しねまぶっくつれづれだいありー

思うがままに映画、本、演劇,音楽などすきなことについて語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きみに読む物語(2/8 幕張)

2005-02-09 20:40:02 | 映画
『ひとつの決断で最高のパートナーを得る至福』

 私の好きなジャンルの映画であり、公開を楽しみにしていました。
 とはいうものの、予告を観ているときは、若い2人の恋愛が主体なのだと思っていました。
 ところが、観ていくうちにその考えが短絡的であったことがわかります。この映画は、たった一人を愛し続けることの崇高さこそがテーマだと思うのです。

 富豪の娘アリーと材木置き場で働くノアが身分違いの壁を乗り越え、お互いがお互いを選ぶまでの若き日の二人の恋愛過程は、恋愛映画の王道をいっています。
 ノアを「いい人だけどクズ」というアリーの両親により、二人の「ひと夏の恋」にピリオドが打たれる‥しかし、あきらめられないノアはアリーに毎日365通の手紙を書くのですが、手紙は母親によってアリーには届かず。ついに、二人は年月と距離という障害に阻まれてしまいます。しかし、かつて二人が夢描いた家を一人完成させたノアの姿を偶然、眼にしたアリーは婚約者を大切に思いながらも、ノアに会いに行くことを止められず、「ひと夏」を過ごした地に向かうのです…
 このストーリーだけでも、恋愛映画好きの私は楽しく観ることができました。

 しかし、ストーリーの核は二人が二人でいることを決断した後にあります。
 アルツハイマーという病に冒されたアリーは、二人が過ごした大切な日々の記憶すらも忘れてしまいます。「老人性痴呆はなおらない」という医師の言葉にも屈することなく、ノアはアリーに語り続けるのです。
 恋愛映画は普通、二人が結ばれるところで終わります。
 でも現実では、若い二人が結ばれた後にこそ、永い人生が待っている。その永い歳月には、きれいごとではすまされない、恋愛時代には予想もしなかった困難もあるに違いありません。愛する人から自分の記憶が消え去ってしまう恐怖は私には想像することすら難しいです。それでも、何が起ころうとも愛する人を愛し続けることができたなら、そして、愛する人から愛されていることを信じられたなら、人にとってこれほどの幸せはないのではないでしょうか?

 私は彼らのように人を愛する自信はありません。
 それでも、つい、あんなふうになれたならと想ってしまうのです。
 最近ふと、自分の人生の未来を考えることがあります。そんな時期に出会えたこの映画は、もやもやとした不安を穏やかな素敵な気分に変えるスパイスとなってくれました
コメント (21)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スパイ・バウンド(2/1 ... | トップ | 山あり、谷ありの北海道~ »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
年齢差・・・ (kossy)
2005-02-09 21:21:33
若い二人の恋愛模様についてしか述べていない感想が多いですよね・・・多分、若い人なんでしょうけど。

その辺りの温度差は『ビッグフィッシュ』のとらえ方にも似てるのかもしれませんね。
★kossyさま★ (tora-mie)
2005-02-10 01:06:26
相互TB&コメントありがとうございます。

若い二人の恋愛模様…特に予告をみて入っちゃうと、どうしてもそちらに重心がいってしまいそうですよね~。



『ビック・フィッシュ』、そういえばあの映画も私はお風呂にいっしょに入っちゃうシーンとか大好きでした♪

トラックバックありがとです。 (でんでん)
2005-02-10 17:51:37
トラックバックありがとです。この作品の重要なのは二つの時間軸、特に同じ視点で愛し続けるノアの立場。しかも過去も今も見えない壁...そしていずれも成就するところ。ただ彼らの最後は理想的であり、余計に泣けてきました。

ちなみに今年は映画を観て泣いてばっかりでございます(笑)
ありがとうございました (みみこ)
2005-02-10 20:05:34
はじめまして。

TBありがとうございます。

後半の展開は予想外でした。

思わず泣けてきてしまいますよね。

人生歩んできて良かったと思えるパートナーに

出会いたいですよね・

こちらからもTBさせていただきますね。
TBどうもです! (狸御前)
2005-02-10 21:01:48
 はじめまして。

TBどうもありがとうございます!



 この映画は本当に素敵でした。

老夫婦の愛に勝つものはないな。と思います。

映像もキレイでしたね☆



 また遊びにきます!&TBさせていただきますね。
★でんでんさま★ (tora-mie)
2005-02-10 23:57:42
コメント&相互TBありがとうございます!



