錫杖流

信州と越中富山の山々に出没の平日ハイカー
NikonD800Eを手持ちで撮り歩きしてます。

大千軒岳 1072m  北海道の山旅 最終章

2016-10-17 | 北海道の山旅 201...

         登山口朝5時 薄暗い中、単独行の開始であった。 当初は松前町から伸びる林道で片道1時間の超お気軽ハイキングを予定していたものの、この夏の大雨の為、林道崩壊。

         福島町側から知内川沿いに登る昔からの登山道を登ることになった。 標高差800m  往復15km  今日はフライトの時間があるので、1分1秒がとても大事。

         昨夜、宿のおやじさんから「熊いるよ たくさん いるいる」の何気ないお言葉に異常な迄に反応してしまった私。

         でも登りたい。 気合い入れまくりでした。 アドレナリンが出まくりで結果、2時間30分で山頂へ 途中まったく撮影なし。

         津軽海峡に朝陽が射してますね。 美しかった。この時間帯に単独で山登ってる。山好きとしては、至福の一時でした。

 

 

 

 

 

300名山 293座 登頂

 

 

 

 

     下山時にパシャ  千軒平より 山頂。  風邪が強くて寒かった。   十字架の悲しいお話があるお山です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高1,047m でも森林限界でありポテンシャルはかなり高い

 

 

 

 

 

   稜線歩きは快適でした。山スキーヤーにはたまらんでしょうね

 

 

 

 

      シグマ15mmで  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               知内川  川の渡渉も少なくなく、増水時は危険さも感じる。  川の高巻きは何十回あるだろうか 降りて登ってとかなりボディブローをくらったのでした。

                結局、道中一人も逢う事のない静かな山歩きで締めくくりです。  10時に登山口に戻りました。

 

 

 

 

函館には見向きもせずに ひたすら 札幌を下道(高速代節約のため)で目指します。    大沼の日暮山に登って(車で)

 

 

 

 

八雲町 長万部と通過 

たまには観光も入れて

 

 

 

こういう雰囲気が好き

 

 

 

おっ 汽車が来たと 撮影モードに入る  

 すると貨物列車で 「どんだけーーーーー」と笑ってしまいました。   北海道の輸送には、まだまだ欠かせないようです。

 

 

 

 

               最後に有珠山サービスエリアにて  海に始まり、海で終わる「錫杖流 北海道山旅紀行」  最後迄、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

ちなみに 大雪山NOWです。  もう真冬ですね。        完

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松前町・福島町 千軒荘 | トップ | 一休み »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大千軒岳 ()
2016-10-17 06:07:23
お疲れ様でした。
293座目、登頂おめでとうございます。
やはり名山と云われる山には、雄大さと風格が感じられます。
それにしても旭岳は抜群のタイミングでしたね。素晴らしいものを見させて頂きました。
錫杖流、北の大地。
見ごたえ十分。
錫杖さんのプロデュース力のポテンシャルの高さに、改めて驚きとリスペクトの感を強くしました。

Unknown (takayan)
2016-10-17 06:38:21
おはようございます。

まずは293座目登頂、おめでとう御座います。
北の大地を走り回った旅も終わりですね。

キリスト教徒殉教の地、大千軒岳、15Kmの登山ですか、takayanなら平地でも1日仕事です(笑)

何より熊に遭遇することがなく下山できて良かったです。

1枚目の朝焼けの山並みがきれいです。

大雪山のライブカメラの映像、もう真冬なんですね。

今回も、広い北海道と雄大な山の風景を、堪能させてもらいました。
ありがとうございます。


Unknown (はりさん)
2016-10-17 08:37:20
千メートルを少し超えるだけで
森林限界とは、さすが北海道の山ですね。
稜線歩き、気持ちよさそうですね。
300名山、訪れる人も少ないんでしょうか。
登山道はどうなんでしょうか。
川の渡渉もあるようだし。
登るわけではないですが、気になりました。
北海道の山旅、素晴らしかったです。
ありがとうございました。
Unknown (イワン)
2016-10-17 12:18:35
300名山は残すところ7座ですね。
300名山を調べると、 景鶴山が登山不可なのですね。

ニセコアンヌプリは若かりしころ、リフトの終点である1,000m台地から、スキー靴でスキーを担いで登って滑りました。
滑るときは恐怖心で固まりましたよ。
転んだら死ぬなぁ、と思いました(笑)
今思うと、若気の至りと言うか無知と言うか、危険なことをしたと思っています。

