人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

クラシック・コンサートを聴いた感想、映画を観た感想、お薦め本等について毎日、その翌日朝に書き綴っています。

ラ・フォル・ジュルネ音楽祭2日目(5日)公演その2~アレンスキー「2台のピアノのための組曲第1番」,ショーソン「ヴァイオリン,ピアノ,弦楽四重奏のためのコンセール」

2017年05月06日 08時15分26秒 | 日記

6日(土)その2.よい子は「その1」から見てね  モコタロはそっちに出演しています

 

       

 

昨日,午後5時15分から東京国際フォーラムのホールB7で「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」公演番号224のコンサートを聴きました プログラムは①アレンスキー「2台のピアノのための組曲第1番」,②ストラヴィンスキー「サーカス・ポルカ」,③コープランド「キューバ組曲」です 出演はロシア人コンビ,ピアノ=ボリス・ベレゾフスキー&アレクサンドル・ギンジンです

自席は21列38番,左ブロック最後方の席.舞台が遠いです

二人の演奏者が登場しピアノに向かいます.向かって左側がベレゾフスキー,右側がギンジンです ベレゾフスキーも体格が良い方ですが,ギンジンは横に体格が良いタイプです

1曲目のアレンスキー「2台のピアノのための組曲第1番」は,第1曲「ロマンス」,第2曲「ワルツ」,第3曲「ポロネーズ」から成ります このうち「ワルツ」は耳に馴染みやすい曲想で,単独に演奏されることも多いようです 3曲ともタイトル通りの曲想で,二人はロマンティックに,また叙情的にアレンスキーの世界を表出していました

2曲目はシューベルト「幻想曲ヘ短調」です シューベルトはこの曲を作曲した半年後に31歳の若さで死去しました そういう意味では最晩年の作品です.モーツアルトの35歳といい,天才ほど早逝しますね この曲を連弾するに当たり,右側にいたギンジンが自分の椅子を左側に持ってきたのですが,そこで,ベレゾフスキーとの間で何やら会話が交わされました ベレゾフスキーが「そんなに近くに椅子を置いたら身体がくっついてピアノが弾きにくくなるよ(そうでなくても”席取り”なんだから)もっと離してくれない?」とでも言い,ギンジンが「そんなことないと思うけどな.まあいいや離すよ」とでも答えたのではないか,と勝手に想像しました 聴衆の笑いを誘っていたので「中らずと雖も遠からず」だと思います

この幻想曲は,シューベルトの曲の中でも有名な曲ですが,驚いたのは身体の大きさに似合わず,ギンジンの演奏が繊細なものだったのです 弱音がとても綺麗です

次いでブラームスのワルツ集「愛の歌」から数曲が連弾で演奏されました この曲は,この日にローザンヌ声楽アンサンブルで聴いたばかりでしたが,ピアノ連弾で聴くと,「同じ曲を聴いているのか?」と疑問に思うほど異なる趣を感じました しかし,これはこれでまったく違和感がありません さすがはブラームスだと思います

次にストラヴィンスキー「サーカス・ポルカ」が2台のピアノで演奏されます 今度は向かって左がギンジン,右がベレゾフスキーです.また二人がこそこそ話し合っています そのうちベレゾフスキーが舞台袖に引っ込んでしまったので,てっきり口喧嘩でもして,ギンジンが一人で演奏するのかと恐れていましたが,そのうちベレゾフスキーが楽譜を携えて再登場しました.何のことはない,楽譜を舞台袖に忘れてきただけのことでした 商売道具を忘れてくるなんて,どうなのよ?

「サーカス・ポルカ」はバランシン振付によるサーカス小屋のバレエのために作曲された作品ですが,踊るのは象です 「50頭の象と50人のダンサーのための新作バレエ」として初演されました 聴いてみると,なるほど象がダンスを踊っているようにも聴こえます とても面白い曲だと思いました

最後は2台のピアノでコープランド「キューバ舞曲」が演奏されました この曲は1942年にコープランドとバーンスタインのピアノにより初演されました.ノリのいい曲で,二人のピアニストの掛け合いが面白く聴けました

 

       

 

演奏後 外に出ると,地下のEホールでは曽我大介指揮アマデウス・ソサイエティー管弦楽団がベルリオーズの「ラコッツィ行進曲」を演奏していました

 

       

 

次いで,午後7時からホールB7で公演番号226のコンサートを聴きました プログラムはショーソン「ヴァイオリン,ピアノ,弦楽四重奏のためのコンセール  ニ長調」です 演奏はヴァイオリン=二コラ・ドートリクール,ピアノ=マタン・ポラト,弦楽=アルデオ弦楽四重奏団です

自席は6列34番,右ブロック左から4つ目です

演奏者の6人が登場します.ヴァイオリンの二コラ・ドートリクールはヴィエニャエフスキ国際コンクール等に入賞している実力者,ピアノのマタン・ポラトはイスラエル出身で,ジュリアード音楽院修士課程を修了しています アマデオ弦楽四重奏団は2001年にパリ国立音楽院内で結成した女性4人のグループです ヴァイオリン=キャロル・プティドゥモンジュ,梁美沙(ヤン・ミサ),ヴィオラ=原裕子,チェロ=ジョエル・マルティネズというメンバーです

ショーソンの「ヴァイオリン,ピアノ,弦楽四重奏のためのコンセール」は,フランクの影響を受けた傑作です 第1楽章「アニメ」,第2楽章「シシリエンヌ」,第3楽章「グラーベ」,第4楽章「フィナーレ:トレザニメ」の4つの楽章から成ります 私がこの曲を生演奏で聴くのは今回で3度目です.演奏したピアニストで言うと,1度目は児玉桃,2度目は萩原麻未でした

第1楽章冒頭はピアノによる強打の和音によって開始されますが,このテーマがあとで繰り返し出てきます これがフランクの循環形式の影響があると言われる所以です ヴァイオリンもピアノも素晴らしいと思います アルデオ弦楽四重奏団の面々は一人一人が身体全体を使って曲にのめり込んでいる様子がうかがえます 聴きごたえ十分の演奏でした

会場一杯の拍手とブラボーに,ドートリクールが たどたどしい日本語で「オカワリ イカガデスカ?」とアンコールを仄めかし,第2楽章「シシリエンヌ」を演奏し,再度大きな拍手を浴びました

2日目(5日)の演奏は以上の通りです.疲れました 最終日の今日は7公演聴きます.いざ

 

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラ・フォル・ジュルネ音楽祭2... | トップ | ラ・フォル・ジュルネ音楽祭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。