晩秋の上高地 懐深く

2016-11-07 | 北アルプス

上高地からしばらく遊歩道を歩き、岳沢登山口へ移動します。 気温マイナス1度。 日の光に暖かさを感じながらの撮影タイムでした。されどこの森でハプニングが起こるとは・・・・・ この1枚目 気に入ってます。

 

 

では本編をどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

河童橋から上空は晴れてるのは間違い無し。

 

 

 

 

今から向かう岳沢小屋付近の樹氷  陽が射すとさぞ美しい景色だろうかと期待を膨らませます。

 

 

 

 

 

 

焼岳も朝焼けが始まりました。 上高地に朝がやってきたサインですね

 

 

 

 

                   

 

 

 

 

 

 

白樺荘の前から 中州がカチンコチンになってます。国の天然記念物 ケショウヤナギも雪化粧を待つのみでしょうか 真冬でも凍らない梓川の流れは柔らかく見える

 

 

 

 

西穂側の山肌にスポットライトが当たり出しました。  ダケカンバの幹が美しいですね

 

 

 

 

 

清流 梓川に落ちる落葉さえ美しく見えてきますね

 

 

 

 

 

岳沢登山口付近

 

 

 

 

岳沢登山道は、明神岳の山肌に隠れる為、陽が当たらない。  これは徐々に身体が温まる登山者にとってはとてもありがたいんですよ

 

 

 

 

 

凍み上がってんですね  これだけみても相当な寒さなのが分かります。11月4日ですよ

 

 

 

 

 

さらっさらの粉雪。    岳沢まで約700mの標高差。 ここでスマートフォンを落とした事に気づく。

 さきほど休憩した際にどこかに置いたのだと記憶が蘇ってきました。

戻って戻れぬ標高差(400mくらい)ではないが、この時間帯に岳沢まで上がらないと旬な景色の撮影が出来ない。

自問自答する。

新雪穂高の撮影ハイクに来たのではないか。

迷う事はない。

初志貫徹。

 

スマフォは最悪諦める事に決定。

 

こんな失態は生まれてはじめてのこと  自分のアホさに情けなくなってしまった。

 やはり人間 年相応にこういう事が起こってくるのだと経験しました。

 

さあ行こう

 

 新雪を纏った穂高の峰々が待っててくれてるんだ。             

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の上高地へ | トップ | 初冬を迎える岳沢 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-11-07 06:11:32
おはようございます。

いよいよ陽が昇ってきましたね。
それにしても寒そうです。
朝焼けの焼岳が綺麗ですね。
中洲が凍った梓川の風景も良いですね。

スマホ置き忘れましたか?
場所の記憶があるなら、きっと帰りに見つかったのでは?と推測します。

最後の雪景色、長く延びた影が良いですね。



Unknown (AMI)
2016-11-07 08:26:31
え~ 探しに戻らなかったのですか~(@_@;)

さあ このあとどうなるのか 
景色とストーリーが楽しみです^^

冷たい空気が伝わる素晴らしい景色です♪
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2016-11-07 09:41:25
何とも素晴らしい景色ばかりです。
梓川は真冬でも凍らないんですか、

スマホを置き忘れて心配ですね、
無事手元に戻ることを祈りながら
素晴らしい写真集に感動しました。
(~_~;) (bp-hiro)
2016-11-07 09:49:40
下山時、スマホみつかると良いですねぇ!
あれぇー (風のたより)
2016-11-07 10:29:07
錫杖さんも人並みで安心しました(笑)

晩秋の上高地、美しい光景ですね。
この時期ここを歩く人はあんまりいないでしょうから・・・
帰りになかったとしたら今頃きっとお猿かテンのおもちゃでしょう(笑)
(笑ってゴメン)
Unknown (そらママ)
2016-11-07 12:50:16
こんにちは、
-1度の世界は経験ないけど凄く寒いどころじゃないですよね、
朝焼けの焼岳素晴らしい世界ですね、
タケカンバの光の当たる様が綺麗ですね。

スマホ手元に戻るといいですね、
きっと戻りますよ。
Unknown (錫杖)
2016-11-07 15:14:49
takayanさん

この章では、上高地の夜明けの雰囲気をお届けしたかったのです。
 私自身、過去に11/15日入山した事がありますが、大雪で、この季節に人間の来るところではないと上高地の寒さを認識しました。
 また25年前の2月 この付近でテント泊をしました。ここにいたら凍死してまうと命拾いをしたことがあります。
 