>ちなみに今年は映画を観て泣いてばっかりでございます(笑)



 私もです・・・(笑)

 あまりに涙腺がゆるいので、感想も甘いのではないかと思ってみたりもするのですが。

 でも、努力して涙を流しているわけではないので、心が映画に反応するって素敵なことだと思うようにしています!

★みみこさま★ (tora-mie)
2005-02-10 23:59:32
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます♪

理想的過ぎるという感想もあるみたいですが、こんなパートナーをみつけられたらいいなと思えるの…いいですよね~
★狸御膳さま★ (tora-mie)
2005-02-11 00:02:20
コメント、TBどちらもありがとうございます。

のどかな風景や美しい家もこの映画の暖かな雰囲気を増すいい小道具になってますよね。



わたしも、またお邪魔させていただきますね!!
コメントありがとうございます (nikidasu)
2005-02-11 01:45:26
はじめまして。TBとコメントが後先になってすみません。とても素直な映画の見方に思わず「パッチギ」と「レイ」のブログにもTBさせていただきました。「スパイ・バウンド」は近々観にいくつもりです。
★nikidasuさま★ (tora-mie)
2005-02-11 11:21:15
うれしいコメントとTBありがとうございます。

nikidasuさんのブログは、文章をじっくりかみしめて読める素敵なブログだと思います。私も勉強しなければ…

こちらからも、TBさせてくださいね。
TBさせて頂きますm(._.*)m ()
2005-02-13 17:02:37
泣きました(*ノ-;*)

期待以上の恋愛映画でした(*´∇`*)

TBでお世話になりました! (>ツボヤキより)
2005-02-14 06:36:46
どうもどうもTBありがとうございます!

最近、当方がアクセスする時間にアメブロは、なかなか混んでいるよーで、全くアクセスできなかったり、TBも出来なかったりで、時間だけが。。。

折角のいいご気分の映画に関して、あれこれ言いたい放題で申し訳ないです。ごめんなさいね。

★操さま★ (tora-mie)
2005-02-14 13:23:34
いつもありがとうございま~す!

私も泣きました、涙が流れすぎていろいろ大変でした(笑)

いい映画ですよね~
★ツボヤキさま★ (tora-mie)
2005-02-14 13:24:57
コメントありがとうございます。

物事にはいろんな見方がある方が普通なので、いろんな意見の方からTBしていただいたほうがうれしいです!

これからも、よろしくお願いしますね♪
TBありがとうございます (hiro-piro)
2005-02-15 00:34:48
いい映画でしたね~。

泣けました。



映画を見てあたしもいろいろと考えてしまいました。

残りの人生でただ一人愛していける人が現れるのかどうか・・・

こんな夫婦、歳のとり方をしたいものです。

私もですっ ()
2005-02-15 10:44:52
こんにちわ!

まったく知識を入れずに観に行ったんですが、やられてしまいました(^-^;

年老いた彼らをみて、私は絶対にここまで人を愛せないと確信?してしまいました(×_×;)

あはっ 旦那さんごめん<(_ _*)>ぺコリ
★hiro-piroさま★ (tora-mie)
2005-02-15 19:26:21
コメントありがとうございま~す。

重複してしまった部分はこちらで削除させていただきますね。



>残りの人生でただ一人愛していける人が現れるのかどうか・・・



 全くです。でも、まだ夢はすててませんよ

★海さま★ (tora-mie)
2005-02-15 19:28:53
いつもありがとうございます。



>年老いた彼らをみて、私は絶対にここまで人を愛せないと確信?してしまいました



えぇ~、そうですか?(笑)

でも、私もかなりというか全然自信ないですね~。ジコチューなんで
Unknown (キョヌ&バムセ)
2005-02-27 18:22:16
こんにちは。

TBさせて頂きました。



ノアとアリーのようになれたら…

そう思ってしまう映画でした。
★キョヌ&バムセさま★ (tora-mie)
2005-02-27 19:46:32
TB&コメントありがとうございます。



あの二人は人と人の関係として、最高だなと思いました。現実には難しいことだからこそ、奇跡の最期がこころにしみました
Unknown (Nob)
2006-03-08 03:44:14
初めまして。

