映画『プロメテウス』

2012年09月01日 | 映画の感想



監督 リドリー・スコット
ノオミ・ラパス (Elizabeth Shaw)
マイケル・ファスベンダー (David)
ガイ・ピアース (Peter Weyland)
イドリス・エルバ (Janek)
ローガン・マーシャル=グリーン (Charlie Holloway)
シャーリーズ・セロン (Meredith Vickers)
ケイト・ディッキー (Ford)
レイフ・スポール (Millburn)
ショーン・ハリス (Fifield)
ベネディクト・ウォン (Ravel)
エミュ・エリオット (Chance)
パトリック・ウィルソン (Shaw's Father)

エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。発展した時代も場所も異なるこれら古代遺跡で見つかったサインを、考古学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)は人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ、女性監督官ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)、精巧なアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)ら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションが建造を手がけた宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航する。2093年、目的の惑星にたどり着いた一行は、砂漠に広がる明らかに人の手により造られた遺跡を見つけ、その奥へと足を踏み入れる。しかしその惑星では地球の科学では計り知れない異常な出来事が次々と起こり、脅威となって彼らに襲いかかる……。

★★☆☆☆
『エイリアン』第1作は傑作だった。宇宙を舞台にしたホラー映画といえばそうなんだが、エイリアンの造形から、ストーリー展開に至るまで、多大な影響を与え続けている映画だと思う。『エイリアン2』は大ヒットしたがボクは首をかしげた。娯楽色は強いが、ボクの中のエイリアン像を破壊してしまったからだ。
宇宙を航行していた貨物船ノストロモ号は会社の指示で未知の惑星に赴く。そこでついに異星人の宇宙船と異星人を発見する。観たこともない造形の宇宙船、人類よりも遥かに高度な科学力をもつらしい昆虫人間のような異星人が台座と一体化しているような姿。しかもその強靱そうな昆虫人間は体内を食い破られて死んでいるのだ。この異星人をも凌ぐエイリアンはとんでもないぞ・・・。観客に訴えるのはそれだけで十分なのだ。異星人の出自や正体なんてわからないほうがよい。
そして発見した無数の卵。卵の中を覗き見た人間に飛びつくフェイスハガー。そして、人間の体を突き破って現れる幼生のエイリアン。そのグロテスクな造形がおぞましいだけでなく、このエイリアンは、宿主とした生物の情報を読み取って自分に組み込んで自身を強化していくのが特徴なのだ。人間の体内から飛び出して成長したエイリアンが以前のエイリアンよりも人間に近い形質なのはそのせいなのだ。つまり、エイリアンは『エイリアン2』のように女王蜂みたいな独自の習性を持ったり母性を発揮したり人間生殺し貯蔵なんてしたりしないのだ。タコみたいだったりコブラみたいだったりするのも、ちょっと不自然だし、そいつが人間に直接寄生すればコブラ人間、タコ人間っぽいエイリアンになったりするわけである。
まあ、以上のような設定がユニークだからこそエイリアン第1作は、面白いし怖いし、傑作なのだ。というわけで今回映画館で観てきた『プロメテウス』について直接触れていないけれど、ボクが『プロメテウス』を観て、どこにガッカリしたかは十分にわかると思う。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショートショート『啓示』 | トップ | ショートショート『蜜柑』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
だから (ヴァッキーノ)
2012-09-01 19:53:51
だから、あれですよね。
最初の10分くらいの導入部が
いらなかったんじゃないかって思うんですよ。
余計な知識や、理由なんかいらないわけですよね。
最初の10分くらいがなかったら、怖いと思うんです。
それは、プロメテウスを観終わったすぐあと
エイリアンを観て思ったことです。
ガッカリ (tatsu)
2012-09-01 22:45:21
コメント&TBありがとうございました。
訳の分からないブログを見ていただき有難うございます。

ヴァッキーノさんの言われる通り導入部が無かった方が分かりやすかったのかも、ですね。

矢菱さんご指摘の「エイリアン」1作目の様な独創的なオリジナリティが感じられなかったのが残念でした。
ヴァッキーノさんへ (矢菱虎犇)
2012-09-02 00:46:21
はじまりの遺跡のくだり、確かに要りませんよねぇ。
そして、日本の宣伝文句、人類の云々。

