旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

垂井曳山まつり2017 其の四

2017-05-19 22:23:11 | 垂井曳山祭

 「紫雲閣」の芸題は「傾城阿波鳴門 どんどろ大師」

 

大阪は天王寺、どんどろ大師善福寺の門前で尼の妙天さんと妙珍さんが 茶店で一服していると・・・

 

 そこへ巡礼姿のお鶴が現れる。 そして有名な名台詞 「国は阿波の徳島で、父様の名は十郎兵衛、母様はお弓と申します」

 

 故郷に残したはずの娘が巡礼姿で現れる、母親とは名乗れない。

 

 けな気な娘と情けの濃い母に訪れた偶然の悲劇。

 

 ここ数年、各地の子供歌舞伎で上演されており見比べるのも祭りファンにとっては一興である。

2017年5月 岐阜県不破郡垂井町

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 垂井曳山まつり2017 其の三 | トップ | 垂井曳山まつり2017 終章 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。