錫杖流山歩きの記録

珈琲が美味しい季節です。

 潮騒の島「神島」

2017-02-22 | 離島旅

先日の休日、

カメラの先生takayanさんご夫妻と伊勢湾に浮かぶ離島に日帰りハイキングしてきました。

この日は、風もなくポカポカ陽気になりました。

今年の冬はとても寒く

温暖な三重県でも雪が降りました。

前日の夕方、

ふと明日休みだけどどうしようとプランを立ててみました。


1. いつも山に手製おにぎりを持ってゆっくりしようか&温泉

2. ブラックダイヤモンドのアイゼンを新調したので綿向山の樹氷登山&温泉

3. 御在所岳にロープウェイで上がって、雪山の風景でも撮影&温泉

4. ラストサムライで有名になった姫路のお寺と姫路城

5. 伊勢湾の離島で昭和にトリップ


こんな案だけどどうすると

かみさんに相談


5番がええ

と珍しく即答。


takayanさん誘ってみたらとどう

と珍しくいい事をいうじゃないか


即、takayanさんに連絡。

こんんちわ。

明日、日帰り旅しませんか?


takayanさん

よし 行きまっか!

と弾んだ声で即答していただきました。

(奥様に相談しなくて大丈夫でっか)


てなわけで16日朝6時集合出発しました。

7時40分発の船に乗るべく

縦に長い三重県を南下開始。

7時38分船着き場に到着。

3人を玄関に送り届けた上、

かみさんに切符を買って

フェリーに片足かけて粘っとけと指示。


わたしは駐車場へダッシュ

なんとか出航20秒前に

飛び乗る事が出来たのでした。

急がせてすみませんでした。



目指すは、

三重県の離島 潮騒の島「神島」

三島由紀夫さんの恋愛小説「潮騒」で有名になり

映画化され、吉永小百合さんや山口百恵さんが

この島に滞在されました。

とってもロマンチックな島なんです。

あまちゃんに出てくる「潮騒のメモリー」も

この「潮騒」をパロディ化したものと言われていますね。

1番目の画像は、4年前の元旦。

錫杖ヶ岳へ御来光登山した際に山頂から撮影したものです。

コンデジで1200mmズーム



駐車場から約300m全力で走ったので、ぜえぜえで撮影開始



















鳥羽湾を出ました。



 

 

 

 

 

 

途中、一旦 答志島の和具港を経由しました。



佐田浜を出て和具港を経由し、神島に向います。

帰りは、神島から和具港に寄って答志港まで食事をしながら散策。

そして答志港から佐田浜に戻るという離島2島を巡るプランです。



周遊券があると便利です。

帰りの船の中で撮影しました。

今回は無理をしませんでしたが、

菅島という離島にもこのチケットで渡れます。




しばらくこのシリーズの連載を足早に綴って参ります。

12時間ワンデイトラベルが始まった。


さあ 遠足気分で

次行こう

(^^)J(^^)J(^^)J(^^)J



カメラ機材:NikonD800E

レンズ:トキナー16-28mm f2.8

Nikon28-300mm f3.5−5.6G

シグマ180mmマクロ f2.8

シグマ150-500mm  f5.6-6.3








 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春らしさ | トップ | 神島上陸 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよ ()
2017-02-22 06:24:18
いよいよ始まりましたね。
ワクワクしますね。
1枚目、よく覚えています。
金色に輝く神島。
神々しきその島には、何が待っているのか。
それに備えてちょっと地理の勉強をしておこう。
錫杖師匠が撮ると、海鳥たちも活き活きとして見えますね。
実に楽しみです。

Unknown (takayan)
2017-02-22 07:52:47
おはようございます。

お天気に恵まれて、楽しい遠足でした。
「明日出掛けませんか?」と電話を貰って、即答で「行きます」。
家内には全く相談無しでした(笑)

何処へ行くのかもハッキリ分からないまま、「明日錫杖さんと一緒に出かけるから」と電話を切ってから伝えました。

今までまで、家族以外と一緒に出かけた事の無い家内ですが、
錫杖さんご夫妻となら、気軽に出掛けられると言ってます。
親子4人での旅そのものですからね。

朝の乗船時には、奥様に本当にバタバタしてもらいました。
何時もお任せで、お世話になりありがとうございます。
フェリーの係員に「3人ですね」と聞かれて、「4人です。
車を停めに行ってますから」というと、「ええ!」とびっくりしてました。
何とか間に合いましたね。
もう少し集合時間を早めにすれば良かったですね。

