旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

小牧基地オープンベース2017 寅さんのミリタリーな休日

2017-03-20 14:45:47 | その他

新聞報道によれば6万3千人が訪れたそうだ。

 

春の空を普段は見ることができない航空機が飛び回る。

 

 基地内では近距離から迫力ある光景を目の当たりにできるのが航空祭の魅力。

 

 小牧基地の創設は昭和19年までさかのぼる。

 

 陸軍航空隊の小牧陸軍飛行場として運用が開始された。

 

 現在では第1輸送航空隊としてC-130HとKC767J、救難教育隊はU-125AおよびUH-60Jを運用する。

 

 各基地から飛来した戦闘機も展示され、

 

 ファンにとって時間を持て余すことはない。

 

 老兵の貫禄が漂うF-4EJ改

 

 最新鋭にして世界最強の対潜哨戒機P-1

 

 お隣の岐阜基地からはC-2もやって来た。

 

 飛行機好きのマニアから子供まで、皆が楽しめたミリタリーな休日でした。

2017年3月 愛知県春日井市

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小牧基地オープンベース20... | トップ | 北野天満宮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。