 この日は、日の光に力があって、あったかくなることが分かっていました。
それゆえに樹氷が最優先でした。
  スマフォがあ::::::・・・・
Unknown (錫杖)
2016-11-07 15:18:28
AMIさん

土手には、毎日訪問してますよ
足跡でバレてるかな(^0^)/

スマフォより山です。旬は逃げますから。
果敢に追い求めるものです。

その為にブログがあるのですから
  11月もあっちゅう間に7日
忘れたのは自信喪失でした。 歳ですね
 
 
Unknown (錫杖)
2016-11-07 15:21:31
hirokoさん

毎日上高地シリーズにご同行ありがとうございます。 雪って世界を一変させますね。
今日の上高地LIVEカメラみたらもう雪溶けてる。 わたしは旬を見逃さなかったですよ
スマフォなんてとまでは言いませんが、
山岳カメラマンとしては、天秤にはのらないですね 山々が待ってます。から
Unknown (錫杖)
2016-11-07 15:23:43
bp-hiroさん

室堂からわざわざコメントいただけて
秀樹感激です。(名前は流用してます)

 いいないいな 立山
 いいないいな 室堂
 いいないいな 富山
洗礼を受けることに (錫杖)
2016-11-07 15:28:28
風のたよりさん

どーも
どーーもです。
アラフィフの洗礼をがつんと頂きました。
 置いた場所はなんとなく分かってるけど、
なんで大事なスマフォを置いて来たのか
 神経痛に肩痛 物忘れ おお恐い

この時期にここを歩く人は少ない
さすが その通り
わたしの判断にそれが一番大きく影響してます。
 わたしの奥さんがたよりさんだったら、
隠し事は出来ないですね(笑) 笑ってすみません。
Unknown (錫杖)
2016-11-07 15:31:43
そらママさん
入道ヶ岳 登頂おめでとうございます。

その気力に乾杯ですよ
上高地は、正面に穂高。振り向けば焼岳
焼岳は女房役かもしれませんが、れっきとした100名山 穂高と格は同じなんですよ

 スマフォ ご心配ありがとうございます。
ダケカンバ ()
2016-11-07 18:31:22
5枚目の焼岳に感動。
7枚目のダケカンバ。錫杖流感性。
良いですね。
山は一期一会。
スマホどころではありませんよね。
同感同感。
と云いつつ素直には楽しめないジレンマも抱えて・・
次回に期待。
Unknown (錫杖)
2016-11-07 18:42:58
信さん

こんばんわ
毎日の様に足跡を残していただくssimaiさんってどんな方なんだろうとずっと思ってましたのもいつのことでしょう。
 信さんは旅の記事が多かったですね
今は山シリーズが多くなって、なにか自分のブログを見てるかの錯覚に陥る時があります。 
 わたしの撮影の視点と心理状態を、いつも観察・洞察していただいてありがとうございます。(笑)

 スマフォの心理 当たってます。(^0^)/ バレバレですね
 
Unknown (えれぇこった2号)
2016-11-08 09:32:31
もう山はすっかり冬ですね!
落ち葉の写真を見ながら、落ち葉のいろいろな色がまるでいろいろな色のタイルやおもちゃが
落ちているかのように見えました!!

携帯無事に戻ってくるのかが、心配です。
Unknown (錫杖)
2016-11-08 11:41:38
えれぇこった2号さま

今日は冷たい雨が降りそうな空模様。
アルプスはこれで根雪とあいなるでしょうか

標高1000m以下の里山にもモミジや楓の紅葉が一段と進みそうです。
 鈴鹿にはブナの森があります。
もう一面の絨毯になってるころ、こういう寂寥感のある季節にお山を歩くのもいいものですね。
 水たまりに落葉があるのを見つけると思わずニンマリしてしまいカメラを向けるわたしがいます。

携帯 どなたか見つけてくれないかなあなんてこの時は願ってました。
寒寒 (ラパン)
2016-11-08 16:15:37
樹氷、凄いですね
水が本当に冷たそう・・・
中洲が本当にカチンコチン。
落ち葉は水の中で鮮やかさがまして綺麗ですね。
見ているだけで寒さが伝わってきます。

スマホ落としちゃったのですか
それは大変、どうぞみつかりますように・・・

凛として (錫杖)
2016-11-08 17:45:10
ラパンさん

山では、様々なドラマが起こりますね
でもなかなかロマンスはないのです。

この景色を見てたら、山に惚れるの分かってもらえますか
 もうかれこれ30年 山と対峙。
まったく飽きがこない彼女なんです。

ラパンさんは上高地は素晴らしいですよ。
もし来た事なかったら絶対いの一番にお勧めします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。