公開時からかなり遅れていますがDVDで見ました。

ストレートな純愛に感動しました。

TBさせて頂きます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
きみに読む物語 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
愛は永遠」と言う事を教えてくれた映画でした。現代社会では枯渇している人間同士の触れ合い、本当の愛情を表した映画だと思います。 今は自分が誰なのかも覚えていない妻を思い出させる為にひたすら与えるだけの愛は本当に素晴らしい。心の底から愛情が深くないと出来ない
きみに読む物語 (ネタバレ映画館)
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか?  恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけが
『きみに読む物語』 (京の昼寝~♪)
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失
■映画「君に読む物語」(原題:The Notebook)★注意:ネタバレ近し (ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY)
映画「The Notebook」(邦題:君に読む物語) Directer:Nick Cassavetes ニック・カサヴェテス Screenwriter:Jeremy Leven ジェレミー・レヴィン Cast:James Garner ジェイムス・ガーナー Gena Rowlands ジーナ・ロウランズ Joan Allen ジョアン・アレン Ryan Gosli
純愛とは呼べない・・・では、なんと・・・?(きみよむの一撃!) (おもむくままに・・・!)
”きみに読む物語”  観ました!! 泣きました!!  ストーカーの行動にも似た若き青年の日の求愛とそれを受け止めた17歳の無分別。 世間知らずが引き起こす 大人の世界での風聞。  すべて今、私たちの周りにも形を変えて存在する恋愛模様、人生模様なのです。 それ
「きみに読む物語」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。 『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。 原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読む物語
きみに読む物語 (*Lifestyle.net )
きみに読む物語を観てきました。
「きみに読む物語」 (The Notebook) (俺の明日はどっちだ)
今から25年前に公開されたニューヨークを舞台としたハードボイルド映画の傑作「グロリア」はとっても好きな映画だった。 で、その映画で映画史上に残るヒロインとまで言われた主演のグロリアおばさんを演じていたあのジーナ・ローランズが出演し、しかもその「グロリア」の監
きみに読む物語 (ちょっとお話)
きみに読む物語 (2004 アメリカ)きみに読む物語・・行ってきました。場内すすりなく声がいっぱいしていましたよ。このお話は、老人パートと若者パートで構成される映画ですが、若者のストーリーのほうが時間的にも内容的にも濃いです。以下HPにUPしたものを多少端折っ
「きみに読む物語」 (ワイフワイフワイフ。)
「私はどこにでもいる平凡な人生を歩んできた平凡な男。でもただ一つだけ誰にも負けなかったことがある。 私には全身全霊を傾けて愛し続けた妻がいる。それだけで十分だ」  療養生活を送る老婦人(品があってとっても素敵!)の元に、 足繁く通う老人(男はやっ
きみに読む物語 (グリーントマトとマグノリア)
今日「きみに読む物語」観てきました最ーーー高に良かった泣きまくりましたよもうねぇ、全てがツボだね恋愛物好きな人には絶対おすすめです。あと、よく喧嘩するカップルとか。すごく人を好きになる事って、やっぱりいいよねと思わせてくれる映画です。最後のシーンがちょっ
映画『きみに読む物語』 (EVERSMILE(エバースマイル))
きみに読む物語原題:The Notebook監督:ニック・カサヴェテス脚本:ジャン・サーディ、ジェレミー・レヴェン音楽:アーロン・ジグマン出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー、ジョーン・アレン製作:2004年、ア
The Notebook(きみに読む物語) (Tio Tacaブログ [Dreams Come True])
 レンタルするDVDを探していたところ、BlockBusterの店員が「The Notebook、これいいよ。多分レンタルできるから週末見てみたら?」という誘いに乗って借りたのですが、いやーいい映画でした。慌ててネットで調べてみたのですが、日本では5日に公開されたばかりのようです。
きみに読む物語 (happy-go-lucky)
      ★ネタバレ注意{/ee_3/} いずとよく老人になった時の話をする。 うちの婆ちゃんは10年前にアルツハイマーを発病した。 だから僕にとって身近に感じる問題だからだ。 いつもきまってその話は、 いずは身体が小さいし年上だから僕が面倒みる。 僕は施設に入れ
#4:試写会:きみに読む物語 (::あしたはアタシの風が吹く::)
1月21日(金)[きみに読む物語]の試写会に行って来ました。 純粋で切なく、そして美しい純愛映画でした。。。 ストーリー:公式サイトより ---------- とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女性はし
きみに読む物語 (Teralinの覚え書き)
号泣というわけではないけれど、じわじわと涙が溢れる、そんな映画でした。 ストーリーは とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女性はしかし、情熱にあふれた若い時代の想い出をすべて失ってしまっている。そ
