錫杖流山歩きの記録

珈琲が美味しい季節です。

島のリズム

2017-02-11 | 離島旅

島に滞在中、何度通ったか「与論城趾のテラス」

 



島時間は、太陽が出て

陽が昇り

風が吹き

サトウキビ畑がざわざわして

潮の満ち引きがあって

1日中波の音がして

日が沈む


この繰り返し

普段の暮らしでは

こんな事は実感しない

仕事に追われ

雑念が多いからでしょう。

島のリズム


いいもんです


宿の親父さんがくれた名刺の裏に

「与論ラッパ節」という唄の歌詞が書かれています。

この景色を見ながら三線調で詠んでみました。♪




咲いた桜に 惣れるなよ♪  

花はきれいが 散り易い♪

恋をするなら あの松よ♪  

枯れて落ちるも 二人づれ♪

 

花を咲かすも 雨と風♪  

花を散らすも 雨と風♪

雨と風とが ないなれば♪  

花も咲かねば 散りもせぬ♪


泣いて暮らすも50年♪

笑うて暮らすも50年♪

泣いて暮らすも笑うのも♪

心一つのもちようです♪




思い出に刻みましょう。

ラッパ節という文化を知りました。



沖縄本島が見えてます。

このテラスに吹く緑の風がとても気持ちよかった。

当然、朝から半袖短パンです。

パンをカジリながら

ブラックの缶コーヒー

これも美味しかったなあ




またまた浜に戻って来たよ


おーー

青空!晴れてるやんけ(^0^)/







約束時間に合わせやってきました。

百合ヶ浜




トメクルーズさん

よろしくお願いします。


今回の旅でこのクルーズが

もっとも印象に残りました。

明日をご期待ください。



島のリズム感はいい。









『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅は最終日。5日目 与論島 | トップ | 百合ヶ浜クルーズ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2017-02-11 08:37:16
島時間よいですね。
サトウキビ畑がざわざわ
風の音
波の音
ゆっくりと時間が流れていますね。
写真とともに楽しみませてもらいました。
Unknown (えれぇこった2号)
2017-02-11 08:52:38
おはようございます♪

沖縄ののんびりした時間が心地よさそうでね♪
毎日青空に青い海、白い砂浜見てたら癒されますね!!
Unknown (takayan)
2017-02-11 10:18:55
おはようございます。
やはり南の島は青空が似合いますね。
コバルトブルーの海と、青空に浮かぶ白い雲。まさに楽園と言ったところです。

最後のトメクルーズさんの1枚も良いですね。

今朝は10cmくらいの積雪になっています。
それでも良い天気になり、早くも雪は溶け始めています。
今夜から明日も雪の予報ですね。

Unknown (錫杖)
2017-02-11 12:33:28
はりさん

森山良子さんのざわわを何度も口ずさんでました。悲しい歌だけどサトウキビ畑が風に揺らぐ様を見てると なるほどこの歌詞がぴったりだなと思います。
 リーフに囲まれた波の音はとても柔らかでしたよ

Unknown (錫杖)
2017-02-11 12:35:30
えれぇこった2号さん

はい 毎日青い海をこうして画面で見てるだけでも癒される錫杖です。

 明日はもっといい絵ですよ(^^)
Unknown (錫杖)
2017-02-11 12:38:04
Takayanさん
雪かき大変な朝でした。

鈴鹿山脈が真っ白に雪化粧してます。
明日はトメクーズさんの船に乗っての景色

一変しますよ
腰の具合はいかがでしょうか
気になってます。(^^)(^^)
柔らかな波の音 (ラパン)
2017-02-11 16:36:12
錫杖さん、こんにちは。
柔らかな波の音、想像してみました。
頭の中で考えるだけでも癒されますね*

明日も楽しみにしていま〜す
こんにちは(^^)/ (hiroko )
2017-02-11 16:44:36
良い旅をしてますね(^^♪
空と海との境界線が溶け合って
素晴らしい景色です。

雪山を離れて暖かい所でのバカンスも
最高ですね。
一度は行きたい与論島 (chidori)
2017-02-11 20:27:21
なんと美しい海、空、木々の緑。

娘は埼玉の自由の森学園に在学中、友達と1ケ月滞在してバイトしていたと思います。

知り合いもいるので、いつも行きたいと憧れているのですが・・・。その昔沖縄がまだ返還されてないとき 27度線上で沖縄からと、世論側とで
「沖縄を日本に返せ」の海上集会がありました。もう50年も前の話です。

私は鹿児島から那覇にひめゆり丸(1500トン)で向かい、(もちろんぱしぽーと持参で)船酔いが酷くて、それでも 辺戸岬まで、那覇から4-5時間かけていったのにまたまた車酔いが酷くて、海上集会の船には乗れませんでした。笑い話ですね。
Unknown (錫杖)
2017-02-12 09:38:19
ラパンさん

自然に接して癒されるって大切ですね
船にのって波の音がより柔らかく感じました。
たぶん自分自身の心が和らいだせいだと思います。
明日は必見ですよ

コメントを投稿

離島旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。