ニアンの一言ダス(鳥栖戦・H)

2017年05月21日 | 海外サッカー
【優勝候補はそこにいる】


そうダス、首位ならば優勝候補ダス。2015年から首位に立ったらこの一言で景気づけするつもりでしたが・・2年半もかかるとは・・ガンバ首位の歴史も長く更新されていらっしゃらなかったんだろなと。
勿論未だ12節であり勝ち点差1ゲームの間に5チームも混在する激戦状態ですからACLの惨敗も踏まえまだまだチームには改善と向上をすべき点や反省点が少なくないことは皆様の目にも明らかですから期待の中にも厳しい気持ちも忘れず見守りたいですね。

それではニアンの一言、久保君ばかり持ち上げないで一面ヒーローは堂安さんだろっ と少々ふてくされながらお楽しみ下さい。
MOM候補はファビオ・倉田・井手口・長沢・赤﨑です。

GK東口:6.5
2連続完封も2回目でしょうか。 何故か首位なのに1度も達成していない3連勝と共に次戦宜しくです。この試合も良いセーブやキャッチングがありましたので完封勝利の立役者の一人です。欲を言えばゴールキックのムラを修正してください。

DFオ・ジェソク:6.5
初得点の期待は常にありますが、自分の仕事に集中する事を決して忘れない優良選手です。1アシストもありましたし素晴らしい出来だったと思います。君を含めこの試合は右サイドからの仕掛けやラストパスが火を噴いて全て違う選手からのアシストという新しいガンバの攻め手を思わせる結果になりました。相手の吉田は見た目の動きが派手でしたが上手くツボを押さえて封じました。

DF三浦:6.5
堅実で前向きの守備とチャンスとみたら一気に駆け上がる勘の良さが功を奏して先制点のアシストを決めました。全試合フルの過酷な稼働状況ですが次節迄の間は首位という箔が付いた良い休みになりそうです。調子が良いので本人はすぐにも試合したいかな。

DFファビオ:7.5
まさに心身両輪がガッチリ噛み合った状態であると感じます。ほぼミスは見受けられないだけでなく攻撃にも程よく絡み試合のリズムを取る役も担っていました。何よりも危機を察知して一歩早くボールを制する積極的な守備はチームを幾度も救いました。この試合DF陣がほぼ軒並み良い仕事出来た理由を何よりも理解していたようです。2試合連続のMOMとしました。

DF藤春:6.0
右からあれだけ崩しとアシストが頻発すれば多少は焦っているかと思います。(彼のメンタル少し解かり辛いですが)しかし、考えてみれば敵の注意が分散されるのでこれからはもっとチャンスがやってくる筈なので宜しく願います。

MF藤本:6・0
何かシーズン前か途中から大きな意識改革があったのでしょうか。元々技術と才能に恵まれた選手でしたがここのところは辛苦な労働も厭わずよく走って勝ちを重ねるチームのコンセプトをフォーカスされている選手となっています。この試合アシストもゴールも無かったですがそれがあってもおかしくないプレーで勝利に貢献しました。

MF井手口:6.5
試合を何度も見たら見た分MOMをあげたくなる働きでしたがその才能を察すればまだまだ伸びていきますし、この試合は更に良かった選手も居たので次を期待します。ダメ押しとなる3点目のアシストは「最後まで攻め切るんだ」という意志を感じましたし危機察知とボール奪取も安定しています。一時のスランプは脱したと見ます。後はゴールですね。

MF遠藤:5.0
首位に立ったゲームのキャプテンに付ける点ではなく申し訳ありません。ここ数試合2人の遠藤が居る気がしますしそれが今は良い方向に働いているかも知れません。ただプレーに衰えは感じますし何度もボールロストやパスミスが見て取れました。彼がロストしてすぐに取り返す局面は逆に大チャンスになっていますが、本来ミスは失点に繋がる要素ですので改善お願いします。

MF倉田:7.0
獅子奮迅なプレーでした。ゴールも決めましたし持ち過ぎドリブルで何度もピンチを救い試合の流れを引き戻しました。現在Jで最も瞬発加速力がある選手です。しかも技術がありますので安定感もありますね。ただ最後の精度をもう少し高めて集中しないと目標の10ゴール達成は手古摺ります。やるんだという気持ちの継続で代表定着も視野に首位を守っていって下さい。

