映画『007スカイフォール』【ネタバレだらけ】

2012年12月03日 | 映画の感想



監督: サム・メンデス
ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド
ハビエル・バルデム シルヴァ
レイフ・ファインズ ギャレス・マロリー
ナオミ・ハリス イヴ
ベレニス・マーロウ セヴリン
アルバート・フィニー キンケイド
ベン・ウィショー Q
ジュディ・デンチ M

ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして007シリーズ誕生50周年記念作となる通算23作目のスパイ・アクション大作。MI6への恨みを抱く最強の敵を前に、絶体絶命の窮地に追い込まれるジェームズ・ボンドと秘密のベールに包まれた上司Mが辿る衝撃の運命を、迫力のアクションとともにスリリングに描く。共演はM役のジュディ・デンチ、敵役のハビエル・バルデムのほか、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー。監督はシリーズ史上初のアカデミー賞受賞監督の起用となった「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス。
 英国の諜報機関MI6が世界中に送り込んでいるスパイのリストが盗まれる緊急事態が発生。“007”ことジェームズ・ボンドは、リストを取り戻すべくMの指示に従い、敵のエージェントを追い詰めていくが…。その作戦が失敗に終り、組織内でのMの立場も危うくなる。そんな中、今度はMI6本部が爆破される。辛くも難を逃れたMだったが、一連の犯行はMへの復讐に駆られた元MI6の凄腕エージェント、シルヴァによるものだった。そんな窮地に立たされたMの前に、手負いのボンドが姿を現わすが…。

★★★★☆

【ネタバレだらけです】
トンデモ異色作&問題作!
ボクは007のファンだ。これまでもそうだし、これからもそうだと思う。このスカイフォール、日本で公開される前から世界中で興行成績トップを記録し、シリーズ最高傑作という鳴り物入り。公開日に勇んで観に行った。
・・・う〜む。な・・・何なんだ、これは!!??
かつて映画の007シリーズにこんな異色作&問題作は存在しなかった。とにかく、これは今までの007シリーズとは一線を画している。禁じ手といってもいいかもしれない。正直、007でこんなに頭が混乱してしまうなんて思いもしなかった!
007リブート!
今年2月に、M役のジュディ・デンチが失明の危機にあるというニュースを見て以来、次の007にこういった展開が盛り込まれることは、ある程度予想の範囲内であった。しかし、引退の花道をこんなにも大々的に一作品のドラマに作り上げてしまうとは・・・。007シリーズは、『カジノ・ロワイヤル』でダニエル・クレイグ登場とともに、ボンドは戦後生まれの現代に活躍するスパイという設定に再生された。いろんなヒーロー映画のビギンズが作られていた時代、007ビギンズが作られてもおかしくはなかった。そして今回、サム・メンデス監督はクリストファー・ノーラン監督のバットマンリブートを強く意識して007リブート『スカイフォール』を作った。それはそれでアリだ。
バットマンというキャラや敵役の悪党たちを漫画的にカリカチュアされる前の生々しい姿にリブートして見せたように、007シリーズの数々の名場面・珍場面をリブートして見せてくれる面白さはファンにとってワクワクものだ。『ゴールドフィンガー』のアストンマーチンの仕掛けとか、『死ぬのは奴らだ』のワニ渡りを意識したコモドオオトカゲの場面とか、殺し屋ジョーズの鉄の歯を意識したシルヴァの身体の秘密とか、『リビング・デイライツ』をこじんまりとした氷丸撃ち抜きとか。こうした仕掛けの数々は、50周年記念作品に相応しいファンサービスとして大いに楽しめる。
禁じ手、設定リブート!