1枚目の、山々のシルエットに仄かな朝焼けの空と雲、見惚れますね。

ピンポイントに時期に来られ、無事に帰られて良かったです。
特に奥様に、お疲れさまでした。
Unknown (雨音)
2016-10-17 12:37:21
私にはあまりなじみのない山の名、北のながい山の冒険旅ご苦労様です、毎日楽しい想像の旅をご一緒させていただきました。
北は5回ほど山を観光を含めていってます、遠目ですが、クマにもちらみ、させていただいてますが、食べられずにいて助かりました。
Unknown (tane)
2016-10-17 12:45:33
錫杖様

こんにちは(*'▽')
大千軒岳すごいです。
しかも、クマも気にせず、一人で立ち向かう
錫杖さんの勇気と、山に対する愛着が
窺い知れます。

そして、北海道らしい、駅舎。
懐かしささえ感じるように思います。
早朝からの登山、お疲れさまでした。
Unknown (錫杖)
2016-10-17 13:42:57
信さん

北海道の旅
無事、ほぼ計画どうりにコンプリートする事ができました。
 ブログを綴る事が先なのか後なのか
もしブログをやってなかったら、ここまでのモチベーションを維持することはなかったと思います。
 あらためてブログの持つパワーを感じた次第です。 むかしは1つの山行に1枚
お気に入りを決めてA3サイズまで引き延ばしてアルバムにしてました。
 ブログをはじめたおかげで印刷代は無くなりましたし、毎日たくさんの方が訪問してくださります。 
こんなに嬉しいことはありません。
信さんのブログにもたくさん影響を受けております。 明日から何を綴ろうか
ネタが無いのが一番つらいところですね
あと7座 これは一気にせずに目標を持った状態を維持したいですね
 
Unknown (錫杖)
2016-10-17 13:47:29
takayanさん
北海道の山旅 ご同行ありがとうございました。 ハードだったことでしょう。
みなさんがイメージする北海道とはまたひと味違う風景だったのではないですか

次は 南紀の旅もいいなと構想を練っています。  
北海道へはあと少なくと3回は通わないと目標が達成できませんから、夢が膨らみます。でも残ってるのは山でテントを張らなければ登れないくらい長い行程の山もあります。
今日は久しぶりにいつもの山へ夕焼け撮影ですよ
Unknown (錫杖)
2016-10-17 13:52:41
はりさん

ここはイワナが沢山いると思います。
わたしの眼に狂いがなければ、沢山の魚影を見ました。 渡渉も多く、雨降った後の山歩きは危険すら感じます。熊は絶対いると思いますが、雰囲気が半端無く感じられましたから。今回は木の上にも熊棚を発見したので、上から熊が降ってこないかも注意しました。

北海道で始めて1等三角点が設置された山。 ここから北海道の測量が始まったのです。 展望のいい山でした。
Unknown (錫杖)
2016-10-17 14:00:12
イワンさん

改めまして北海道の山旅計画におきましては
イワンさんのブログ情報を沢山参考にさせていただきました。ありがとうございました。
観光地で味があるなあと感じたのは、増毛地方と島牧でした。
山はやはり大雪山の紅葉が宝物になりました。

300名山は、あと5年くらいかけてコンプリートしたいなと考えてます。
 懐が良くなれば、次はヨーロッパアルプスに焦点を持ってこようかと思ってますが、これはかなり難しそうです。
 景鶴山は残雪期に登っています。今は火山の関係で禁止なんでしょうか とにかくヤブヤブで残雪期しか登れない山ですね
 
 かみさんはよく運転してくれました。
ふだんかみさん孝行してないので、旅くらいは連れていってあげないと 普段の炊事洗濯をやってくれなくなりますからね
 
Unknown (錫杖)
2016-10-17 14:06:36
雨音さま

やはり北のお山にも足跡をしっかりのこされているんですね さすが本格的。

熊には逢ってみたかったです。
昔、芦別岳ではとんでもなくでっかいヒグマに遭遇しました。 ツキノワグマなんて比較にならないってマザマザと見せつけられましたよ。
 次の山旅は、富山県にある僧が岳と越中駒ヶ岳をお届けしますね
 山友 雨音さま いつもありがとうございます。
Unknown (錫杖)
2016-10-17 14:21:01
taneさん

山に対する情熱は、人一倍ににありますね
いつのころだったか、たぶんルーツは10歳の時に登った山がわたしの山人生に影響を与えてます。 あの時は遭難しかかったんですよ でもなぜか山頂へ到達した時の開放感が子供心に響きました。
いまでも同じ心境で山に登ってます。