1枚目の錫杖ヶ岳からのご来光、素晴らしいですね。

防波堤のカモメ、takayanの105mm では届きませんでした(笑)
和具港の防波堤の猛禽類はトビ?
渋い色合いに撮れてますね。
takayanも撮りましたが・・・

初めての離島巡り、何時から乗っていないのか?楽しい船旅。
流石に旅慣れた錫杖さん、ちゃんと乗船券を撮影されてますね。
takayanはそのまま下船時に渡してしまいました。残念・・・
楽しい旅の記録の始まりですね。
takayanも後から追いかけますね。
また立山のときと同じく二人展の始まりです。
奥様に「良いコースを選んで頂きありがとうございます」とよろしくお伝え下さいね。
こんにちは (pooh)
2017-02-22 10:22:54
島を周遊できるんですね!
伊良湖岬から鳥羽へ移動する時にフェリーから景色をみてたのですが
素敵な景色ですよね♪
伊良湖から離島も周れるのでしょうか?
つづき楽しみにしてます♪

Unknown (錫杖)
2017-02-22 13:40:53
信さん

こんにちわ
伊勢湾は国内屈指、巨大な入り江です。
比較的 凪の状態が多いですね
鳥羽は、有名な真珠王ミキモトさんが世界で始めて真珠の養殖を成功させた地でもあります。
 養殖ということは入り江には無数のプランクトンがいる。つまり鳥達の恰好のえさ場にもなっていると思います。

 定期船を追いかけて飛ぶカモメちゃんは
わたしも旅につれていってと言わんばかりの愛嬌が伝わってきました。

Unknown (錫杖)
2017-02-22 16:26:08
takayanさん
奥様 こんばんわ

この度は、ハードスケジュールにお付き合いくださいましてありがとうございます。
錫杖流はいつもこんな感じで直前になってから決まるんです。
 というより天気を見ながら休んでるって感じです。
 いくらサンデー毎日のtakayanさんでも急すぎるので無理かなと思って電話をかけました。
 今後もこういう事が多くなると思いますので予めご了解くださいませ。

定期船を足止めしていただきありがとうございます。チームプレイが功を奏しましたね(笑) 出航を2分くらい我らが遅らせたのは間違いない事実です。

そうですね
今回はしゃりまくっていたので枚数は多くありませんが、2人展楽しく温かに思いでアルバムとして残して行きたいです。

昨年は八ヶ岳シリーズを綴り始めていましたね


Unknown (はりさん)
2017-02-22 16:28:35
いよいよtakayanさんとの
撮影旅行、というか遠足のはじまりですね。
スタートから焦りましたね。
どんな旅になるか楽しみです。
鳥羽は時々通りますが、
離島を巡る船のことは知りませんでした。
インプットしておきます。
Unknown (錫杖)
2017-02-22 16:31:16
poohさん

伊良湖フェリー利用されたことがあるのですね さすが旅通です。
名古屋を通過せずに時間短縮になるのでよき船旅になりますね

わたしも横須賀から房総に船で渡り東京をカットしました。あの船旅も良かったなあ


伊良湖からだと神島は便があります。
神島経由で他の島にも行けますよ

純愛の島 神島 いつの日にかまたご訪問くださいまし(^^)
Unknown (えれぇこった2号)
2017-02-22 18:42:14
フェリー無事に乗れて良かったですね♪

神島って初めて聞きました♪
これからどんな写真がUPされるのか???
めっちゃ楽しみにしています♪
Unknown (decopon)
2017-02-22 22:09:19
たしか菅島には行ったことがあります。たしかちょっとしたお山があってハイキングしました。
神島行ってみたいですー。

ちなみにプラン4のラストサムライのお寺いいですよー(書写山ですよね?) 紅葉のときもキレイでした。
姫路の雪彦山もおもしろかったです。また行きたいわん。
こんばんは (ラパン)
2017-02-22 22:55:33
錫杖さん、こんばんは。
朝一で見てワオ〜♪綺麗
かもめさんもいっぱい!
と喜んでみていてコメントした気になっていたラパンです
そういえばお教室だったので時間がなくてしてなかったんだとハタと気づきました。
今日はグリエールチーズのぱんと桜あんぱんでした*

1番の写真とても綺麗ですね
日を浴びて佇む鳥さんの写真も味がありますね。
フェリー間に合って良かったです♪
明日も楽しみにしています


コメントを投稿

離島旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。