ボクは3Dメガネで観たんですけど、画面自体が暗いので、なんか余計暗く感じてしまって観づらくて、チクショ〜DVDになったらちゃんと観直してやる!なんて思ってしまいました。それって本末転倒ですよね。
tatsuさんへ (矢菱虎犇)
2012-09-02 00:50:53
tatsuさん、トラバ&コメントありがとうございます。
いや〜観るの、タイミングが一緒になりましたねぇ。
いろいろツッコミどころのある映画でしたけど、
あの台座に固定されたまま死んでいた昆虫人間みたいな異星人、エイリアン1では人間より遥かに巨大だったのに、今作では人間スケールだったことに変えてあるのは納得いかな〜い!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
プロメテウス (3D) / Prometheus (勝手に映画評)
エイリアンシリーズのリドリー・スコット監督の作品。この作品は、必ずしもエイリアンシリーズでは無いとされているようですが、果たして・・・? “人類の起源”を探る試みが、この物語のベースになっています。でもねぇ、その科学プロジェクトが国家のプロジェクトでは...
アメリカ映画「プロメテウス」、エイリアン映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     SF映画好き ☆☆☆☆ 人類の起原が明かされる風の、宣伝からは何か未知のという気がするが、冒頭はすこしその手の話が出るが、中盤以降は全くの「エイリアン」。 3D吹き替え版もあるが、最近は2D字幕版を見るようにしているが、正解...
映画:「プロメテウス」 Prometheus 人類の源流探しでもありつつ、 リドリーのエイリアン源流への旅。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
タイトルが出るまでの、オープニングのインパクトがまず凄い。 わずか数分間で、今回のテーマは「人類の源流」探し、だと明示する。 まるで2001年 宇宙の旅 (2001 A Space Odyssey)を思い出させるような映像も登場。 そして直後のエピソードもその明示を強化しつつ、主...
プロメテウス(3D日本語吹替版)  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  ノオミ・ラパス  マイケル・ファスベンダー  シャーリーズ・セロン  ガイ・ピアース 【ストーリー】 「人類はどこから来たのか?」人類が長年にわたり追い続ける、人類史上もっとも深遠でかつ根源的な謎。2089年、地球上の古代遺跡からその答えを導き出す....
映画『プロメテウス』★前日譚だろうと“命の賛美”かな〜と思えてきました。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158033/ ↑ あらすじ・クレジット はこちらを 参照ください。     「プロメテウス」 とは、(人間の)想像主の意ですが これは...
映画 『プロメテウス』 (BLOWING WIND・風のふくまま)
映画 『プロメテウス』@109シネマ川崎IMAX3D 製作国 アメリカ 監督 リドリー・スコット 出演 ノオミ・ラパス (Elizabeth Shaw)   マイケル・ファスベンダー (David)   ガイ・ピアース (Peter Weyland)   シャーリーズ・セロン (Meredith Vicker...
映画 『プロメテウス』 (向う岸)
allcinema 『プロメテウス』 3D字幕版で鑑賞。 地球人の創造主は異星の巨人。 その巨人に会うことがプロジェクトの目的であり、ウェイランドの社長は 密かにプロメテウス号に乗り込んでいた。 巨人は地球を滅ぼすため、プロメテウス号が向かった先の惑星で 大量...
『プロメテウス(2D字幕版)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「プロメテウス」□監督 リドリー・スコット □脚本 ジョン・スパイツ、デイモン・リンデロフ □キャスト ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、イドリス・エルバ、ローガン・マーシャル=グリーン■鑑賞日 8...
プロメテウス : エイリアン誕生の秘密が明らかに (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、初めて先行上映で映画を観てきました。楽しみにしている作品は早く観たいですからねぇ。では、本日紹介する作品は、楽しみにされている方も多いこちらになります。 【
プロメテウス (Prometheus) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リドリー・スコット 主演 ノオミ・ラパス 2012年 アメリカ/イギリス映画 124分 SF 採点★★ 一時期ブームになりましたねぇ、“神々の指紋”。デニケンの焼き直しに過ぎない中身だったとは言え、「古代文明に超文明の痕跡がぁ!それはきっと宇宙人だぁ!“...
プロメテウス (もののはじめblog)
9月1日が映画の日というのに、その前日に観てきた。いつ観ても千円だから関係ない。結果、8月は4作品を納涼。 1979年「エイリアン」のリドリー・スコット監督が、その前日譚として着想された映画。[オフィシャルサイト プロメテウス]   宇宙の果ての惑星を訪問...
[映画『プロメテウス』を先々々公開で観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆あまりにも早い先行公開なので、色々書くのが申し訳なく、プチ感想です^^  正式公開したら、また観に行くから、その時にちゃんと書く・・・、と言いたいのだが、もう一度観に行くかは分からない^^;  いや、つまらなかった訳ではない。  かなり面白かった! ...
『プロメテウス』 エイリアンに反する人類の起源 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『プロメテウス』という題は、20世紀フォックスのCEOトム・ロースマンの発案だ。リドリー・スコット監督によれば、当初『プロメテウス』はジョン・ミルトンの『失楽園(Paradise Lost)...
プロメテウス(3D字幕) / PROMETHEUS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 人類はどこから来たのか? という、小学生の頃から考えてたような根本的な謎に迫るミステリーを   リドリー・スコットが監督 なんて言われて 決して「エイリアン」の前日譚とは謳ってませんが 確実にソ....
映画『プロメテウス3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-71.プロメテウス3D■原題:Prometheus■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:戸田奈津子■観賞日:9月1日、TOHOシネマズ渋谷 □監督・製作:リドリー・スコット◆シャーリーズ・セロン(メレディス・ヴィッカーズ)◆ノオミ・ラパス(エ...
プロメテウス (銀幕大帝α)
人類は どこから 来たのか。 人類最大の謎、それは《人類の起源》 −感想− あはは。 なんやねんバチンバチンって。 最先端医療装置のはずやのに縫うんやなくてホッチキス処置って。 市民病院でもそんな事せぇへんぞ。←どうやらそういう施術の仕方もあるそうです。 そ...