旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

村国座子供歌舞伎2016 後編

2016-10-13 21:10:53 | 村国座子供歌舞伎

 普段はひっそりと雨戸を閉ざした芝居小屋が華やぐ時。

 

 歌舞伎三大名作の一つ「菅原伝授手習鑑」

 

梅王丸か、桜丸か、話すことあり、聞くことあり、是非もなき世の有様じゃな~

 

お馴染みの台詞で始まる 三段目「車引きの場」

 

 梅王丸は筋隈と呼ばれる血気盛んな性格を表す赤い隈取。

 

 桜丸は若々しく正義感に燃えるむきみ隈。

 

 まるで役者絵から抜け出たような・・

 

 美しすぎる桜丸。

 

 各務の菊五郎と呼びたくなる。

 

 片寄れ~ 片寄れ~

 

 桜丸!! サア~ 来い、来い、来い!!

 

 時平公の御車と知って止めたかー!!

 

 梅の花が香る吉田神社前で・・

 

 梅王丸、松王丸、桜丸という三つ子の兄弟が出会います。

 

 二本隈は松王丸の力強さと聡明さの証し。

 

 ここからは歌舞伎の様式美を楽しみたい。

 

 出た!! 悪の権化’ダース時平公’

 

 時平の鋭い眼光に梅王丸と桜丸は震えて動けません。

 

やあ、おのれにも言い分あれど、親人の七十の賀、祝儀すむまで、のう梅王

 

 そうだ、その上ではな、松の枝々へし折って、敵の根を断ち、葉を枯らさわ

 

 梅は飛び 桜は枯るる世の中に 何とて 松のつれなかるらん

 

恒例のおひねり投げでお開きです。

2016年10月 岐阜県各務原市

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村国座子供歌舞伎2016 前編 | トップ | 秋の高山祭2016 其の一 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。