しかし、ヤバいのは『007映画のお約束』そのものをリブートしてしまっているところ。
まず第一に、007が直面し続けたのは、敵役の誇大妄想的な陰謀だった。壮大な悪の計画を転覆させるのが常道だったのだ。『ロシアより愛をこめて』や『ユア・アイズ・オンリー』のような暗号解読機の争奪戦という地味な設定であってすら、東西のパワーバランスを崩すだけの威力があるものとして描かれていた。ところが、今回はまったくそんな世界を救う話などではない。シルヴァの直接の標的はM。具体的に仕出かす犯罪は、MI6の諜報部員情報が盗み出すというサイバー攻撃だし、ロンドンで逃走しMを狙うために地下鉄テロである。YouTubeに諜報部員情報を流出させるというくだりに象徴されるような、かつての007にはない、現在の世界で起こりうるリアリティのある犯罪だ。つまり犯罪の質そのものを生々しいものにリブートしてしまっているのだ。『ゴースト・プロトコロル』でイーサン・ハントが核ミサイル攻撃を防いだのを思い起こすと、かつてのシリアススパイと痛快娯楽スパイが今や真逆になってしまっているのが興味深い。
第二に、ジェームズ・ボンドの存在そのものも、リブートされて生々しくなった。これまでも負傷したり捕虜になったりしたことはあったが、酒に溺れて自暴自棄になったり、無精髭を伸ばし続けたり、手が震えて銃口が定まらなかったり、復帰テストに不合格になったりしてしまう生々しいジェームズ・ボンドはかつて映画で描かれたことはなかった。原作の、トレーシーを失った後を描いた数作に近いとも言えるのだが。しかし、何よりシリーズとしてまずいと思うのは老いをたびたび語らせた点。これを始めちゃうと、ダニエル・クレイグ引退とともに、再び年齢のリセットが必要になってしまう。
第三に、Qの立ち位置。Qが若造になったのは面白い。しかし、Qはドンパチ武器の開発チームの長じゃなかったっけ?何よりQが『かつての秘密兵器は時代後れになった』と宣言している点。これまた生々しくリブートしているわけだが、これをQ本人に言わしめてしまうと、今後、奇抜な新兵器の開発や供給は、Qの主義に反することになる。お助け秘密兵器で窮地を乗り越えるご都合主義は、個人的にはもう辟易なんだけれども、こんな制約の枷を今後のシリーズにかけてしまうのはいかがなものか。
そして、やはりMは消え去るように交替するべきだったとボクは思うのだ。かつてのバーナード・リーのMやデズモンド・ウェリンのQのようにさりげなく。老将は消え去るのみ的な美学があってほしかったと思うのだ。とは言うものの、ブロスナンのボンドやクレイグのボンドを支えてきたジュディ・デンチのMの存在の大きさを考えれば、プロデューサーからしたらこれだけの花道を準備したいところなのかもしれない。
だが、もっと問題なのは、新M、新Q、新マネイペニーとボンドとの馴れ初めを描いてしまったことだ。仕事よりも仲間、みたいななかよしチームの設定なんて原作にも従来のシリーズにもまったく存在しないのだ。Mはあくまで気難しく威厳に満ちた、ある意味ボンドの最大の敵である上司でないと困るのに。マネイペニーは政府の所有物だから一線を越えない秘書であり、ボンドに航空チケットを渡すときに死地に送り込むことを夢にも思わぬ有能な事務職員であるはずなのに。そして、前述のQは原作どおりの銃火器のアドバイザー、もしくは映画の秘密兵器の開発チーム長であるはずなのに。そしてMやQにとって、ジェームズ・ボンドはあくまで現場工作員のひとり、使い捨ての消耗品にすぎない存在でなくては。本来そういうドライでプロフェッショナルな職業関係であるからこそ、シリーズの中で思わず私情をまじえてしまう描写がチラリと垣間見えるのがファンにとってたまらなくいい気分なのだ。そこんところを端(はな)から「いわくいわれあり」の特別な人間関係ありの設定にしてしまったのは、やはりまずいんじゃないだろうか?MやQやマネイペニーだけじゃなく、CIAのフェリックス・ライター、補佐官のビル・タナー、そしてジェームズ・ボンド本人ですら、役者が作品ごとで変わっても気にしない、一回ごとの中身で楽しませるって部分だけは、お約束のシリーズであってほしいとボクは思っている。そういえば、ボンド役者の交替ですら、ジョージ・レイゼンビーに「奴の時にはこんなことなかったのに」と言わせたり、ロジャー・ムーア登場では「やることは一緒ね」なんて言われたりとジョークで済ませ、後には交替は暗黙となったことを考えると、やはり今回のMの交替は、らしからぬやり方だったよなあ。
