蓮華の花 穴虫の郷 その3

2017-07-17 | 花日記

昨日に続いて7/9の朝をお届けします。

穴虫とは、地元の方のみが使う呼称の様で、大字でも小字でもないそうです。

もともとは稲作の田であったのを、地元の有志が集い

蓮公園を作って子供たちに触れて見させて自然の良さを体験してもらおうとスタートしたそうです。

実際、たくさんの水辺の小動物が沼の中に観察出来ました。

それはまた後日にアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

7時頃に切り上げて出勤。

穴虫の郷には、また飽きもせずに夕方戻ってきました。

何度訪問しても、このなんとも言えぬ桃色が目に入ると

うわあ いいなあと心弾むのです。

 

 

 

9

夕暮れの部は、マニュアルオールドレンズ135mmで遊んでみました。

 

 

 

 

 

10

自分の目で焦点を合わして行く楽しみがオールドレンズにはありますね。

マクロではないのでカリカリ感がないんですが

単焦点らしい被写界深度が得られ、

三脚を置いて絞り込み撮影を楽しむには最高です。

この日は手持ちでした。

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

13

 

表面張力で気持ち良さそうなピョン吉 

 

 

 

 

 

14

 

 

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

 

 

 

16

 

 

 

 

 

 

 

17

 

 

 

 

 

18

以上、7/9の朝と夕暮れの撮影分でした。

 

 

ネタ切れで

明日も穴虫の蓮華の花(7/10朝)をお届けします。

箱館山ゆり園で撮影した分はまだ手つかず。

登山計画にブログにトレーニングにと睡眠時間が削られて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮華の花 穴虫の郷 その2 | トップ | 蓮華の花 穴虫の郷 その4 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-07-17 07:13:33
おはようございます。
そんなに広くはないですが、よく整備されていて、
間近で蓮の花を見られるのが良い所でした。
こうして見事な蓮が見られるのも、地元の方々の努力のお陰ですね。

4番、8番の前ボケがきれいですね。
夕暮時のオールドニッコール135mmでの撮影分も、柔らかな描写で良いですね。
17番、18番の緑の中に1輪の蓮、この2枚が気に入りました。

takayanもここの蓮の写真は、現像のみのほぼ撮って出しで仕上げました。
D4SとAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRは、蓮の撮影にも威力を発揮してくれました。
takayanの蓮のアップはまだ少し先になります。
箱館山ユリ園の写真は、まだ手づかずです(笑)
今日も蒸し暑い朝ですね。

ショッキングピンク ()
2017-07-17 09:27:51
お早うございます。
1枚目のピンクの鮮やかさに、感動してます。
長野に着きましたが、空は真っ白です。
明日からの山行の不安がつのる信州入りになりました。
Unknown (えれぇこった2号)
2017-07-17 09:34:06
錫杖さん

おはようございます♪
トップの蓮の花を見た瞬間、なんて綺麗なんでしょうって
しばし見つめてしまいました(*´∇`*)

どのお花も綺麗で色の蓮の花もなんとも言えない程綺麗ですね。
素敵な公園が近くにあって良かったですね(*´∇`*)
あなたも病気? (chidori )
2017-07-17 10:12:12
錫杖さん

まぁまぁまぁまぁ このくそ暑い日(失礼)

出勤後にも会いに行く・・これを病気と言わずなんと呼ぼう・・・。

今日に限らずずっと病気…を貫いている。

おかげさまで私も病気が少し鬱って

時々まねてしまします。

シャッターチャンスもばっちりですね (イワン)
2017-07-17 11:51:30
1枚の光り輝くピンクの蓮にハチさん。
シャッターチャンスを生かしましたね。
光り輝く蓮の魅力も、ビシビシと伝わってきます。

北海道にも蓮が咲いてくれれば良いのですが・・。
こんにちは (かりん)
2017-07-17 12:31:39
きれいな蓮の花ですね。
やさしい色合いを感じます。
蓮の花とあじさいを見ることができますね。

出勤前にいらして、退勤後にも撮影にいらっしゃる。
足が向いてしまうお気持ちわかるような気がします。
Unknown (錫杖)
2017-07-17 13:00:59
takayanさん

