北海道最高峰 大雪山 旭岳

2016-10-08 | 北海道の山旅 201...

                    9/30 朝5時30分頃 旭岳ロープウェイに向かう途中、夜が明けてきました。 今日は始発のロープウェイ(6時30分)に乗る事が大事。

                       山を降りてからの計画も盛りだくさん。実際にこのスケジュールをコンプリートできるものかと不安でした。

                           車から降りてシルエットが美しい大雪山を撮影。セイコーマートで今日の行動食を買い込みました。

 

 

 

                    ロープウェイの駐車場にはなんと3番手で到着。 ガラガラでした。 ほんとに営業してるのかと思えるくらいの静けさ。  

                        しばらくすると1台また1台と車が増えてきます。駐車場付近の紅葉を撮ってみました。ここは標高1,100m 寒い

 

 

 

 

               ロープウェイ駅は山陰に位置し光源に乏しい朝を迎えています。太陽は、大雪山の右肩から上がってくるのですがなかなか上がってきません。

 

 

 

 

            始発の6時30分に合わせ、一気にお客さんが列を作ってるんが判った。まあ乗れるだろうと暢気に撮影したことがこの後の仇になってしまいました。

 

 

 

 

         いきなりですが ロープウェイは1,600mの姿見池駅に到着。 先に書きました失敗とは、大雪山の紅葉ポイントは

         標高1,000〜1,600mあたりが見頃であり、それを撮影しようとするとロープウェイの窓側に陣取る必要があったのです。

         ロープウェイには約100名程がぎゅうぎゅうに押し込められ、とても窓側に移動する事は出来ませんでした。

         帰りのロープウェイは必ずや窓際を狙うとこの時に決めました。

 

 

 

                 ロープウェイ駅のテラスから撮影。ダケカンバが幹の白さが実に生命力に満ちあふれてますね。すんごいぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       帰りの便にご期待くださいませ。かならずや絶景をお届けいたしましょうぞ

 

 

 

 

              うーーーん   マンダム 寒いはずだわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         さあ いくぞ 待ってなさい大雪山

                                明日は山頂編をお届けします。

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美瑛の丘にて夕暮れを迎える | トップ | 大雪山 2291m »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2016-10-08 13:55:27
4枚目の紅葉を見てるだけでも
うーん マンダムです。
5枚目の大斜面の紅葉を
見てみたいです。
それにしてもダケカンバがすばらしい!
ダケカンバのダンスですね。

麗人に出会いましたね (風のたより)
2016-10-08 14:59:12
昨日の美瑛のドラマチックな光景といい、この朝の麗人との出会いといい、錫杖さんはほんとラッキーでしたね。
白い肌で誘惑するダケカンバはこの季節の恋人のようです。
おっと、男性的な十勝連峰がおいでおいでしてますよ、あぶないあぶない(笑)
Unknown (takayan)
2016-10-08 17:47:14
こんにちは。
もう晩秋から初冬といった感じですね。

ダケカンバと針葉樹が織りなす、樹林の色合いがなんとも言えないですね。
帰りのロープウエイからの風景はどんないすばらしいのか?期待しています。

最後の3枚も好きです。
写真を見ているだけで、寒さで顔がこわばってきそうです。

素晴らしい景色をありがとうございます。


Unknown (イワン)
2016-10-08 18:03:11
ダケカンバ・・いいいいいですね、言葉はいらないですね、感動します。

今朝の十勝岳温泉は積雪5センチでしたよ。
今週でしたら大変でした。

http://archive.fo/G5uWJ
Unknown (錫杖)
2016-10-08 18:31:50
はりさん

こんばんわ
北海道シリーズも佳境一歩手前まできましたが、旅の中日 一番気分の乗ってる時。
大雪山がこれだけ安定した快晴になるのも10日に1度くらいでしょうか
前日の初冠雪にタイミングもばっちり
 ほんとすんばらしい旅に華を添えてくれましたね まだまだ続く錫杖劇場お楽しみ下さいませ 
Unknown (錫杖)
2016-10-08 18:39:03
風のたよりさま

お久しぶりです。
貴女が大好きな北海道。この大雪にはどのような思い出があるのでしょうか
 大雪山は3度目ですが、今回はとってもラッキーな天候に巡り合わせでした。
 放射冷却で有名な富良野盆地 容易に朝一番の伊イメージが出来ました。
 明日の朝一番はこれだあと決めていましたから 北海道の最高峰はなんたって大雪山 よき響きの山名ですね
 大雪山の最たる魅力の一つはダケカンバ帯ですね そのことも頭にありましたから
 やはり計画性のある山行はいい出会いが増えるというものですね
 行きのロープウェイにはやられました。(笑) 
 コメントありがとうございます。
Unknown (錫杖)
2016-10-08 18:46:49
takayanさん

こんばんわ
朝一番の撮影は、空気が澄んでるから安定してシャープな撮影が得られますね。
 このあと山に登る時間になるとどうしても空気中のゴミが邪魔しますね
 帰りのロープウェイも厚みのあるガラスでホワイトバランスに影響が出ました。

