錫杖流

信州と越中富山の山々に出没の平日ハイカー
NikonD800Eを手持ちで撮り歩きしてます。

余市の海から「岩内」、そして「島牧」へ

2016-10-12 | 北海道の山旅 201...

               大雪山から次の目的地「島牧」へ向かう途中、いくつか美しい海の風景に出会った。 

                         まずは、余市の海にて砂浜を歩いてみました。 日本海の海は海流が冷たいためか海独特の匂いがない。

                               波は割れる事なく、沖合から次々と真一文字に押し寄せてきます。  ザザーン    ザザーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    海岸で遊ぶちびっ子達     ちいちゃいなあ(お姉ちゃんと妹)

 

 

 

 

 

                         国道5号線から国道276号線に入り、岩内町へ突入    どこまでも続く海岸線ドライブ 始めて見る景色は、全く飽きがこなかった。

 

 

 

 

 

                                            夕刻5時 弁慶岬に到着。

 

      大雪から6時間 よく走ってくれた レンタカー ノート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      今日宿泊予定の宿『島牧ユースホステル』に心配してるいけないので電話連絡。島牧には到着してますが夕陽を撮影してるので少し遅れますと。

                              「ゆっくりなさってください」と女将さんからのお言葉でした。 もう少しだけ粘りました。

 

 

 

 

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雪山樹海 | トップ | 島牧ユースホステル »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっはーー^^ (ぶーばー♪)
2016-10-12 07:46:24
あまりに勇壮で素晴らしい風景に
ずーーーっと見とれているぶーばーです。

あ・・
弁慶が、二人~~~
Unknown (はりさん)
2016-10-12 08:18:17
山を撮っても、海を撮っても
素晴らしすぎですね。
自然に対する錫杖さんの気持ちが
写真にあらわれるのでしょうね。
ススキはやはり、夕景が似合いますね。
穂が黄金に輝いていますね。
Unknown (takayan)
2016-10-12 09:49:51
おはようございます。
青空と海が出会う水平線まで、クッキリ見渡せる雄大な日本海の景色に、感動しています。
4枚目の海の色が良いですね。
深い藍色がなんとも言えないです。

夕日に輝くススキと、空の色を映して染まる海、きれいですね。

錫杖さんの感性の素晴らしさが、推し量れる作品ですね。
Unknown (錫杖)
2016-10-12 12:55:04
ぶーばーちゃん

こんにちわ(^8^)/
ほんと弁慶さんが2人

牛若丸って言ってほしかったなあ

旅は続くよーどこまでも
Unknown (錫杖)
2016-10-12 12:58:23
はりさん

褒めすぎないで(^8^)j
その気になりますから

でも旅っていいもんですね
見るものすべてが美しく見えてくるんですから なんにでも優しくなれる気がしますよ
 あと48時間で旅は終了します。
なんて早いんだろう
 そこが旅のいい所でもあり、切ないところでもありますね
Unknown (錫杖)
2016-10-12 13:02:11
takayanさん

ススキの撮影は昨年takayanさんが曽爾高原で遊ばれてたのを記憶に撮ってみました。
 だってドライブ中、ずっとススキ ススキ ススキなんですよ
夕陽にあたるススキロードが美しい海岸線を延々と走るのですから
 北海道は道内もいいですが海岸線がいいですよ  
そしてこの地域は穴場的な場所で観光客は少ないです。釣人がほとんどですね

あと48時間 どんな出会いがあるのか楽しみですね
言います ()
2016-10-12 17:19:58
懐かしい名前が出て来たので岩内について言います。
北海道への観光だと先ず岩内を経由地でも候補に挙げる人は稀だと思いますね。大雪山の素晴らしい光景には目を奪われていて口が出ませんでしたが、
今回は思わず滑りました。
若い頃初めての一人旅が真冬の北海道でした。丁度その頃北海道の友達が二人いてその内の一人が岩内出身でした。そんな訳で真っ白な岩内へ行った訳ですが、町中なのに地吹雪が凄くって危なく遭難しかけた記憶が鮮明に浮かんで来ました。

島牧とはどんなところか存じませんが、快晴なら途中こんなに見事な海岸線が見えたんですね。
何時までも見て居たい風景ですね。
その通りです。 (錫杖)
2016-10-12 18:36:37
燦さん