最高の変化球
さて、今回の映画の設定部分ではいろいろわだかまりもあるけれど、ドラマ重視っていう姿勢自体は大歓迎。このくらいストーリーに起伏があるほうが好きだ。「完全なる崩壊や失墜からの再生や再構築」という一貫したテーマのあるボンド映画なんてスゴイじゃないか。ジェームズ・ボンドが生家で孤立無援の西部劇みたいな状況で戦うクライマックスなんて、想像だにしなかった。リブート云々抜きにこういう変化球は好きだ。実質、ボンドガールがいない、もしくはMがボンドガールであっても、それはそれで変化球として面白い。やはりロジャー・ムーアのボンドものくらい、『またやってる』感が強すぎるってのはさすがに脱力してしまう。今回映画がヒットしたので、こうした渋〜い路線が続いていくこと自体は大歓迎。ボクは基本、まったりしたボンドよりヒリヒリしたボンドのほうが好きだ。
そして今回の映画で特によかったのは、こだわりのカメラワーク。開巻の眩い光の中の人影だけでダニエル・クレイグの体躯を見せる絵づくり!ビルから狙撃したパトリスと格闘するシーンをカットなしの影絵で描く美しさ!シルヴァ登場してボンドに近づきながらの饒舌長回しで強烈な個性をアピールする演出。惚れ惚れとするシーンがいくつもあった。マカオの照明の色合い、スコットランドの靄・・・こんなに空間の空気が伝わってくる007映画は初めてだ。ロジャー・ディーキンスのカメラがとにかくすばらしい。
そして、ハビエル・バルデムの存在感は圧倒的。とにかくMへの執着が異常、なんでも望みのモノを手に入れずにはいられないバイセクシャル、肉体的にも精神的にも内面が焼け爛れた男を演じて、これまでのシリーズの中でも特筆すべき悪役をつくりあげている。スゴイ!軍用ヘリコプターに乗り込んで、アニマルズの「ブーンブーンブーン」を大音量で流しながら乗り込んでくる馬鹿馬鹿しさなんて、リブートというより誇大妄想狂悪人のパロディとしても秀逸で笑ってしまった。
トーマス・ニューマンの音楽はちょっと007らしい大仰さがなくって今ひとつに感じた。映画の内容がドラマチックなだけに、デヴィッド・アーノルドが『カジノ・ロワイヤル』で聞かせたような、ジョン・バリーのロマンチシズムを意識したサウンド(ヴェスパーに思いを馳せるときの曲なんて、007以降のバリーが担当していたら書きそうな、重厚にたゆたううねりと旋律の二回繰り返し!)が聴きたかった。このへんもリブートしてしまおうという意図が?いやいや、一方で、アデルのテーマソング自体は、バリー節を意識したすばらしい歌。いや曲調自体は、『カジノ・ロワイヤル』の影響がきわめて強い。アーノルドのサレンダーと並んで、バリー以降の名曲だと思う。この映画の、Mのアパートメントの外観ロケが、ジョン・バリーがロンドン時代に暮らしていたアパートメントなんていうサプライズも嬉しい。
これからの007
さて、今作の大ヒットを受けて次回作がもう練られていると聞くし、サム・メンデスが脚本に関わっているらしいのだが、ボクとしては、やはり今のままでは外連味不足。脚本はポール・ハギス、監督はマーティン・キャンベル、音楽はデヴィッド・アーノルド、カメラはロジャー・ディーキンスでお願いしたい気もする。クリストファー・ノーラン監督の007も観たい気もする。かなり女王陛下の007っぽいのを作りそうだし。
いや〜、しかしこんなにトンデモナイ007映画ができるとは思いもしなかった。それにしても、クォンタムのミスター・カラーたちは一体どうなってしまうんだろう?