カメラは総合格闘技の如し その時のシュチエーションに対応する力が必要ですね
 今回もJPEG通しです。

Unknown (錫杖)
2016-10-08 19:02:28
イワンさん

北海道在住のイワンさんでもそうなんですか
 昨年 ニセコアンヌプリに登った時、ダケカンバ帯に感動しました。本州の紅葉はブナやナナカマドがメインで山々を彩りますが、北海道は霜が先に降りてくるので葉っぱが霜焼けてしまうのですね。
 なのでつよいダケカンバにスポットがあたるのだと思います。
 毎年北海道の山を歩いて やはりこの季節にあるくのが一番北海道らしい山並みを楽しめると思うのです。
 雪ですね わたしも昨日ニュースで拝見しました。 山はもう根雪になるのでしょうか 最高の日取りで山旅が出来た事 すばらしい思い出になりましたよ
 イワンさんのブログにもずいぶんお世話になりました。(山ではないです。笑)
Unknown (tane)
2016-10-08 20:23:02
錫杖様

こんばんは(#^.^#)
わぁ~、いい景色ですね~。。
朝陽が力強く山々を照らし、
陰から陽向へ。
そして、川には薄らと張った氷に、
これからの冬への入り口を表現している、木々の紅葉。
もう、すっかり冬支度の北海道ですね。

錫杖さん、納得の一枚は、住んでいないと
撮れないとかcommentにありましたが、
いえいえ、十分に何枚もの納得の写真が
ありますよ~っヽ(^o^)丿

それは、悠然たる自然が、一分一秒の
時を刻みながら、移り変わって行く、
その様子がすでに、納得の一枚なんだと
思います。そして、その時と共に、
山々を写す錫杖さんのカメラの腕と
映し出された瞬間の軌跡の画それぞれが
もはや納得の一枚じゃないでしょうか?
(#^.^#)

楽しみです、この続き。。。。。(*^_^*)
Unknown (ミー)
2016-10-08 23:05:49
いい旅ブログですよ
すごく旅した気分にさせていただいてます
ダケカンバ ()
2016-10-09 03:59:08
緑のハイマツでしょうか。
その中にオレンジや紅い木々。
真っ白なダケカンバの幹。
素晴らしいです。
ダケカンバの隣の池塘に、ピーカンの青空が見えています。
相当、良いお天気だったんですね。
お山の上、楽しみです。
錫杖さま。 (はるみん。)
2016-10-09 10:13:31
たった今、パソコン壁紙をコスモスから最後の写真に変更しました。

実は、そんな技術は私にはないので、時々登場してた貝社員ことテツロウにやってもらってます。皆に支えてもらいながら日々働いてます。
Unknown (錫杖)
2016-10-09 11:47:06
taneさん

お褒めの言葉を頂戴し恐悦至極でございます。
でもね住んでたらこの景色、わたしなら通うだろうなあ 富良野や美瑛にはプロのカメラマンが移住されてる方が多いというのもよく判ります。 感性が磨かれて行くのですしょうね
 たしかに、わたしの様に旅行の途中での1枚を切り取る楽しみ方もあります。
 今は後者が好きですね。
この冬は真っ白な美瑛に遊んでみるのもいいかもしれないなって感じてますが、財務大臣から自粛規制が入ってます。
 しばらくはじっと我慢の子です。

この章では、池に張った氷が寒さを自然のパワーを表現したかったです。
Unknown (錫杖)
2016-10-09 11:49:17
ミーさん

いつからでしょうか
お久しぶりですね

今回は時間との闘い旅です。
忙しくさせてごめんなさいね

永遠の1枚とは、粘りが命です。
がんばりますね
Unknown (錫杖)
2016-10-09 12:02:23
信さん

大雪山はポテンシャルが非常に高いですよ
涸沢カールとはまったく異質な感動を覚えました。
 王者の王者という品格を感じました。
それを支えるダケカンバの樹林帯、池糖群。
なにかもかも名のある武士の様に風格を感じました。 しっかり撮らなければと襟を正すわたしです。
 さあ 標高をあげます。
Unknown (錫杖)
2016-10-09 12:07:39
はるみん。さん

なんで。が付くの(^^)
いつも壁紙に使ってもらってるんですか
それはそれはありがとうございます。
立山界隈の山々にも霜が降りて来てますね
今週は、いまのところ僧ヶ岳・駒ヶ岳に登る予定です。(天気次第)
 富山の100山も少しずつ歩こうと思う錫杖です。
北海道の後で金欠状態ですが、時間は買えませんから、

旬な季節に行くしかない。
毎朝ご覧頂きありがとうございます。
こんにちは (ラパン)
2016-10-09 15:38:52
錫杖さん、こんにちは。
パン教室が終わってやっとホッと一息ついたところです。
写真をみるのが最近とても楽しくなってきました♪
写真ブログ万歳!
色んな場所や綺麗なお花や可愛い動物達などなど・・・
なかなか外に出られない身にはとってもありがたいですね

錫杖さんのブログでは山にも登っちゃいましたし♪
海にも山にも行った気分です。
ありがとうございます*

紅葉綺麗ですね。
ダケカンバってなんだろう?って調べてしまいました。
白樺とダケカンバの違いまで読んで勉強してしまいましたよ。

氷が張るくらい、きっとさぞ寒かったでしょうね。
次の写真も楽しみです
Unknown (錫杖)
2016-10-10 11:30:22
ラパンさん
おはようございます。

写真ブログの良さに気づかれましたか

 写真力 言葉で表現できない気持ちを写真で表現する。いやしようと努力する。
その姿勢がいいところでしょうか

全く同じ風景は世界に存在せず、
まったく同じな写真もありません。

その時の魂で撮影しますから
わたしの写真は心に響いてるようで良かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。