錫杖流(しゃくじょうりゅう)

紅葉へ向ってますね

旅の始まり 白馬村 青鬼の棚田

2016-11-20 | 撮影旅行

旅は、信州白馬村は、棚田で有名な「青鬼」より始まりました。 快晴を期待して当初は朝焼けの白馬三山の撮影から始まる予定でした。

されど意地悪な気圧の谷がアルプスに当り、山々には厚い雲が被っていました。

山の天気はほんとに読むのが難しいものです。

 予定を急遽変更。 撮影なれてみえるtakayanさんならどこへお連れしようが全く大丈夫。 

そのロケーションにすぐさま対応頂けます。 朝6時頃だったでしょうか。 駐車場に着くと1枚目の風景が目に入りました。 

 

 

 

ここ青鬼地区は、山の西面位置し太陽の光が届くにはまだまだ時間がかかります。 朝霧と遊んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村の歳時木 「コブシ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

  

 

 

 

 

 

10

もう少しだけ村を歩いてみましょう。    予想外の雨がポツポツと降ってきました。

 

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しき立山 プロムナード | トップ | 里山の風景に癒されて  青鬼 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
青鬼 ()
2016-11-20 05:20:35
なるほど最初は青鬼ですか。
玄人好みの白馬三山ビューポイントですね。
#3は遠見の尾根にも見えますが・・
違うかな。
#5の「歳時木」良いネーミングです。
もう来年に備えて栄養を蓄えている感じがします。
#6錫杖さんらしいショットですね。
takayanさんとの競演。
いよいよ始まりますね。ワクワクしてます。

Unknown (takayan)
2016-11-20 07:30:40
おはようございます。

流石に仕事が早い。
takayanは、1日遅れでアップしようと思います。
なぜなら・・・撮影場所や山の名前などがよく分かりますから(笑)

17日、白馬村の朝は生憎の空模様。
白馬三山の朝焼けの撮影は諦め、急遽山あいの「青鬼」の棚田へ。
この辺りを知り尽くした、錫杖さんが居ればこそでした。
何処も初めての場所で、ファインダー越しに見る早朝の棚田風景に感動しました。

トップの朝焼け、同じような構図で撮りましたが、takayanはもう少しひいた構図になってました。
錫杖さんの後を付いて回っているので、よく似た構図が多くなると思います。
でも望遠側が200mmまでしかないので、その違いが出てくるでしょうね。

8番、同じようなのを撮ってるな・・・やはり写真に対する思考が、何処か似ているように感じています。
明日から後追いでアップしていきますね。

綴っていくたびに、もう一度同じコースを旅出来るようですね。
青鬼棚田 (錫杖)
2016-11-20 08:56:32
信さん

ここ青鬼は 土門拳さんが写真集で紹介したことで有名になりました。
 3番 遠見尾根ですね さすがです。

歳時を司る植物はたくさん田舎には見られますね そんな事を垣間みるのも旅の良さだと思う様になりました。
 ここは水張りの5月後半は素晴らしいですよ
 何気ない6番の風景が無性に好きな錫杖です。 こういう風景が美しいなあと思うのはわたしだけでしょうか いや信さんもきっとそうですよね
Unknown (錫杖)
2016-11-20 09:02:24
takayanさん
この辺りは約20年通ってますから撮影地のガイドは任せておいてください。
 雲の流れや光の位置に応じて撮影場所を移動する知識もこの地で学びました。
 
 写真の良さは、光と影のバランスだということもこの白馬で学んだ事なんです。

 先行してアップしていきますが、後日takayanさんの作品を見ては 「なるほど」と膝を打つわたしが今から容易に連想出来ます。(笑)

 8番 やはり輝いていましたからね 

立山室堂はなんと雨降りですよ
 地肌が見えて来ています。
こんなの未だかつてないくらいです。

 改めて私達の上山した日はラッキーでしたね
Unknown (えれぇこった2号)
2016-11-20 09:06:47
錫杖さん、おはようございます!!
いきなりトップの写真素敵ですね。
どの写真も素敵ですが1.3.4が好きです♪
これからUPされる白馬三山が楽しみですね(o^^o)
すごっ! (chidori)
2016-11-20 09:43:22
ちょうど同じころ、白馬に1週間滞在したことがあります。全国のうたごえ祭典でした。
確か寿里庵❓だっかな?に10人くらいで滞在しました。
それにしてもどの1枚も素晴らしいですね。
毎朝すぐ近くのロープウエーのある山を歩きました。もちろん有名なジャンプの❓・一番上まで登りました。こんなにきれいに見せていただいて懐かしさがよみがえってきました。
錫杖様へ (池 千之助)
2016-11-20 09:53:12
おはようございます。

白馬村、青鬼(あおに)集落へのお出掛け、
お疲れ様でした。
ここ地元のTVローカル番組でも、
ときたま、ここを題材にして、オンエアしています。
青鬼集落は、確か十数軒の民家だったと思いますが、
信州を代表?するような情緒感溢れる田園風景だと思っています。

又、白馬ジャンプ台、
久し振りに拝見させていただきました。
もう18年前になりますが、
1998年2月長野冬季オリンピックで、
日本団体、船木、原田、岡部、もう一人の四選手が
金メダルを獲得したのは、今でも思い出されます。
最後、原田選手がジャンプした時は、
「イケイケ……!」と、TV画面に向かって応援していました。

錫杖さんがちょうど太陽の光を上手く捉えられて、
周りの山々の紅葉と、
ジャンプ台の輝くグリーンの調和を見せて、
より印象付けられたと思います。

ですので、当時、歓喜に沸いたあの風景がしっかりと目に浮かびます。

青鬼集落の方から、
高倍率のレンズでお撮りになられたのでしょうか?

数年前に、私も岩岳ユリ園や白馬村へ行った折りにジャンプ台は見て来ましたが、
これだけ離れた距離からの全体像は
周りの雰囲気も見れていいと思いました。

それと、トップのお写真、
木々のシルエットの周りと
朝焼けの雲のすき間が、ドンピシャで
最高な瞬間を上手に捉えられましネ!
恐らく、上空で雲が速く流れていれば、
このすき間が崩れてしまったかと思います。
自分も大好きなお写真です。

お見事での一枚かと思います。


Unknown (はりさん)
2016-11-20 10:08:35
信州の山里の晩秋というか
初冬というか落ち着いた風景ですね。
ちらっとアルプスも見えて
「旅の始まり」は、
ゆっくりと幕が上がってゆく感じです。
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2016-11-20 10:12:38
朝の光が柔らかく山を染めて行く様子は
良いですね(^^♪
霜に凍る葉っぱはお菓子のように見えますね、
光の中でジャンプ台?に違和感を
感じます。
おはようございます。 (pooh)
2016-11-20 10:14:56
八方のジャンプ台、紅葉できれいですね~
スキーで良く通いつめた白馬ですが、紅葉の時期の
白馬に行ったのは、2回くらいかな?
山歩きはしないので、白馬で温泉に浸かりたい~~(笑)
「旅の始まり」ですから次の写真が楽しみです♪

コメントを投稿

撮影旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。