とにかくこのスカイフォール、駄作か?傑作か?未だに判断がつかないでいる。必見の大異色作、大問題作であることだけはまちがいない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漂流者N | トップ | クリスマスの島 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしいレビューですね。 (えい)
2012-12-03 23:02:46
この作品について
ここまで突っ込んで書かれたレビューを読んだのは初めて。
しかも正鵠を射ている。
感服いたしましたv。
プロですか? (のんち)
2012-12-04 00:43:41
業界の方でしょうか。とても一般の方が書いた文章ではないです。スバラシイ!
えいさんへ (矢菱虎犇)
2012-12-04 04:42:33
えいさん、コメントありがとうございます。
趣味で、お笑いショートショートと映画の感想を書き綴っているブログです。
心にズシンと響く映画を見ると、熱く語りたくなってしまいますよね。そんな衝動をブログに書きなぐってるんですよ。
今回の007は、まさに語りたくなってしまうだけの衝撃作だったと思います。
のんちさんへ (矢菱虎犇)
2012-12-04 04:50:51
イエイエ、つまんない文章を書き綴る趣味を楽しんでるだけのオヤジです。こういうのって趣味で書いてるうちが楽しいって思うんです。無責任でいられるし。
スカイフォール、観終わって数日経ちましたかジワジワ評価があがっています。
バットマンリブートを意識したゼロから再構築というプロット。
アクション映画をアートにまで昇華した絵づくり。
ああ、また観たくなってしまいました!
のんちさん、コメントありがとうございます。
やっと見ました (りんさん)
2012-12-18 17:46:49
やっと見たので、これ読みに来ました。
すご〜い。
矢菱さん、ホントにプロみたいですね。
突っ込んだレビューですね。
恥ずかしながら、私のバカっぽい感想も読んで下さい。
りんさんへ (矢菱虎犇)
2012-12-19 09:08:18
もともと映画が好きなんですけど、地方の少年が映画にのめりこむきっかけが当時超メジャーだった007だったもんで、思い入れが強いんです。
最近、70年代のテレビ吹替え版つきDVDが発売されて、最近は夜中に見まくって懐かしんでいます。
映画好き (tatsu)
2013-03-30 12:31:42
熱いですね!
薀蓄を出し尽くすかのように語りましたね。

熱く語りたくなる映画に出会えるのは最高ですね
イヤ素晴らしい映画好きです。
tatsuさんへ (矢菱虎犇)
2013-03-31 03:24:17
お恥ずかしいかぎりです。
来週は、もうレンタル店に並ぶんですね、スカイフォール。
サム・メンデス監督は次回作を断ったとか。
カジノでリブートした映画をさらにリリブートしたわけだから、スタイルをきっちり整えてほしかったような気もするし、路線を踏襲しつつ斬新な作風を、新たな監督につくってほしい気もするし。
とにかく世界的な大ヒットで、かつてのシリーズでは考えられなかった大物監督や大物俳優が食いついてくるだろうから功績は大きかったはずですけどねえ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『007 スカイフォール』 2012年11月22日 109シネマズ川崎(IMAX) (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『007 スカイフォール』 を試写会で鑑賞しました。 久しぶりのIMAXでした。 やっぱり、でかいスクリーンで観ると迫力違うし、見てて爽快感がある 【ストーリー】  MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員...
007 スカイフォール (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SKYFALL】 イギリス/アメリカ公開 イギリス/アメリカ 143分監督:サム・メンデス出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー、ジュディ・デンチ [story]MI6....
007 スカイフォール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 衝撃の展開!これは何かの間違いか?と思い
「007 スカイフォール」ようやく、ホントにようやく! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スカイフォール] ブログ村キーワード  前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!  何者か...
映画レビュー「007 スカイフォール」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
スカイフォール◆プチレビュー◆007生誕50周年記念の2012年に登場したシリーズ第23作「007 スカイフォール」。悩み多き人間ボンドがここにいる。 【75点】 ジェームズ・ボンドはイス ...
