東後畑(ひがしうしろばた)の棚田

2017-05-19 | 棚田

日本海ひたすら12時間。下道を走ってきましたが着いてみれば疲労感は少なかった。

やはり目的意識がはっきりしてるからでしょうか

今から始まる夕焼けショーへの期待の方が大きかったです。

雲の様子を見ると太陽は丸の状態で水平線に落ちそうでした。

先客のカメラマンは4名

三脚を固定して場所を確保されています。

何度も通って見えるのだろうか

三脚の置いてある位置がベストな構図が撮れるのでしょうね

参考にさせていただきました。

水張りには少し早いようで

見える棚田すべてに水は入っておらず

1週間ほど早かったです。









長門市油谷(ゆや)は棚田が多い地域で、本州最西北端の向津具(むかつく)半島を中心に棚田地帯が広がっています。

棚田は山間部にあることが多いですが、この地区は半島部分の丘陵地が海岸近くまで迫っているため、

眼下に日本海や油谷湾を望むことができます。

東後畑(ひがしうしろばた)の棚田は、海が望める棚田として絶景の撮影スポット

日本棚田100選の棚田巡りの旅を20代後半から開始。

この地は未踏の地でもありました。

何故なら行きにくい(遠い)イメージがありました。

それと棚田100選の旅最後にと思っていました。

 

沈みゆく夕日と、棚田に映り込む光景は絶景

この棚田のポイントです。

 

夕日を撮るにはまだまだ早い時間帯

何枚か撮影ポイント探りながら撮り歩きしました。





3



 

4





5






6






7






8






9





10






11

最近購入したばかりのシグマ150-600mmのテストをしてみましたよ↓

前玉が思っていた以上に重いので

望遠域(600mm)での撮影時は縦ぶれし易いです。



12

遠景も600mm域で 

150-500mmとの違いで気がつくのは望遠域でのケラレが少し改善された感がします。




13





14

日没は6時46分 

太陽は見えてる半島の鼻に落ちるそうです。


金色に輝くだろうか

それは明日お届けします。




つづく

 


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西へ西へ  | トップ | 東後畑(ひがしうしろばた)... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東後畑 ()
2017-05-19 05:49:02
お早うございます。
1枚目でグッと惹き込まれますね。
三百名山を登るその足で、棚田百選ですか
見事な行動力と美への探求心です。
脱帽です。

高精細の愛機の底力を、骨まで使い込んでますね。
特に10番の奥行にそれを感じました。
11番の白鷺も良いですね。
もしブレを指摘するとしたらtakayan師匠ぐらいじゃないですかね。
金色に輝きそうですね。
ますます高ぶってきます。

Unknown (錫杖)
2017-05-19 08:22:36
信さん
おはようございました。

1枚目の写真 棚田を見下ろす丘に立っているとどんどん大陸からの風が流れて来て上空で割れて行きます。
同じくそこにいたカメラマンさんは田んぼばかり見てましたが、わたしは空が好きなんで 上ばかりカメラを向けてましたよ

 150-600mm 被写体が逆光線にあるのでフォーカスモーターが迷道しまくりです。
 シグマのUSBドックを購入して自分なりの好みにカスタマイズする必要がありそうです。 夏に向けてシグマ12-24mm f4を購入予定です。 増々USBドックが必要になってきました。
 
青鬼も日本棚田100選です。
来週あたり行ってみようかしら
日帰りですが 山口県の半分ですからね(笑)
Unknown (えれぇこった2号)
2017-05-19 09:05:55
錫杖さん

遠い遠い長門まで運転お疲れ様です!!

20代の頃から棚田の写真を撮られてるんですね。

6番の写真が好きです♪
雲の感じ、棚田の感じ、海か少し写った夕日の感じが素敵ですね!!
Unknown (はりさん)
2017-05-19 09:33:12
本州の西の果てまで旅されたのですね。
棚田+夕日の絶景ポイントですね。
棚田の説明板も読ませてもらいましたが、
先人の苦労が伝わってきました。
棚田を見ると日本人のお米に対する執念を感じます。
そんなことも含めて棚田には、人を引きつける
魅力があるんでしょうね。
明日は金色に輝く棚田が見られるのでしょうか。
Unknown (錫杖)
2017-05-19 13:27:59
えれぇこった2号さん

わたしにとって未開の地「長門」
すごく新鮮でしたよ
次はゆっくりと、現地2泊くらいして観光したいものです。
20代は仕事に一生懸命で 山登りはその間隙をついて行ってました。棚田は山の価値観にそっくりなものを感じました。
 不思議な事に100名山の麓に100棚田が多いんですよ 大いなる自然の恩恵を利用した文化「棚田の歴史」ハマってしましました。

自分でも20代でよくも一人で全国走り回ったもんだと思います。
あの時のモチベーションが欲しいです。
Unknown (錫杖)
2017-05-19 13:35:18
はりさん

わたしも先人の生きる為の知恵が努力の積み重ねの中から育まれたことに注目しながら全国の棚田を見ています。
 美しさとは単に形状の美しさではなくて、いかに耕作面積を増やしたのか、いかに水張りをされたのか。いずれも生きる為に生まれた知恵です。
昔人の汗の結晶だと観察してると泪が出てきます。

わたしも10年程田んぼを作っていたのでいかに稲作が大変か経験してることも影響してると思います。
Unknown (takayan)
2017-05-19 13:39:51
おはようございます。
良い夕景に恵まれそうな予感、12時間のロングドライブで、目指した甲斐があったようですね。
7番、10番の縦構図が良いですね。
5番の牛か馬に引かすスキが懐かしいです。
昔は、ちょうどこの季節には、よく見掛けた農具です。

150−600mmは2kg程ですが、ズームすると長くなるので、重さは感じると思います。
一脚があれば使いやすいでしょうね。

11番の試写、色合いも良い感じです。
このレンズは、直進ズームとして操作できると聞いてますから、ズーム操作がやりやすいでしょうね。
ますます撮影の幅が広がって、楽しみが増えますね。

Unknown (錫杖)
2017-05-19 21:14:57
takayanさん
こんばんわ

今日は暑い1日でした。
夕暮れ時にいつもの山に登りました。
これでもかと言わんばかりの塩が全身から出てきました。 おかげさまで体が楽になりました。

そして昨日気がついたシグマ150-600mm
特製を再度試しに
山頂へ初めて担ぎ上げました。
雲ひとつない晴天で絵になりにくい環境でした。
 今回はバッチリ撮れました

ただ トキナー16-28mmを下山時にザックから落下させてしまいました。
谷底まで落下しましたが takayanさんに頂いたカバーのおかげで傷ひとつで済みました。
災難を最小に留めることができました。


ありがとうございました。
芸術的― (chidori)
2017-05-20 10:01:46
その執念に打たれます。

生涯おめにかかれない場所ばかりをみせていただけて幸せです。

Unknown (錫杖)
2017-05-20 12:49:38
chidoriさん

今回は山口県迄でした。
鹿児島は遠いよー(^^)

でもまた鹿児島の棚田にも行きたいです。
まだ訪問してない棚田なんです。
鹿児島には3つあり、薩摩川内と湧水町 それと開聞岳の麓にあります。


 執念で134ヶ所 目指しますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。