厳冬期に岩内に行かれた事があるのですね
それはとても貴重な経験と強烈な思い出が残って見えることでしょう。
 錫杖流北海道の山旅、ご覧頂きありがとうございます。
燦さんも行動派なんですね
 若い頃の一人旅が真冬の北海道
 もしかして・・・◎恋ですか
岩内出身のお友達 そうですか それは貴重なお友達ですね 
 それよりも地吹雪がどんなだったか
そこに興味が沸きます
 わたしは穏やかな海を見ながらでしたけど 冬はどんな景色なんだろうと回想しながらのドライブでした。
 北海道の西海岸線は、放浪の旅には最高です。 とくにチャリダーあたりには人気なようですね 今回 何人ものチャリダーに出会ったことか 
 大好きになりましたよ このルート とくに夕陽ロードですね   
大転回 ()
2016-10-12 18:36:52
転回が早すぎてコメントが追いつきませんね。
旭のロープウェイからの北の大地。
やっと気が利いたコメントが浮かんだと思ったら・・なんと海!
しかも余市を抜けて島牧!
よく捕まりませんでしたね。
私のお気に入りは#3.
小っちゃい子たちと、穏やかな日本海。
その対比がかえって北の大地の雄大さを感じました。
あとは弁慶さんの前で、おどけたポーズの錫杖さんが、また良いですね。
さらに焼けるのでしょうか、次がまた楽しみです。
っていうか続くの?
Unknown (錫杖)
2016-10-12 18:51:04
信さん

こんばんわ
変わり身の早さが売りの錫杖です。
変幻自在の放浪旅
今回は、結果論ですが 海山海山海山海山海山海で締めくくります。
捕まるなんて
信さん やだもー
わたしは一度やられてますから
もしかして もしかして わたしの他に誰か♪
と鼻歌まじりにぶっとばしてました。
もとい 安全運転に徹してましたよ

余市の海で出会った子供たち

純粋な絵ですね

弁慶岬でおどけてるのは昭和の牛若丸ですよ
 はい 最後迄粘りますよ。
写真は粘り次第ですからね

今晩から富山へ出撃


こんばんは (PAPAさん)
2016-10-12 21:54:03
素晴らしい写真ばかりで みとれていますよ。
海の写真いいなあ~
ほんと 日本海に立っている気分にしてくれましたよ~
一枚目の写真が好き!
後 夕日に輝くススキもいいですね。

え! 今度は富山ですか?
凄い体力です。気を付けて行って来てください。

スイスを思い出させてしまう 罪な人より・・・(笑)
なつかしや~ (風のたより)
2016-10-12 22:01:07
岩内、懐かしい名前です。
乗鞍にいた頃、11月下旬の暇な時期になるとまとまった休みを取って北海道に出かけました。白馬を抜けて真夜中の直江津港からフェリーに乗り、次の日の夕方岩内港に着きました。
一度は吹雪の日に到着して車が立ち往生した記憶があります。
懐かしき若い日々の思い出です。
こんばんは (ラパン)
2016-10-12 22:57:57
ず〜と見ていたいくらい(実際見ていましたが)素敵な写真ばかりですね

言葉が出てこないです・・・

本当に綺麗な写真をありがとうございました

そして、ずっとこんないいお天気にしてくれた神様にも感謝です・・・
きっと、頑張っていた錫杖さんに神様からのご褒美だったのかもしれませんね*
Unknown (イワン)
2016-10-13 11:41:11
白波の青い海と岬、青い空に白い雲を超広角で撮影、癒されますね。

本当に良い時季に来られたと思います。

真冬の海は波が荒れ狂い、海水が泡立って、雪のような白い花が空中を舞います。
地吹雪になるとホワイトアウト状態で、車を運転していても位置関係が、3次元で分からなくなります。
止まれば追突される危険、そのまま走れば追突、道路離脱の危険と恐ろしいですよ。

紅葉シーズンですから、撮影に行きたいのですが、なかなか行けません。
錫杖さんの写真を楽しみにしていますよ。
Unknown (錫杖)
2016-10-13 15:54:27
PAPAさん

