弾丸フェリー 大隅半島 山と海からの絶景(パノラマパーク西原台・立神公園)

2017-04-21 | 大隅の旅路

ここは、南大隅町根占(ねじめ) パノラマパーク西原台から

錦江湾を眼下に日本100名山開聞岳


こんな贅沢な展望台があるんです。

立地的には開門岳方面に夕陽が落ちます。

ということは容易に、夕焼けの頃がビューティホーになるのがお判りですよね。


展望台の東屋もありますから、お弁当広げて宴会しながら

夕焼けを迎えることも可能

星空撮影も可能


いつの間にやら鹿児島観光PRしてますが

こんなにすんばらしい観光ポイントはないと思います。

 

 

後先が逆転しますが、

この展望地には今から紹介する立神公園近くの食堂で昼食後、立ち寄りました。

この絶景をぜひ、見て頂きたかったのです。



雄川の滝から昼食に向かいます。

予定していたのは南大隅町伊座敷にある海鮮店でしたが

時計を見たら、絶対無理と判断



目に付いた立神食堂に飛び込みました。(14時頃)

お店の方に昼食出来ますかと聞くと

簡単なものならという条件で

カツカレーとカツ丼を2セットオーダー


出来るまでの時間

takayanさんと店の前にある海岸に出て撮影しました。


















3月に泊まった休暇村も見えてました。















腹パンパンで店を後にしました。

フェリーの出発時刻まであと3時間を切りました。

焦る気持ちを抑えつつ 

展望台へワープ


そーれ



公園は芝桜が満開でした。

この地にはぜひ再訪してみたいですね




展望台から見えた 美しいお茶畑

300mm



あまりに美しいので500mmでも狙ってました。

大隅町はお茶の栽培も盛んなのですね

気温も上昇し、新緑の香りがプンプンと吹き上がってきていましたね






この後、時間に焦ってるのに根占小学校近くで

美しい桜に出逢いましてしばし撮影タイムとなりました。




つづく




追記

一昨日は奈良県の桜旅に夜行日帰りしていました。

いくつか撮影してきたのですが

1枚だけ

又兵衛桜です。

もう花は落ちてましたが、標高の高い位置にある日本古来からの山桜は

今がまさに旬でありました。


鹿児島の旅を終えてから

桜旅の写真を準じアップしていきます。










 

 

 

 


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弾丸フェリー 大隅半島 雄... | トップ | 弾丸フェリー 根占の桜並木... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-04-21 07:46:29
おはようございます。

パノラマパーク西原台からの眺めは最高でしたね。
茶畑のきれいさにも感動しました。
立神食堂の裏の海岸からの開聞岳、きれいでした。
takayanも桜を一時お休みして、九州の旅を綴り始めようと思います。

昨夜からPCのデータの移行作業に没頭しています。
何か一つをやり始めると、他のことと同時進行できら性分ですから(笑)

又兵衛桜と星空、良いですね。
14日の夜なら多くのカメラマンが、このシーンを狙っていたでしょうね。
1昨日では、桜はほとんど散ってしまっていたようですが、
又兵衛桜の堂々とした姿が星空に浮かび上がり、素晴らしい作品です。

昨日はお疲れ様でした。
いつもありがとうございます。

名コンビでのアップが楽しい (chidori)
2017-04-21 08:17:50
錫杖さんとtakayannさん いいコンビですねえ。

一人がアップして、もう一人がホロウして、読者にはたまら

なしサービスです。

見たことも行ったこともない私ですが、他県の方にこうして

見せていただけるのもブログ様のご縁ですね。

現役傍らご苦労様。

素晴らしい。開聞岳も遠くからもまた絶景ですね。

観光協会を代表して御礼を。

  てんがらもんばあちゃんより

Unknown (はりさん)
2017-04-21 08:55:32
又兵衛桜をこうして撮るのですか。
「目からうろこ」です。
今年は、行けなかったのですが、
来年は必ず行きますよ。
そして、夜の桜も撮ることにします。
おかげさまで、道祖神と満開の桜に出会えました。
ありがとうございました。
Unknown (えれぇこった2号)
2017-04-21 08:55:59
錫杖さん

おはようございます♪
今日は通勤地下鉄からのコメントです!

