダッ。
カオリちゃんがおじいちゃんの手をとってあやまります。
「おじいちゃん、疑ったりしてゴメンナサイ」
「な~に、いいんじゃよ。わしも父さんも食いしん坊じゃからなあ」
カオリちゃん家族に笑顔がもどりました。
「これにて一件落着。チョコレートでトイレに駆け込むだけに、チョッコ~便・・・



(最後まで読んでいただいてありがとうございます。バナーをクリックしていただくと虎犇が喜びます)  

ジャンル:
小説
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ヒトに・・・・・・』 | トップ | 25世紀少年 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつもありがとうございます (もぐら)
2013-02-14 23:01:18
感謝を込めてHappy St.Valentine's Day!

かおりちゃん「こんなこともあろうかと」って。(汗)
おやじギャグ (りんさん)
2013-02-15 18:02:39
まさかのおやじギャグオチでしたね(笑)
お父さん、娘の彼にヤキモチ焼いたのかな。
おじいちゃんのせいにしちゃダメですよね~。

うちの娘は東急ハンズで買った面白チョコを先生にあげました。「おまえはチョコ選びの天才だな」と言われたらしいです(笑)
もぐらさんへ (矢菱虎犇)
2013-02-17 08:24:56
わ~い、もぐらさんからチョコみたいにコメントもらっちゃったあ。
ありがとうございまーす。
チョコだけにチョコメント?
もぐらさんだけにモグモグモグ・・・
りんさんへ (矢菱虎犇)
2013-02-17 08:30:58
面白チョコっていろいろあるんでしょうね。
ボクは今年、妻からショコラーシカという、マトリョーシカ風の入れ物に入ったチョコをもらいました。
ん~わかってらっしゃる、ボクのセンス。
ホワイトデー (ヴァッキーノ)
2013-02-24 17:21:45
バレンタインデーの少し前に
イオンに行ったら、チョコの特設売り場で
カップルがいまして、
「バレンタインデーのそもそもの始まりってのは・・・」
と、男が得意げに彼女にウンチクを話していました。
男はデブでひげもじゃ。
それでいて甲高い声。
隣の女は、彼女だったんだろうか?
それとも、彼氏にあげるためのチョコを買いに来たら
たまたま出会っただけなんだろうか?
それは、誰も知らない。。。
ヴァッキーノさんへ (矢菱虎犇)
2013-02-25 11:40:17
バレンタイン前、イオンのチョコの特設売り場?
髭デブ親爺?
うんちく野郎?
・・・ボクですよ、ソレ。
いたんだ、ヴァッキーノさん。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL