錫杖流山歩きの記録

珈琲が美味しい季節です。

蓮華の花 穴虫の郷 その1

2017-07-15 | 花日記

いつもブログで情報をいただいてるそらママさんのブログから

私の住む町にも蓮華の郷がある事を知りました。

実は名前は知っていたのですがどこにあるのか所在が判らないままでした。

蓮の花は、朝の光に反応し咲き昼過ぎには萎み始めます。

7/8 夕方6時頃、始めての訪問に参りました。

家から7〜8分といった近い場所にありました。

亀山市には藤の寺やササユリの里・花しょうぶ園、そして蓮の郷まであるじゃないか

ほんと恥ずかしいくらい灯台下暗しでした。

なぜか観光課のない市ですの

郷土の花暦ポスターを作ってみたくなりました。



2

50mm マクロ






天上界にいるみたいな工夫がなされてます。







展望台までつくってあるんですよ






5







600mm






7






8









9











10

180mm マクロ







11







12







13






14

富山県側からは、北アルプスの事を「大蓮華山脈」と呼ぶことを昔教えくださった山の先輩がいます。

大笠山という白山の前衛峰に登った際、知り合った高岡市の男性の方でした。

メール等の無い時代、その方とは何度か文通を行いました。

毎回、写真入の封書が届きました。

内容は、富山県の山の素晴らしさ。雪の多さが自然を育んでいるとのものでした。

信州100名山を終え、次の目標が越中の100山になったのもこの先輩のおかげです。

大蓮華という言葉に雄大なアルプスをイメージしながら

蓮華の里、「穴虫の郷」を訪問したのでした。



この蓮華の蕾を見て翌日再訪して花が咲く姿をどうしても見たくなったのでした。



つづく





『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乗鞍岳に遊ぶ その5 番所大滝 | トップ | 蓮華の花 穴虫の郷 その2 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大蓮華 ()
2017-07-15 05:47:25
お早うございます。
大蓮華
錫杖さんの思考の骨格を感じるようなエピソードですね。
少しググってみると
大蓮華山保勝会なる山岳会があったり
みんなのうたの「大蓮華賛歌」だったり
たくさん出てきます。
そういえば大池から上がると、小蓮華山が手前にありますよね。
蓮の花に大蓮華、北アルプスを想う錫杖流の思考
なるほどと感じ入りました。

11番、これを齧るととても美味しいですよ。館林の城沼で食べたことがあります。
今日は蕾で
明日は大輪の花咲く大蓮華
楽しみですね。

Unknown (はりさん)
2017-07-15 08:44:02
自宅から10分もかからないところに
こんな素敵な蓮の郷があったのですか。
錫杖さんも知らなかったなんて驚きですね。
観光課がないのなら錫杖さんが
観光大使になって宣伝するしかないですね。
「大蓮華山脈」雄大な感じがしますね。
小蓮華山には登りましたが‥。
Unknown (えれぇこった2号)
2017-07-15 08:51:15
錫杖さん

おはようございます♪

蓮華綺麗ですね。。。近くに撮影箇所が何箇所もあって四季折々たのしめますね!
私が生まれ育ったのが、山口県の岩国って所なんですが蓮の産地だったんで
蓮華は身近に感じます♪
神聖なお花って感じですよね!
Unknown (takayan)
2017-07-15 09:17:33
おはようございます。
takayanも穴虫の郷の蓮をたくさん撮ってきましたが、
殆どがAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRでの撮影でした。
テレコンも少し使いました。
素敵な場所を教えてくれた、そらママさんに感謝ですね。
先ずは蕾からですか?憎い演出ですね。
takayanはなかなか蓮に行き着きません。
頑張って追いかけますね。

今日も暑い1日になりそうです。
Unknown (錫杖)
2017-07-15 13:06:58
信さん

これ食べれるんですか
知りませんでした。
 蓮の園に入ると天上界に来たかの錯覚になりますね 信さんの古代蓮迄はいきませんが
ここは地元のボランティアさんが管理されてるんですよ たぶん市の補助金なんてもらってないと思いますよ

大蓮華山保勝会のOBの方です。
ドンピシャです。
ご存命なら80歳過ぎ 富山弁の強烈さをはじめて体験した御仁でした。
 雪をたっぷりいただいたアルプスの峰々は天上界に見えるのでしょうか
 たしかに春に雪倉や毛勝三山を眺めると神々しさと威厳に満ちた山の品格を感じます。 越中の人々は尊崇の念をもって大蓮華と賛辞した呼称になったのだと思います。

 
Unknown (錫杖)
2017-07-15 13:12:07
はりさん
今度ポスターデザインを遊んでみようと思います。(時間があれば遊び感覚で)

 当市には、素晴らしい花の観光資源があるのにうまく活用しないのはもったいないですね  市の花は花しょうぶなのですが税金でまかなってます。ココの蓮園は民間でもなくボランティアによる地域の結(ゆい)づくりの場 こんな場所をもっとPRしないといけませんね
 小蓮華はこれんげと読み 大蓮華も同じくおおれんげと読みます。
 主に雪倉・朝日を指した呼称のようです。
Unknown (錫杖)
2017-07-15 13:16:27
えれぇこった2号さん

 蓮根の花ですね
そう思うと植物用なんですが、花だけ見たら天界の花 たべてはいかんだろうと思ってしまいますね
 夕方に来て ポテンシャルの高さに気付き翌日もその翌日も何度も通うことになりました。 お盆に向って咲く花 蓮華 先祖様を偲びながらいろんなことを考え撮影しています。
Unknown (錫杖)
2017-07-15 13:44:05
takayanさん

ここの蓮は背が高いですから、脚立がいるようなところもあります。
 そういう意味でも蓮沼を横断する廊下の演出は素晴らしいですね
 ここは紫陽花の種類も多く 来年は蓮の花が咲く前からでも撮影によってみようと思います。
家から近い撮影ポイント ありがたいです。
 わたしも150-600mmを多投してます。
この日の撮影はすべてJPEG撮って出しでした。 雨上がりの蓮の園 何度も通って見えて来たアングルもありますので、全部で5回くらいにわけて連載していこうと思います。
こんにちは(^^)/ (hiroko)
2017-07-15 15:08:40
そんなに近くに良い所があるんですね(^^♪
羨ましいと思います。
大阪の真ん中に住んでると見渡す限り
コンクリ-トジャングルです

沢山の蓮の蕾 朝が早かったんですか
まだ咲いてませんね、
咲いたところのアップも楽しみにしています。
Unknown (錫杖)
2017-07-15 19:12:21
hirokoさん

こんばんわ
はい かなり近い場所にあったのです。
でもその場所は、いつも車で横をするだけで
道から奥に一本入った場所にあります。
 その道を入れば行き止まりになると思っているので何もないと思ってましたのが見落としの原因ですね

 今年は通算6回通いました。 自分でもびっくりするくらい蓮の美しさにハマりましたよ 不思議な引きつけるパワーを持った蓮の花ですね 
 はい 明日も楽しみにして下さいね

コメントを投稿

花日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。