月光シャワーを浴びて

2016-11-26 | 撮影旅行

 立待月が真砂岳の稜線上にキラッと輝き、あっという間に昇ってきました。 御来光の如く思わず手を合わせたくなるくらい有難さを感じながらシャッターを押していました。 今迄増感して撮影していたので、減感しながら適正露出を探りました。takayanさんも当然同様の作業をされてると思いますが、その辺りはお互いにどのような条件設定をされているのだろうともう一つの頭で語り合っています。月に合わせば、絞り優先でシャッタースピードを早くしながら、シャッタースピード優先ならばその逆と様々に個性が出てきます。 月光シャワーはとても温かさを感じました。ほのかに明るくなっていくみくりが池の様子を観察してみてください。










ピンは池にあってます。






























池に動物が歩き出しましたね 月夜の晩にうさぎさんでしょうか




10

 

 

 

 

 

11

温泉が呼んでる(^0^)/



12

ねっ  ずいぶんと明るくなったでしょう。  takayanさんと小屋に入る前にもう少し粘ってみました。

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月光を待ちながら | トップ | 里山の展望台 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sws sp)
2016-11-26 05:03:32
立山。この場所ですね。
7,8の写真が日本のアルプスだとわ、、

自然の力に吸い込まれます。
Unknown (takayan)
2016-11-26 07:04:39
おはようございます。
徐々に周囲の山肌が、月光のシャワーを浴び明るくなっていく。
ついに月の出、辺り一帯が神々しい雰囲気に包まれ凍てたみくりが池の輝きましていく。
あれほど明るくなるとは・・・思いもしませんでした。

色々とカメラの設定を変えながら、長い時間楽しみましたね。
寒さは全く感じませんでした。

月を画面に入れて撮るのは難しいですね。
超広角ズーム1本で撮っていたtakayanには、2番のような月は撮れなかったです。

月光に照らされたみくりが池は素晴らしかったです。

7番、8番はtakayanも全く同じような構図で撮りました。
当たり前ですね。錫杖さんを真似て同じ方を向きながら撮ってましたから(笑)

takayanも三脚が映り込んだ写真が何枚か有りました。
マニュアル撮影ですから、しっかりファインダーを覗かないときも多かったですからね。

月の光に浮かび上がるみくりが池と、アルプスの峰々に感動した夜でした。
本当に天気も回復し、良い条件に恵まれましたね。
今もあの風景が蘇ってきて、感動しながら見ています。
takayanの夜の写真は、まだしばらく後になります。
ゆっくりと感動のシーンを綴っていこうと思っています。

こんなに素晴らしい夜の撮影に出会えて、改めて錫杖さんに感謝です。
臨場感 ()
2016-11-26 07:26:19
まるで錫杖さんの隣で見ているように
臨場感が素晴らしいです。
パール真砂にズキンとやられます。
それにしても明るい月なのに、しっかり星が残ってますね。
#7 お隣のtakayanさんでしょうか。
あの予告編の一枚はこの時に撮られたものなんでしょうか。
#8から11、微妙に右にパンしていく感じ。
これも臨場感が増します。
奥大日の東壁が輝いていくのが良いですね。

Unknown (えれぇこった2号)
2016-11-26 09:21:18
錫杖さん、おはようございます!!

みくりが池綺麗ですね!!
たくさんの方が、三脚を据えてファインダーを覗き込んでるのがわかりますね!

今回5.8.9.12の写真がお気に入りです。
おはようございます (たにむらこうせつ)
2016-11-26 11:40:39
月光が明るいですね。
どれも美しいです!
月って癒されますね(^-^)
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
Unknown (はりさん)
2016-11-26 13:15:25
今日の写真もまた素晴らしい!
お題の通り「月光のシャワーを浴び」まくりです。
1番のパールも感動です。
そして、7番、8番の写真は、
夜間に撮っているとは思えませんね。
しかし、星が輝いているから夜ですね。
夢の世界にいるような気分です。
Unknown (錫杖)
2016-11-26 14:09:47
sws spさん

早いね 何時に起きてるの
もしかして 今から寝るのでしょうか
立山雲上の世界は、まだまだ季節はじめで
雪の多い時はもっと迫力があるんですよ

spさんにもぜひ見て頂きたい。
扇沢から室堂でジョイントもいいですね
あなたの日本版ガイドの場所としてコースをセレクトでもいいんではないですか 

パンフなんかあったらまたアドレスおしえてね  
バイキンまんが好きな◎◎ちゃん
大きくなったかな
Unknown (錫杖)
2016-11-26 14:15:36
takayanさん