映画「007 スカイフォール」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 今回私はいつもお世話になっている「Yahoo!映画」さんの“ユーザーレビュアー”として招待された。会場となったIMAXシアターは満席。そして招待客全員にスポンサーのコカ・コーラさんから、007がタイアップされている「コカ・コーラゼロ」が振舞われた。しかし、かな...
007 スカイフォール (だらだら無気力ブログ!)
今回のボンドガールはジュディ・デンチ?
「007 スカイフォール」インプレッション  (net@valley)
 前作前々作が原作回帰の続き物だったのだけど、今作は映画のオリジナルにオマージュを捧げた作品だ。 もちろんそれは一面でしかないのだろうけど、そこから新たな物を創
007新作「スカイフォール」の出来について、拭い切れない不安... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
007新作「スカイフォール」 予告編 第一弾をみた。 実は、全くそうするつもりはなかった。 というのは、前作「007 慰めの報酬」について、予告編でやや期待が高まり過ぎ、結果あまりいい印象がなかったから 。 (ちょっと悩ましい新作。2009年01月24日アップ) 前回「...
007 スカイフォール (あーうぃ だにぇっと)
007 スカイフォール@TOHOシネマズ日劇
劇場鑑賞「007 スカイフォール」 (日々“是”精進! ver.F)
趣味は、“復活”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212010004/ 007/スカイフォール オリジナル・サウンドトラックサントラ ソニー・ミュージックジャパン...
007 スカイフォール IMAX版/ダニエル・クレイグ (カノンな日々)
ダニエル・クレイグ版となってからすっかり様変わりしたような感のある『007』シリーズですが、これまではテレビで観ていた私がこうして劇場に足を運ぶようになったくらいですから ...
007 スカイフォール (Akira's VOICE)
生と死を繰り返して甦り続けるのだ! 忠誠心は揺るがない!  
「007 スカイフォール」みた。 (たいむのひとりごと)
“シリーズ製作50周年記念作品”として相応しく、ひと区切りの一作として素晴らしいと思った。シリーズ開始時にはまだ生まれていない私なだけに、私の中の”007=ジェームズ・ボンド”は初代ショーン・コネリー
『007 スカイフォール』 (こねたみっくす)
ひとまず往年の007が帰ってきてくれたことに安堵。ただあのクライマックスは007じゃない。 世代交代をキーワードにアカデミー監督サム・メンデスを迎え、Qの復活や宿敵役にハビエ ...
[映画『007 スカイフォール』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、かなりの傑作でした。  が、これは、「007」シリーズではないな。  思えば、ダニエル・クレイグが主演した近作3作品は、出来はすこぶる良いが、私にとっては番外編的な意味合いが濃い。  私にとって…、と言うか、私の年代にとってのジェームス・ボンド...
「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる (はらやんの映画徒然草)
本作は「007」シリーズの50周年記念だそうですね。 <今回の記事はかなりネタバ
『007/スカイフォール』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
世界中のテロ組織に潜入している諜報部員たちの機密データが盗まれた。追跡中のボンドは、Mの命によって発砲したパートナーのイヴの誤射によって乗っていた列車の屋根から鉄橋の下へと転落、死亡したものと判断される。政府の圧力により、一連の事件の責任を取って辞任を...
映画「007 スカイフォール」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「007 スカイフォール」観に行ってきました。「007」のコードネームを持つイギリスMI6の老練なスパイのジェームズ・ボンドの活躍を描いた、人気スパイアクションシリ...
『007 スカイフォール』 (ラムの大通り)
(原題:Skyfall) ----あらら、今日は『007/スカイフォール』。 観てから中途半端に時間が経っているよね。 「そうだね。 今日はお仕事モードだったんだけど、 その関連のサーバーがダウンしちゃって、 さて、じゃあブログでも書くか…となったわけ。 で、書いていな...
007 スカイフォール (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】サム・メンデス 【出演】ダニエル・クレイグ/ハビエル・バルデム/レイフ・ファインズ/ベレニス・マーロウ/ナオミ・ハリス/ベン・ウィショー/アルバート・フィニー/ジュディ・デンチ 【公開日】...