パノラマパーク西原台から眺めは素晴らしいですね♪
一面に広がる茶畑の緑が、新緑の柔らかい緑色で目を引きますね。

短時間での制限のある時間内での移動とか凄いです。

奈良の山桜綺麗ですね。
Unknown (錫杖)
2017-04-21 14:55:21
takayanさん

この高台へは道路もしっかりしており安全にいけましたので良かったです。 ネットの情報がなければこの大展望台も知り得なかったでしょうね
 先月登ったばかりの開聞岳。これが見えてるだけでも気持ちが違ってきますね
 この展望台からは錦江湾と開聞岳のバランスを見て頂きたかったです。 薩摩という地形は、この展望台で理解し易いですね
 先月の飛行機からの1枚と比較するといいかもしれませんね
 さてレンズ購入についてずっとシグマ150-600mm テレコン1.4セットを狙っていましたが、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRにテレコン1.4も悪くないなあと思い始めてます。

 840mm か 700mmの違い。

純正レンズ 価格も12万円に対し18万円くらい 買えない範囲ではないです。 

1.7が効けばいいんですがマニュアルのみとのこと 来年のユキワリの陣に備えたいですね。
Unknown (錫杖)
2017-04-21 17:13:08
chidoriさん

見たまま感じたままに大隅を旅を綴っています。
takayanさんは、カメラのプロフェッショナルです。
いつも撮影に対してのアドバイスをくださります。

わたしは自由気ままにコースをセレクトするだけ
でも、大隅路は思っていた以上に感動出来る景観地がたくさんあることを実感しました。
 薩摩と大隅の違い(地形や方言や気候)も少しずつ感じてます。
 8時間、もうすぐフェリーで帰っちゃいます。
わっぜか ぐらしかあ

 こんな使い方でよろしいでしょうか

Unknown (錫杖)
2017-04-21 17:17:05
はりさん

安曇野道祖神
わたしの心もいっしょに連れていっていただきました。ありがとうございました。

わたしは夜行日帰り 家から又兵衛はちょうど1時間
意外と近いんですよ
 今回 又兵衛桜は葉桜になっていました。
たった5日しか経ってないのに桜は無情に散っていくものですね また来年も逢いにくるよと別れました。
Unknown (錫杖)
2017-04-21 17:19:43
えれぇこった2号さん

通勤時間にスマフォですね
わたしは 目がチカチカして不得意なんです。
ガラケーのが沢山文字打てたんだけどスマフォになってから長文は全然だめ
 
山から俯瞰するのが大好き
錫杖流の旅には展望台は欠かせません。

 ではまた明日ね
位置関係 ()
2017-04-21 19:01:28
なるほど、こうやって俯瞰すると良く分かりますね。
なんちゃって
こんな誰もいない展望台、どうやって見つけるんでしょう。
春霞の開聞岳
御茶畑が驚くほど綺麗ですね。
うちのクマさんが「病気だ」と云ってます。
PCの前で「うんうーん」と唸ってるから
昨日の朝から
雄川の滝
それからtakayan師匠の吉野桜
そしてこのパノラマ台
ずっと目が皿です。


Unknown (錫杖)
2017-04-21 21:04:00
信さん

コンバンワ
ちょっと出先からコメント拝見しております。
今晩も御前様ですが、身体がもってますのでやりがいのある仕事 できるかぎりやりきろうと思います。


ここパノラマ台はネットで知り得ました。
はじめは大したことがないだろうとおもっていたのですが地形的に見ると間違いないだろうと思うようになりました。
ではなぜこの地がネットで紹介されてないの
弾丸ツアーでも載ってません

おそらく大隈そのものが行きにくい地で
佐多岬だけが突出して知名度が上がったのですね

いえいえとんでもない
この大隈の地はスンバラシイ大自然が長年に創り上げた芸術がありのまま(規制なし)で残ってます。

 takayan師匠のブログは毎回 1枚目と最後に注目ですね 2回射抜かれてしまいます。
おはようございます (pooh)
2017-04-22 09:10:14
すごいですね!
茶畑!見事です。
知覧でも茶畑ありましたよね。

休暇村がこっちから見えるんですか~

宮崎から串間を通って桜島のルートは走ったんですけど
こっちは未踏の地です。

こんな素敵な景色がみられて良い旅しましたね♪
Unknown (錫杖)
2017-04-22 09:23:03
poohさん

川根茶のお茶畑をご覧なられましたか
そうそう知覧茶もブランドですね

先月 薩摩の旅路で知覧茶の看板を沢山みました。
標高も高いし温暖さがあるので旨味が積み込まれるのでしょうね
 宮崎から串間 わたしはこの間が抜けてます。
次回に行く機会があれば志布志から串間の方へ巡ってみたいですね

 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。