錫杖流

信州と越中富山の山々に出没の平日ハイカー
NikonD800Eを手持ちで撮り歩きしてます。

落ちつく指定席

2016-10-20 | 日記

毎日、忙しくやっております。 ネタがないので、いつもの山頂からの1枚。ここまで陽が傾くと下山は真っ暗になります。少しでも夕焼けないかなと1分1秒粘ります。 不思議なもので陽の傾きと同時にひやっとした風が流れるてくる。すると鹿の鳴き声が森の中から届いてきます。 これが例えが悪いかもしれませんが、女性が発生した悲鳴にそっくり。動物達は大気の変化に反応し本能が覚醒するのでしょうか。自然の摂理を肌で耳で感じながら今日という一日を見送ります。 とっても落ち着く夕暮れの山頂。677mからの風景です。 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凛とした朝に | トップ | 越中の名山 僧ヶ岳・駒ヶ岳 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-10-20 06:45:52
おはようございます。

登り慣れた山頂では、ちょっとした風や気温の変化も感じ取れるのですね。

自然に対する感受性の高さと言うか?
そんなところが、写真の素晴らしさに通じているのでしょうね。





Unknown (はりさん)
2016-10-20 08:37:27
いつも雄大な景色を見せていただき
ありがとうございます。
鹿の鳴き声ですか。
百人一首に、こんなうたがありましたね。
「世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる」
でも、悲鳴のような鳴き声では
情緒がありませんね。

Unknown (マダム・グラハン・洋K)
2016-10-20 12:05:35
こんにちは
夕陽が輝いて届いています。

本当に輝いているんです。この写真良く撮れましたね。
目がつぶれないのかな?
Unknown (錫杖)
2016-10-20 19:34:21
takayanさん

今日は夕方急いでカモシカの湯に夕方に行ってきました。リタイアの方ばかりでしたがほんとに癒されようとされてる方ばかりでした。

普段なら声をかけるのですがそれには及ばずこのモミジのかもしか荘に俗世間を忘れて来てる気持ちが伝わるのでした。

温泉は万民に対し、平等でいいなあと思う一日となりました。

25年ぶりの山に登りましたよ
来月は旅にいきませんか
Unknown (錫杖)
2016-10-20 19:39:46
芭蕉先生の如し はりさん
世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

なるほど
わたしもこの句を詠みながら秋山を噛み締めたいと思います。
鹿の鳴き声は暗闇に一寸の光さえ感じ取ることがありますね 
 
こんばんは (PAPAさん)
2016-10-20 23:30:01
いいなあ~
しばらく見入りましたよ。
素敵な景色はいろいろな事忘れさせてくれます。

今 ご主人様具合悪し!で またカメラのこと相談に乗って下さいね。

今度バラ園に撮影会にいくのですが 反射板もってくるように言われてるのですが みつからなくて・・・必要でしょうか?
Unknown (錫杖)
2016-10-21 09:45:18
マダム・グラハン・洋Kさま

おはようございます。
逆光線にある太陽は日中はしませんが、
朝陽夕陽はよくカメラを向けますね。

照度を合わすのが大変で10枚くらい撮り直しています。
 最近は、空の写真が増えてきました。
我が心を投影してる景色なのかなって
自分で思うのでしょうか
 洋kさんの眼にはどのように映るのでしょうか。
Unknown (錫杖)
2016-10-21 12:01:48
PAPAさん

はい カメラですね
今使ってる機種とかレンズとか
また基本撮りたい被写体を教えてくださいね。風景写真か人物写真か花写真なのかなどなど

薔薇には反射板 威力を発揮します。
段ボールに銀紙を張るだけでも効力を発揮しますよ。ぜひお試しあれ。

カメラ講座なるものに参加したこともなく
自己流なんで、間違った解釈してるかもしてませんが、よろしくどうぞ(^^)
Unknown (静江)
2016-10-23 22:14:34
わたしもあなたが通い続けてる山頂で落ち着きの景色を眺めたらなあ
おなたは田舎にいる分
恵まれてるよ
Unknown (錫杖)
2016-10-26 08:29:21
静江さん

いつの間に
見落としてました。反省

ほんと近くにある山は母なる山
この山に助けられてます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。