この駅の待ち合い室。
懐かしさのあまり感動しました。
次は鉄道の旅もいいかもしれないですね

種子島に行きたいです。

こんにちは (こりす工房)
2016-10-17 17:08:41
北海道の登山、お疲れさまでした。

私は大雪山のハイキングコース(姿見の池)を歩いたことがあるくらいですが、
7月だったので、高山植物が沢山咲いていて、見事でした。

北海道の山々はもう秋を通り越して冬景色でしょうね。
お疲れ様でした。 (ひろばあちゃん)
2016-10-17 19:49:00
北海道の旅、スタートから最後まで
時間と競争でしたね。
お疲れ様でした。
北海道のまだ行ったことの無い地域や
山の沢山の写真をとても楽しみに拝見
させて頂きました。昔の雰囲気そのままの
駅舎懐かしかったです。
おはようございます (ラパン)
2016-10-18 06:30:13
錫杖さん、おはようございます。
あ〜、北海道の旅楽しかったです!
山に登ったり、静かに海を眺めたり、満点の星も観れて、
美味しいご飯も食べた気になり(^^;
一緒に北海道を旅した気分です。
なかなか経験出来ない旅に連れて行ってくださってありがとうございました*

ハードスケジュールだったと思いますが、錫杖さんが生き生きしているのが伝わってきて、
お元気になられたのが本当に嬉しかったです。
きっと、沢山の写真以上に錫杖さんの胸に多くの良い思い出が詰まった事と思います。
奥様ともご一緒出来て良かったです。

思い出って目には見えないけれど本当に辛くなった時に、自分を支えてくれる大切なものだと思っています。
今の私も毎日生徒さんと老後の為に思い出作りしています♪
みんなの笑顔の写真が私の宝物です。
老後はその写真を見て うっふっふ ♪ と楽しむのであります。

何より今まで素敵な沢山の写真をありがとうございました。
これからも皆さんの為に素敵な写真を無理せず、アップし続けてくださいね




Unknown (錫杖)
2016-10-18 09:48:47
こりす工房さま

ご訪問ありがとうございます。
北海道紀行 こちらからも訪問楽しみに拝見させていただいてます。 姿見の池ですか
良かですね  LIVEで見たらもう真冬の様相ですよ 気持ちの通った手仕事に感銘しております。
Unknown (錫杖)
2016-10-18 09:53:42
ひろばあちゃんさん

北海道の旅
いかがでしたか

わたしはとてもラッキーな事に天気に恵まれ、山に海にと素晴らしい景色に出会う事ができました。
旅の終盤に駅を拝見 狩 とかか 静 というワードが多いのも北海道の特徴ですね
Unknown (錫杖)
2016-10-18 12:33:22
ラパンさん

長い事、バーチャルな北海道山旅にご同行いただきありがとうございます。
 ほんと、何から何迄ラッキーな条件が整いました。わたしの人生における山旅でNo.1の条件でした。 
 そして何より海の風景が満載の道南ルート。このコースはメジャーな観光ルートにはなく、本当の北海道の今を見る事が出来たのかなと思います。
 お金は掛かりましたが、人生においてとても有意義な思い出ができた事と確信しています。 この旅で得た知識や眼に焼き付けた風景を心の財産としていきたいですね。
必ずこの経験は、自分自身のバランス維持に役立ってもらえることと思いますから

はい ブログはマイペースに無理のないように楽しみますね
 改めて、いろいろとありがとうございました。
こんばんは (PAPAさん)
2016-10-19 00:33:44
北海道の旅 お疲れ様でした。
293座目なんですか?凄いなあ~
私達夫婦にはできない北海道の旅楽しませて頂きましたよ。
私も何度か北海道には行っていますが 全く知らない北海道 見せて頂きました。

山はいいなあ~ってしみじみ思い 最後の輝く日本海に見入りました(笑)
ブログ読みながら 楽しみながら登山してる錫流さんが浮かんできましたよ~

また 次のお山を紹介してくださいね。
Unknown (錫杖)
2016-10-19 07:59:31
PAPAさん

こちらもスイスを楽しませていただいたんですから これで帳消しですよ(笑)
そうですね たしかに知られていない北海道の名所でしたね
 自分自身が一番 いいなあと感じてますよ 道央か道東 もしくは礼文利尻が観光名所なんですが 道南ルートも味わいがありますね

 最後の海は有珠山から 北海道は大きな島なんだなと見つめていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。