今夜は映画評論(90)―『007 スカイフォール』 (Tagebuch(たーげぶーふ))
小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』の中で、これを原作とした映画『裏切りのサーカス』についてもレビューしていることから、『007 スカイフォール』(公式サイト)を90番目の映画レビューとしたい。 12月1日に公開されたばかりなので、細かい話を書くつ...
007 スカイフォール ★★★*☆ (センタのダイアリー)
シリーズ50周年記念作品ということで、過去シリーズ作品にオマージュをささげたプロットがふんだんに織り込まれているので、旧シリーズのファンにもうれしい作りになっている。 ダニエル・クレイグのボンド作品としては過去の2作品の流れをくんではいるが、前作よりも...
007 スカイフォール  監督/サム・メンデス (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ハビエル・バルデム  ジュディ・デンチ  ベレニス・マーロウ 【ストーリー】 愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド。ある日、直属の上司Mが秘め....
やっぱり不死身っぷりは健在!『007 スカイフォール』 (水曜日のシネマ日記)
英国諜報部に属する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気シリーズ作品の第23弾です。
007 スカイフォール〜原点は民話 (佐藤秀の徒然幻視録)
ジェームズ・ボンドを殺した女 公式サイト。原題:Skyfall。サム・メンデス監督、ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ ...
007 スカイフォール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の知恵と使命感で行われていた諜報活動は、高度なサイバーシステムに役目を奪われた。個人の能力と使命感だけでは、もはや役に立たないと犯罪者が挑戦する。でも文明から離れた荒野に舞台を移せば人間力の勝負になった。
007/スカイフォール (映画感想メモ)
世代交代を感じた今作でした。 いい加減あらすじ 潜入調査をしているリストが盗まれ
007 スカイフォール (そーれりぽーと)
いよいよ英国の国家的映画のように熱く盛り上がってきた007シリーズ最新作で、当初狙ってなかったと思うけれどMGMの経営難で製作が遅れ、結果的に公開のタイミングが合って50周年記念映画になった『007 スカイフォール』を観てきました。 ★★★★★ 『カジノ・ロワイヤ...
007 スカイフォール (心のままに映画の風景)
NATO諜報部員の情報が記録されているハードドライブが盗まれ、MI6のエージェント、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、あと少しのところまで敵を追い詰めるも、アシスタント・エージェントのイヴ...
あなたは正しかった〜『007 スカイフォール』 (真紅のthinkingdays)
 SKYFALL  "007 reporting for duty."  英国諜報局・MI6の機密ファイルが入ったハードディスクが盗まれた。殺し のライセンスを持つ諜報員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)...
「007スカイフォール」、スパイ映画の真骨頂です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     スパイ映画好き ☆☆☆☆ 007の活躍するスパイ映画は、1962年にイアンフレミング原作の映画化で「007 ドクターノー」が第一作だが、今作で23作目となる。 勿論主人公の007ジェームズボンドも代替わりしており、今作で3作...
007 スカイフォール ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
映画史上、最長の人気シリーズ「007」だが、最新23作目も衰え知らずどころか、さらにフルスロットルの面白さで君臨!・・・川底へ転落し、死亡記事まで出たボンド、当然死んでいるわけないが、渾身の思いで現場復帰し、MI6にとって最大のピンチに立ち向かう。 ボ...
007 スカイフォール (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Skyfall監督:サム・メンデス出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、ベレニス・マーロウ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショー、アルバート・フィイー、ジュディ・デンチ・・・50周年記念作品だったんですね!
「007スカイフォール」、スパイ映画の真骨頂です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     スパイ映画好き ☆☆☆☆ 007の活躍するスパイ映画は、1962年にイアンフレミング原作の映画化で「007 ドクターノー」が第一作だが、今作で23作目となる。 勿論主人公の007ジェームズボンドも代替わりしており、今作で3作...
