錫杖流山歩きの記録

珈琲が美味しい季節です。

佛隆寺 新緑の頃

2017-05-12 | 春旅

ゴールデンウィークは休めないんですが

少しは抵抗しようかと出勤前に佛隆寺に再訪してきました。

前日の夜、道の駅 宇陀にて宿泊

3週連続この道の駅で車中泊になりました。

朝5時頃、佛隆寺に到着。

出勤日なので朝10時までには会社に入らなければなりません。

時間の制約はありますが、急がずにマイペースで撮影を楽しみました。



2

このお地蔵様と再会したかったのも事実です。

訪問者はわたし一人。

静かな山里に佇む古刹の山桜

穏やかな顔立ちの地蔵様を拝みつつ

撮影開始

豊かな時間が流れて行きました。

 










八重桜ももう終わりに近い





5








6







7








8






9









10

次は、彼岸花の頃に来ますね


曽爾の屏風岩公園へ向います。




つづく


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤の花 | トップ | 駆け上がる新緑 屏風岩 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
西へ ()
2017-05-12 05:12:30
お早うございます。
今朝のコンセプトは生命力
花を落とした桜の若葉に、逞しい生命力を感じました。

それにしても
このお地蔵様
良い顔をなさってますね。


Unknown (takayan)
2017-05-12 05:43:54
おはようございます。
新緑の千年桜、来春にまたあの素晴らしい姿を見せるために、充電中と言うところですね。
少し斜めを向かれたお地蔵様、本当に優しいお顔です。
トップのお地蔵様は、今の静かな佛隆寺を物語っているようです。
趣のある石段と名残の八重桜、静かな古刹の佇まいも良いですね。
次は彼岸花の頃にですね。
Unknown (はりさん)
2017-05-12 09:14:12
今は、誰も訪ねる人のない古寺の千年桜。
ひっそり佇むお地蔵さま。
そこに一人の青年がカメラを携えてあらわれた。
それだけでも絵になる風景ですね。
千年桜もお地蔵さんも錫杖さんの再訪を
喜ばれたと思います。
Unknown (錫杖)
2017-05-12 13:40:21
信さん

このお地蔵様に始めてお会いした桜満開の朝。
また逢いにきてなと言われてるような気がしました。

それから1週間 緑のあの木はどうなってるだろうかと想い慕うようになりました。
 
まったく誰もいない朝の境内で 桜とお地蔵様と再会
 この微笑みを見にこれから季節毎に訪問しようと思うのでした。
 
Unknown (錫杖)
2017-05-12 13:42:45
takayanさん

16mmレンズお地蔵様を何度撮影させていただいたことか300mmで何度も角度を変えて撮影しました。
この佛隆桜は、桜と石積み坂と微笑むお地蔵様のセットなんですね

 

Unknown (錫杖)
2017-05-12 13:44:58
はりさん

そう見て頂けると嬉しいです。
屋久島の縄文杉には何度も逢いに行けませんが
佛隆寺の1000年桜には片道1時間

近くを寄った際は必ず立ち寄れます。
この春は、よき出会いがたくさんありました。

Unknown (えれぇこった2号)
2017-05-12 13:48:45
錫杖さん

こんにちわ♪
道の駅で車中泊して、出勤前に撮影とかパワフルですね!

佛隆寺のお地蔵様、とっても優しいお顔ですね♪
八重桜の花びらがピンクの絨毯みたいで綺麗ですね!!
Unknown (錫杖)
2017-05-12 17:50:42
えれぇこった2号さん

昔の方はこのお寺に参拝する時にこのお地蔵様の笑顔にどんな感情を抱いたのでしょうね
そして見上げると1000年桜 
桜に季節に参詣された方はさぞ感無量でしょうね

今日は、お疲れぎみで早く横になりたいです。
優しいお顔 (ラパン)
2017-05-12 18:54:26
錫杖さん、こんばんは。
何とも優しいお顔をしたお地蔵様ですね。
錫杖さんの再来をきっととても喜んでいたと思いますよ。

千年桜、沢山の枝の若葉達に本当に生命の息吹を感じますね。
また来年も沢山の方に大きな感動を与えて欲しいです。
来年も楽しみにしています*
Unknown (錫杖)
2017-05-12 19:18:03
ラパンさん

そうなんですよ
佛隆桜に再訪ではなくてお地蔵様に逢いにきました。
とくにわたしの訪問した時間帯、
朝陽を浴びて気持ち良さそうでした。

円空菩薩様もいいなあと思いますが、
このお地蔵様には不思議な魅力を感じてなりません。
そうです。
お寺に行くのに目的(感動を求める)が出来る
こんな幸せなことはありませんね

コメントを投稿

春旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。