FW長沢:6.5
いつかはハットトリックを達成するだろうと思わせるくらい1試合2得点が多い選手です。この試合、ゴールの他にもチャンスがあったと思いますが本人も言っていた様に「せめてゴールくらい」の気持ちは必要ですね。前線チェイスFWコンビは目に見えた記録には残らないですがチームを間違いなく押し上げていると感じます。 お疲れもこの期間で回復出来ますね。

FW赤﨑:6.5
誰もがわかっている貢献度。それでもFWである限り選手である限り結果としてのゴールが欲しいことでしょう。その時は相当大勢の選手達から激しい祝福が予想されますので脳震盪が心配です。 ファビオの労いにもある通り彼の献身的なプレーは他の全員が感謝し「接しやす~い」ならぬ 「プレーし易い~」と思っていることでしょう。チームが一気にトップに立てたのも彼の働きがあっての事だと本当に思います。ゴールはそのうち・・シュートの強弱だけの問題だと思いますが・・期待します。

----------------------------------------------------------

FWアデミウソン:5.5
やはりスランプと言っても良いのでしょうか。体は動いていますがチャンスを生かし切れていませんし、あまりボールも来ません。
献身的な他のFWがこのまま頑張るうちはサブとなりますがサブで結果を残せば元々攻撃陣の軸ですから華麗なる復活を期待してやみません。今野も不在、彼もスランプでもチームが上昇しているのは少し不思議ですが良い事だと感じます。

MF泉澤:5.5
途中から掻き回すプレーを期待されて出ましたが殆存在が消えてしまったことが反省点になりますね。そして持てばシュートの選択も良し悪しがあるので確実にパス出来る時は出さないとFW陣からの信頼を得る事が難しくなります。

FW呉屋:5.0
出ましたか?復帰おめでとうございます。 出遅れた悔しさをこの先忘れず活躍を期待しています。


HC長谷川:6.5
チャントやれよ事件からここまで、思い返せば結果を出してきています(ACLは本当に腹立たしい)。チャントは君等がやるんだろ?と感じているとは思いますが・・この試合、先発の選択良かったです。(勝っている時は動かさず)途中交代はさほど当たったとは思えませんが結果として完封出来ましたし首位となれば監督として仕事している感があることでしょう。これからは怪我や遠征している選手が戻って来ます。 それでも厳しい夏場がやってきます(ガンバは得意としています)上を向いて堅実且つ大胆な采配で頑張って頂きたい。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニアンの一言です(札幌戦・A)

2017年05月14日 | ガンバ大阪
【ハァーッハァーツハァーッ・ビューディホー・ル~ゥプー】


すいません; あまりの苦戦に気の利いた一言が思い浮かびませんでした。
藤本はガンバで初の得点ですね。(J3では得点ありますが)勿論今まで惜しいシュートは沢山ありましたが力みがあるというか思い切り蹴ってたのが入らなくて、力を抜いたシュートがゴールインしちゃう。技術の選手ですね、彼は。
尊敬するデーラン様の言葉を借りれば、この試合にこの選手ありに登録されるかも?みたいな^^
同じく移籍組の泉澤もゴールして新旧移籍組の共演となりました。

ただ疲れからか遠藤中心のゲームだったからかまったり様子見が多かった序盤~前半終了でした。これは仕方ない。 でも後半で流れを変えられず押し込まれまくった展開は優勝を狙うチームとしては心許ないですね。 結果は良かったですが運と守備陣の粘りが光った試合でした。 勿論圧され続けた訳でもなく札幌が形を崩してまで押し込んできたので何度か逆襲カウンターが発動しましたから決してストレスだけの後半ではなかったです。(でも決めれるとこと決めて欲しい)

それではニアンの一言、各々ACLの悔しさを思い出しながらお楽しみ下さい(そんなんで楽しめるか??)
MOM候補は、藤本、赤﨑、井手口、ファビオです。


GK東口:6.0
勿論完封なので良い出来だったと思います。一度都倉と競り合い飛ばされたのと長いキープして札幌サポ(サッポサポ)から
ブーイングされて蹴ったゴールキックが2回ほどライン割っちゃったのは反省してください。

DFオ・ジェソク:5.5
いつもの安定したジェソクデフェンスは健在でした。相手の若武者には少し対応が迷い苦労してました。クロスも沢山許したし、
絞込みミスやフェイントかまされる場面も散見されました。 君も早く移籍初ゴール期待してます。フラグ?