月光はパールの様に柔らかく立山に灯りをともしてくれていきましたね なんとそのスピードの速いことか あと1時間も粘れば完全に立山の全容が月光を浴びていたことでしょう おかげで私は月光欲で肌がかさかさになりました。

 雪原での撮影はなかなか私でもない経験。 漠然と雪原ではなくてみくりが池が眼下にあって 凍ってもなくて 映り込みもたのしめて良かったですね
2年前は 完全に池は雪の下でしたから

 富山県の山岳観光ポテンシャルはこの立山を中心に高いです。 ここを前からお連れしたかったし、天気も最高で 旅から帰りはや8日目ですが、まだまだ佳き余韻に浸っています。
 
Unknown (錫杖)
2016-11-26 14:51:56
信さん

パールとはうまい表現ですね
でもその通り柔らかな光源ですね。

よく見ていただくと光の矢が四方ではなく多角にうまく出ていまして、かなり絞りこんでる証拠なんですよ(自分で言うなよ)

 そうですね ここでtakayanさんが撮られた30秒開放14mmの世界です。
 わたしのは16mmですから それと四隅のケラレがまったくないのがtakayanさんのレンズの特徴(高価なんですよ)です。

 言葉では表現しきれぬ世界がこのあとも続きます。 願わくば 時よ止まれでした
 
Unknown (錫杖)
2016-11-26 14:57:34
えれぇこった2号さん

みくりが池は雷鳥沢の通過点。
ここでわたしが粘っていたのを垣間みていただいたんですね 現地を理解された方ならば
臨場感たっぷりとちゃいますか

 えれぇこった隊は私達の4日後。だいぶ月の光も抑えられたことでしょうね
 どんな作品が飛び出すか楽しみです

みくりが池を入れた構図がお好きなんですね 来年はゴールデンに来てみるのもいいかなあ
Unknown (錫杖)
2016-11-26 15:00:01
たにむらこうせつさん

ほんと月光の明るさを体験することになりました。 太陽と同じで地上より月に近い分、明るいということでしょうね 何よりも雪原ですから間接照明になって上から下から横からと暗順応をするのでした。

 詩に使えますか この景色
Unknown (錫杖)
2016-11-26 15:02:21
はりさん

月夜の撮影ってけっこう楽しいですよ
何度も経験してるからなんでしょうが
月夜の雪原程明るいものはありません。

乗鞍では満月の夜にスキーをしたことがあります。 あれも楽しかったなあ 

 でも一人ならばここまで粘ってなかったでしょうね やはり持つべきは大事ですね
Unknown (ラパン)
2016-11-26 17:35:42
錫杖さん、こんばんは。
今朝は元気に朝一で拝見しましたよ
まだコメントもお一人で入れたい衝動にかられましたが、今日は自宅で教室だったので時間が無くて諦めました。
今も最近お気に入りのリラックス出来るピアノ曲のBGMを聞きながら書いています。

本当に素敵な世界ですね
夜なのに昼と見間違えるほどの明るさです。
夜の銀世界の中の月明かりが明るい事は知っていましたが、山の上はこんなにも明るいのですね

柔らかな月明かりと沢山のお星様達、自分もこの目で見たらきっと感動で言葉も出ないでしょうね*
Unknown (錫杖)
2016-11-26 21:06:10
ラパンさん

そうでしたか
朝に寝る前にクラシックはいいですね
雨の日はショパンの世代でしょうか


似てますね
ツールでアニュセグッパイ なんて聞こえませんか

この季節 山好きはこんな月光に合わせて山歩きを楽しむんですよ
 
素敵な世界。
 山やは自分からその地にこの身を運び上げる努力を厭いません。  バランスですね


 
こんばんは (PAPAさん)
2016-11-27 21:49:20
みくりが池 いい表情してるわ~
生き生きとしてるように思います。
これは 錫杖さんのカメラの腕前ですね(笑)
月光シャワー 良い言葉ですね。初めてききました。
みくりが池 今年の5月はまだ雪がいっぱいでしたよ。
また 来年行きたいなあ~
Unknown (錫杖)
2016-11-28 13:02:16
PAPAさん

5月のみくりが池を見られたのですね
残雪のつくるマダラ模様も素敵ですね

この池は定点観察するといいですよね
月光シャワーは 柔らかでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。