007 スカイフォール (映画の話でコーヒーブレイク)
心待ちにしていた007の最新作。 すぐに行きたかったのですが諸事情がありまして、やっと鑑賞〜。 流石にTOHOシネマズでは一番大きな劇場でした。 オープニングがオッシャレ〜!です。 ちょっとショーン・コネリー時代のオープニングを彷彿とさせる感じ。 「カジノ・ロ...
映画:スカイフォール SKYFALL 007は2度観ろ(ネタバレ炸裂につき、注!!)  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
初日にみた007新作「スカイフォール」 。 世の中の好評ぶりとは別に、残念なことに「007 慰めの報酬」に続き、あまりいい印象がなかった 。 数日たって、満足点・不満足点がはっきりしてきたので(笑)メモ。 【満足点1.】今回ベストだったのは、タイトルバック。&am...
『007 スカイフォール』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「007 スカイフォール」□監督 サム・メンデス□脚本 ニール・パービスロバート・ウェイド、ジョン・ローガン□キャスト ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、       ベレニス・...
007スカイフォール (リンの節約宣言)
意外と早く終わってしまいそうなので、慌てて見に行きました。 『007スカイフォール』 007史上最高傑作との呼び声の高いこの作品。 評判通り、すごく面白かったです。 最初からすごいアクション。いきなりクライマックス?って感じです。 しかもボンドが死ん...
映画「007 スカイフォール」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ジェームズ・ボンドのルーツに迫る物語 タイトルの意味は中盤で明らかになる。ハイラインドの荒野にぽつんと建った廃屋。かつては地方の豪族の屋敷であったのだろう。厳しい自然の中で、人は生き、人は...
007 スカイフォール (Skyfall) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・メンデス 主演 ダニエル・クレイグ 2012年 イギリス/アメリカ映画 143分 アクション 採点★★★ “007に何を求めるのか?”ってのは人それぞれでしょうから私なんぞが「007とはこれだぁ!」と決めつけるのはおこがましいんですが、個人的に007に求め...
007 スカイフォール 頭でっかち尻すぼみ〜 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=52 -6-】 お正月、家族の元でのんびりしています、自宅にいるだけで幸せです、あらためて噛み締めてます。 で、TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる7本目の鑑賞、007シリーズ生誕50周年記念で、史上最高の007映画登場なんて宣伝されていて、しかもダニエル・ク....
NY MoMAに007初見参。 ゴールドフィンガーのオープニング メイキング(5)007マニア必見のこの一枚 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
その撮影現場シーンがこちら。 「新しいものを創ってやるぞ!」という熱気が伝わってきますよね? 一方で気のせいかもしれないが、この撮影現場はけっこう気温が低かった? 女優Margaret Nolanの息が白いように見受けられえる。 まさに007マニアには必見、ヨダレ....
映画『007 スカイフォール』を観て〜アカデミー賞2部門受賞 (kintyre's Diary 新館)
12-96.007スカイフォール■原題:007Skyfall■製作年・国:2012年、イギリス・アメリカ■上映時間:143分■観賞日:12月8日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパスポート) □監督:サム・メンデス□主題歌:アデル◆ダニエル・クレイグ(...
007 スカイフォール (銀幕大帝α)
SKYFALL 2012年 イギリス/アメリカ 143分 アクション 劇場公開(2012/12/01) 監督:サム・メンデス『アメリカン・ビューティー』 出演: ダニエル・クレイグ『ドラゴン・タトゥーの女』・・・ジェームズ・ボンド ハビエル・バルデム『ノーカントリー』・・・....
007スカイフォール (とつぜんブログ)
監督 サム・メンデス 出演 ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム  ものすごく久しぶりに007を観た。そしてびっくりした。なんだこの007は。小生は007のファンだった。ただし限定的なファンだ。ショーン・コネリー、ロジャー・ムーア時代の007は...
007 スカイフォール (RISING STEEL)
007 スカイフォール / SKYFALL 2012年 イギリス・アメリカ合作映画 MGM&ソニー・ピクチャーズ製作 監督:サム・メンデス 製作:バーバラ・ブロッコリ  マイケル・G・ウィルソン 製作総指揮:カラム・マクドゥガル 脚本:ニール・パーヴィス ...