DF三浦:6.0
最終ラインでよく粘りながら頑張っていました。これというミスは1回だけゴール前で易くクリアできるところをドリブル
入れてしまう大ピンチになったくらいです(井手口のライン寸前デフェンスに助けられました)全試合フル出場なので明確に
疲れが窺えますが、ここまでリーグ最少失点というのは誇って良い。

DFファビオ:7.0
今節のMOMです。 ついPK取られがちな選手でこの試合もハンドであろう場面もありましたが真摯な姿勢が審判にはそう
見えなかった形になったのでしょう。その場面も含め都倉との競り合い、中央での弾き返し、サイドに出ての追い込み、中盤まで
持ち込んでの攻撃参加。相手チームやファンにとってはこの上なく邪魔な存在だったことでしょう。 

DF藤春:5.5
この試合はあまり目立たない感じを覚えました。対面の早坂選手が見た目に少し消極的だったイメージなのでもっとイケたのかなという勿体なさもありました。
プレーに幾つかのオプションを持てればとつくづく思う選手です。

MF遠藤:5.5
この試合は井手口のアンカーがハマっていてトップ下的なポジションでしたので前を向いたプレーが多かったと感じました。それでも何でもなさそうな
場面でボールロストもあったりして本調子での復活とは言えないですね。ただ攻撃面では2点の起点になってた筈なので・・
サッカーは年齢ではないという証明を今季してほしいです。

MF井手口:6.5
素晴らしくバランスが良い出来だったと思います。危機察知とポジショニングの良さ、むやみに飛び込まない姿勢も安定を感じましたし先制点に絡むパスも
今回はハマりました。 危ない場面でファビオと同じく体を張ってゴールを死守しました。この調子で勘を掴めばガンバの優勝争いも確実です。

MF倉田:6.0
この試合は守備にも地味に頑張っていた印象です。 ハリル代表監督に指摘された持ち過ぎ癖は残念ながら今回も修正出来てなかったようです。ただ、
持ち過ぎても良いケースもあります。次の展開がハッキリ見えて迷わないのなら彼のドリブルはクラブでも代表でも武器になります。

MF藤本:6.5
待ってました!移籍後初ゴールは年月かかりました・・・ただ今までも沢山チャンスはあったと思いますが力が入り過ぎてたのか?この試合では技術溢れるワンツーから
ダイレクトでの狙い澄ましたループを肩の力抜いて決めたゴールインだったですね。 確かに調子が良いのと遅まきながらチームの戦術にフィットしてきましたし同時に
ベテランらしい自らテンポを作る動きが頼もしかったです。 これまでの年月もありますので今回MOMは譲ってください^^ 苦難の1年半の借りはこの1試合では
納得できませんよね?これからも更に活躍する選手だと期待しています。

FW長沢:5.5
疲れが溜まっているであろう中、献身的に守備も頑張りフル出場しました。アシストも決めています。他にも赤﨑への決定的なパス(落とし)もありました。ただ本人も
そうでしょうがゴールが欲しい。このまま終わる選手ではないのでガンバが苦しい時に値千金のゴールを期待します。

FW赤崎:6.0
試合する毎に良くなってきていてチーム戦術にも慣れてきている感じがします。 なので待望のゴールも近いと予感しています。1点目にもきっちり絡んでいますし出ている間は
非常に献身的でしつこいチェイスを何度も繰り返してチームを助けました。 決定機でのシュートミスは強弱や角度の選択違いもあります。長沢・アデ と 泉澤・赤﨑の
新旧FWでゴールを競う相乗効果は割とワクワクします。(泉澤はFW登録ではないですが)どっちのグループが先に取るかにも着眼すると面白くなります。

-------------------------------------------------------------

FWアデミウソン:5.5
現地では彼がカウンターに入った時は盛り上がったらしいですね。ただ結果は出ませんでした。アシストありましたが正直ミスキックに近いのが相手のミスも誘った感じですし。
1本欲しいところですが相手のマークも厳しくなる選手でうのでアシストを狙う気持ちで戦った方が結果も出てきそうに考えます。

MF泉澤:6・5
6.0くらいにしようかと思いましたが;; あんなに破顔して喜ぶ姿を見たら0.5上乗せです。 何しろ圧されて苦しい1点差からのダメ押し点ゲットですから、見てる側からして
こんなに有難くホっとするゴールはありません。彼もそろそろフィットしてきたと思いますので得意のドリブルやフェイントで抜きまくって下さい。そしてゴールも。

DF丹羽:5.0
2点取った後だったと思うのでクローザーというより3枠使っただけという感じです。 努力家で辛抱強い選手ですからこういう使われ方でもプラス思考に変えて何かしらの糧に
してくれると思います。 長いシーズン必ずチャンスはあると思います。