こんにちわ
必至のパッチで仕事と山と写真の編集をこなしてます。なんと忙しいことか
 花ネタの少ない季節にこの蓮園を知り得た事は大きいですね
 4.5番はあえてボカシてみようと撮影の意図が丸わかりですね 
 135mmは非常に使いがってがよくて大好きなレンズ ヘリコイドも固めにしてあるので焦点を合わすのが簡単、あとは絞り込みですね 
最後の白蓮はわたしも 白とびもなく玄人うけするような作品になったなと思っていたところちゃんと見抜いてくれました。
 さすがtakayanさんは一つ一つの作品をちゃんと見ているのですね 
 風景はいろんな要素がありますが花は、やはり首題がメインの花をいかに表現するかになります。 いい構図がまず見つかることが大事ですね

 135mmはわたしには理想の焦点距離です。
Unknown (錫杖)
2017-07-17 13:04:29
信さん

1枚目のみつばちマーヤが入った作品は、30枚くらい撮りました。 動きのある蜂を構図に組み込むとまったく違う作品になりますね ここは蜂やとんぼが多く そういった撮影を楽しむのにも最適です。

信州は曇り 上高地のライブカメラをずっとCheckしてますよ 
 あっ 新穂高方面でしたね 
少しずつですが梅雨前線が北上してます。アルプスは不安定な大気状態にあるのは間違いなさそうですね
 楽しんで来てくださいよ 真剣にそう思ってますから(ファイト〜)
Unknown (錫杖)
2017-07-17 13:06:47
えれぇこった2号さん

ピンク大好き人間錫杖です(笑)
 蓮は古代からこの色を纏ってますから素晴らしいですね 昔の人はこのピンクをどう表現していたのでしょうね 
 蓮の花は魅力が尽きない不思議な花です。
 明日も渓流でっか うらやましすぎますよー 
Unknown (錫杖)
2017-07-17 13:20:52
chidoriさん

蓮の花はお盆に向って咲いてきますね
 わたしの方では7月盆と8月盆があります。そちらでもそうでしょうか

 蓮のイメージはお葬式だったけど、高貴なイメージが勝つ様になってます。 
 毎朝わたしは早いですよー
朝を征する者は人生を征する。ですね
Unknown (錫杖)
2017-07-17 13:23:09
イワンさん

ジュリアナ東京ではないですがみつばちハッチが可愛く踊ってました。
 見た瞬間 これを撮らねばと30枚以上狙ってました。 次はとんぼも撮りましたのでみてください。 北海道の白い絨毯は始まりましたか
Unknown (錫杖)
2017-07-17 13:27:46
かりんさん

こんにちわ
関東からいつも梅雨明けされますが、ことしはまだの様ですね
 こちらもすっきりしない空模様 どんより
それでいて蒸し蒸しです。 でもここ蓮は水分大好き植物 カエルやザリガニさんがたくさん 思わず子供に戻ったかの錯覚の中、撮影を楽しんでいます。
 今日も夕方行ってみようかなんなてコメント打ちながら思ってます。
 
 
Unknown (はりさん)
2017-07-17 21:34:56
オールドレンズですか。
言われないと分からなかったと思いますが
味があるような気がします。
いい加減な印象ですみません。
自分でピントを合わす作業がいいのでしょうね。
私が使えばピンボケの山を築きそうです。
Unknown (tane)
2017-07-17 23:21:15
錫杖様

こんばんは(*^_^*)
蓮の花のようすがとっても素敵ですね~。
特に、今回は、白色の花がいい感じですね。
清楚な感じが私に似ています(爆笑)

錫杖さん、オールドレンズって、他のレンズと違ってどんな感じに写るのでしょうか?
Unknown (錫杖)
2017-07-18 09:22:29
はりさん

おはようございます。
オールドレンズは明るいレンズがオススメですね 自分がほんとのピンを合わしたいところに遊びがありますから、現代のオートに比べると楽しいですね
 135mmの単焦点は実際人間の目の焦点距離の1.5倍くらい つまり見たい所を頭の中だけでズームしてる感じです。 ここが魅力ですね
 全体的に柔らかな描写になるのはオールドレンズの特性ですね

 
Unknown (錫杖)
2017-07-18 09:26:31
taneさん

蓮は大きくて動かないですから、オールドレンズで撮影するのには最高な被写体なんですよ。それと色合いをダイレクトに再現してくれるのも明るいオールドレンズの特性ですね
 いまやオートフォーカス主流時代ですが、
動かない被写体に三脚置いて絞り込み撮影するならばマニュアルオールドレンズと大差はないと思っています。 
 写りについては、すこし柔らかい感じになります。(カリカリ感がないと表現したらよいでしょうか)

  

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。