きみに読む物語 (Groovy Groovers)
原題: THE NOTEBOOK 監督: ニック・カサヴェテス 製作: リン・ハ...
きみに読む物語 (映画を観たよ)
カップルだらけなんだろうなぁ~と思いながらも 「純愛映画」を一人で行ったんだけど 意外にほとんど女性同士でした。 世の中でブ~ム?の「純愛」でした。 物語は簡単で創造はつきやすいです。 ですがちょっと違うんですよね~。 まず主人公のアリーがさっぱりしてるの。
きみに読む物語 (徒然日誌)
「きみに読む物語」を見に行った。 最近体が疲れているのに朝1ので行ったせいか眠いかーと心配したけど、全然大丈夫だった。 ストーリーは、とある療養所に暮らす過去の記憶をほとんどなくしてしまった女性に少しでもその人生を思い出させるよう読み聞かせをする男性。おじ
きみに読む物語 (映画の休日。)
アルツハイマーの老婦人に、愛を思い出して欲しい一心から、来る日も来る日も、物語を読み聞かせるデュークと名乗る老人。読み聞かせるのは、ノアとアリーの出会い、別れ、そして、再会までの愛の軌跡。
「きみに読む物語」 (ひらりん的映画ブログ)
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。
きみに読む物語 The Notebook (Sonic Death Monkey)
12 Feb 2005 (Roadshow 2005-08) 完全犯罪クラブでライアン・ゴズリング君がけっこう気に入ったので、彼みたさに『きみに読む物語』観に行ってきました~. これだけのキャスティングでなければ、ちゃちな映画だったかも?です。 感動する所は人それぞれでは? 感動する
きみに読む物語(2004)アメリカ (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
「I Love You」の重さを考えさせられる映画
きみに読む物語 (金言豆のコーナー)
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね~。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿と
きみに読む物語 (利用価値のない日々の雑学)
この作品をネタバレしない用にレビューを書くのは大変難しいが、既に、シアターやテレビ、サイトのストリーミング等で予告が流れているので、その範囲で書いてみようと思う。 この物語にはまず、根底に「障害」というキーワードを見つけることができる。最初は階級という
きみに読む物語 (シネマ パラダイス♪)
とても美しい映画でした。映像もお話も。どんな年代の人がみてもホロリときてしまうだろうな~。最近は、死んだ恋人を思う映画が多い中。生きてて永遠の愛がある。って思わせる映画でした。ほんとにそんなものが、あるのかは。。なんともいえませんが。^^;現実味があろうとな
「きみに読む物語」(劇場) (なつきの日記風(ぽいもの))
牧歌的風景、身分違いの恋、親との軋轢、王道を行くラブストーリー、正統派良い話。抑えた演出が胸を打つ。 原題:「The Notebook」 監督:ニック・カサヴェテス 原作:ニコラス・スパークス 出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローラ
きみに読む物語 (ミュージックファクトリーの活動日記)
こんばんわ、maiです。 今日の映画はこれを紹介したいと思います↓ 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 タイトル: きみに読む物語 バン!!今日はこの映画をご紹介しちゃいます。 この映画は、もともと小説「the notebook」という小説が超売れて、それ
きみに読む物語 (befounddead)
THE NOTEBOOK (2004年アメリカ) 2005/7/29@早稲田松竹 そんな予感はしてたんですが、案の定不覚にも泣いてしまいました。なんだかんだいって、この手の映画にうっかり泣かされてしまうこと多いです。あらすじはこことかからどうぞ。 「こんな都合いいことあるか
【映画】きみに読む物語 (としの備忘録 ~最近物忘れが激しい)
としです。
きみに読む物語 (気まぐれ気ままなブログ)
きみに読む物語・・・ご覧になった方いますか? 365通の手紙 白鳥の棲む湖 ・・
【洋画】きみに読む物語 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4演出3/脚本3/撮影3/音響2/音楽3/配役4/魅力3/テンポ2/合計27) 『評論』 教養も富もある富
きみに読む物語 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰に ...
レイチェル・マクアダムスが映画「きみに読む物語」で使用したコスメ (映画と海外ドラマとコスメ)
映画「きみに読む物語」でレイチェル・マクアダムスが使用したコスメ。メイク担当は Linda Grimes。 きみに読む物語 スタンダード・エディションライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス 他 (2006/10/27)ハピネッ
Animal sex. (Animal sex.)
Animal sex.
Britney spears sex tape. (Britney spears video clips.)
Britney spears nude pictures. Britney spears no panties pics. Britney spears. Britney spears nude. Britney spears crotch shot.
Shemale escorts. (Become a shemale.)
Shemale. Free shemale picture galleries.