アハハ
スイスを思わす貴女ですね

今日は富山の名山を2座登りましたよ
ガスガスの山旅でしたよ

スマートフォンなんでコメントが短め
老眼なんでやりにくいよー
Unknown (tane)
2016-10-14 12:48:27
錫杖様

こんにちは(*^-^*)

お天気にも恵まれ、大海原の景色も
とても素晴らしいですが、
それにも増して、秋の夕日にススキの穂が
キラキラ輝いて、今後の錫杖さんの旅に
素敵な華をそえる、そんな風景に
見えました。
特に、最後の写真、大好きですねぇ。。
(*^-^*)

ほんとなつかしや〜 (錫杖)
2016-10-15 08:47:15
風のたよりさん

東日本フェリーですね
わたしは乗った事がないですが、直江津から岩内だと時間短縮で利便性の高いフェリーだったようです。
 乗鞍の11月 うんうん 暇でしたね 静寂 黄金の唐松林 雪を被った乗鞍岳 1年で一番好きな季節でしたよ

 日本海側の吹雪 すごい経験ですね
わたしも冬のシバレル北海道 旅してみたいなあ
いつまでも見ていたい風景 (錫杖)
2016-10-15 08:52:48
ラパンさん
おはようございます。

ほんといつまでも眺めていたい風景ってありますよね
 今回の旅は、づっとそのような風景と出会ってばかりでした。
 なんて北海道は自由なんだろうって
今回はいとこどりでしたが、土砂降りの北海道も知ってます。 今回は神様のお力添えが大きかったなあと思える事が多々でしたよ
 きょうも1日 元気でがんばろう
Unknown (錫杖)
2016-10-15 13:26:59
イワンさん
こんにちわ

白波の青い海と岬、青い空に白い雲を超広角で撮影、癒されますね。

本当に良い時季に来られたと思います。
はい、天候はラッキーの一言につきます。
でもコースの選択はイワンさんブログに影響を受けました。 日本海側をドライブしてみたいと夢が膨らんでおりました。

かなり好印象ですよ 高速代もかかりませんからね

ホワイトアウトは 体験したくないですね
229号線はパトカーがいないのか 走る車がいないのか 知らず知らずにアクセル踏んでしまいました
あれが冬ならとてもあのスピードでは走れないですね

危険な道と理解できました。
でも冬の景色も見てみたいですね
Unknown (錫杖)
2016-10-15 13:35:08
taneさん

また山旅に出ておりました。
足ガクガクです。

今回はお天気 1勝1負です。
北海道の旅は、わたしに命の洗濯をさせていただけましたよ
 何より それは写真に表現されているのではないでしょうか
 マイナス思考でこの景色に出会っても こうは撮れないものです。
 よほど爽快な気分になれたのだと思います。
みんなドキドキ (やま・ゆり)
2016-10-23 10:51:08
錫杖さんの撮る風景、山も海も空も大地も、みんなドキドキの感動があります。
この海の風景、小樽発新潟行きのフェリーで見た風景を思い出しました。^^

それから錫杖さん、文字がセンター設定になっているからでしょうか、文字が飛ぶような感覚で見えます。
これも狙ってる演出でしたらごめんなさい。
「落ち着く指定席」の時は左側揃えでしょうか、飛びません。
気付いたままに、すみません。
ありがとうございます。 (錫杖)
2016-10-23 11:49:24
やま・ゆりさん

山形県の秋は深まってきましたか。
わたしの撮る風景。
そういっていただくと
撮影した甲斐もあります。
 いつだったかなあ
旅していて、この素晴らしい風景をみなさんに見てもらいたいと思った事があります。 ブログはその夢をかなえていただいたんですね。
 写真中心のブログですが、訪問者の総数が月を追う毎に増えてきてるのは、何らかの刺激を与えているのかなと感じてます。
 少し前にブログをやりきった感が自分の中に芽生え、もうやめてしまってもいいかなと思った事がありました。
 でも今回の北海道の大自然を目の当たりにしてまだまだ私の世界感は膨らむなと思いました。 
 文字設定ですね わたしのパソコンはMacでちゃんと揃ってるんですよ
 左揃えのがいいかもしれません。
これからも 自分の価値観に磨きをかけるべく山に旅に海に出かけたいと思います。
 いつもいつもありがとうございます。
学校の先生の様な暖かみを感じてます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。