HC長谷川:6.0
所謂、采配が当たった試合ということでしょうか。 下位相手には物足らんいスコアと内容だったと感じましたが。 疲労度も考慮すれば結果オーライですね。
藤本・泉澤に目途が立ったのは大きいですね。 あと今野の復帰、U-20から帰る堂安・初瀬も合せると、常に勝たないといけないプレッシャーありますよね。
今日は審判にもゴール際の神にも助けられたと思います。 幸い次はホームなのでもっと明確に勝ったと思える試合を期待します。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へにほんブログ村
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ニアンの溜めた溜めた一言二言三言 (ガンバ6戦)

2017年05月09日 | ガンバ大阪
【お膳立てにちゃぶ台返しで応える今年のガンバ】


前回の更新からまた間が空いてしまいました・・・しかしこれはただ忙しいからだけでなく、その後のガンバの「やるんだ」という気持ちを見守る意味もありました。
いや、特にそれもなかったかも;汗

結果: 6試合 - 2勝1敗3分け。 13得点8失点 リーグ3位、ACLグループリーグ敗退。

どうでしょうかねぇ、少なくともやり切った感はありません。 お膳立てとしてリーグでは上位が軒並み勝ち点を落としていて1点取れたら首位という機会も台無し。確かに今首位に居ることに意味は少ないというご意見もありますが、3位より2位、2位より首位が良いに決まってます。 そのチャンスがありながら自らの戦略・采配ミス、プレーでのミスが結果に結びついてしまってます。
ACLもたった1-2分アデレードに対して粘っていれば今日の戦いも別の試合になってたかも知れない。それでなくともアデレードが勝ち点落とすという御膳立てがありながら無様で恥ずかしいとも思ってしまう戦い方で完敗しました。

巷で言うスパイ滑り、3バックへの固執、等々ありますが今やそれも終わったことです。
ただ、清水戦で何故に上手くいっていた赤﨑・堂安の2トップから変更したのかは非常に疑問を持ちます。赤﨑がACLに出れない事がわかっていながらリーグ戦で長沢を使ったり、堂安を一列下げたりというのが納得いきませんね。

文句はそれくらいにして今夜の試合の一言いってみましょう。 MOM候補は居ないと言いたいですがそれでは色に乏しいので・・・東口・藤本です。

GK東口:6.0
MOMです。(いきなり;)2失点は何れも防ぐのに厳しいシュートでした。それ以外にも数本のシュートを弾き返していましたし、他の選手見てると彼しか推せません。奮起してまた無失点試合を沢山見せて欲しいです。

DF米倉:4.5
監督の采配ですから・・この先発抜擢もありとは思います。しかし何度も良い上がりをしながら最後の詰めが甘く先制点の場面では試合勘の鈍さがそのまま出てしまった様に独り残ってしまい裏抜けされました。

DF三浦:5.0
開幕から売り出していましたが最近は少し慣れられたというか、伸び悩んでいます。もっと思い切りの良い大胆なプレーが出来ていた筈です。 そうそう、倉田の幻のゴールに繋がる強烈ヘッドがありました。守備ではそこそこ頑張っていたとは思います。

DFファビオ:4.5
少し脚力が劣る場面がこの試合に限らず垣間見えています。2失点目も相手に翻弄されて下がるばかりで最後は切り返されてジ・エンド。 3バックの真ん中3ボランチの真ん中が一番適性だと思います。迷いながらのドリブルもちょっと怖い気持ちで見てしまいます。

DFジェソク:5.0
左サイドで先発途中から右サイド。使い勝手の良い選手ですが今日は積極性に欠けていた様に感じました。母国のチームとの試合は燃えたと思いますが守備面では頑張っていたものの大量得点が必須の状況ではもっと積極的な姿勢が欲しかったです。

MF井手口:4.0
今日の敗戦の戦犯かな。全てが悪い訳ではないですがここ最近の試合も含めて無理な状況を通そうとしたパスミスが多すぎました。 狭いところで速いパス回しの場合では一番正確なプレーをする選手ですが、自分が作ろうとする気負いがマイナスに影響しています。 また今夜はバックパスや時間の無駄に感じる横パスが散見されました。
そしてボール奪取を狙ったプレーは殆どが寄せが遅れて躱されていましたし、ハイボールの見極めをミスしまくってピンチを沢山招きました。

MF遠藤:4.0
何と言えば良いのか。。休養は充分で良いコンディションをつくれた筈ですが今年は一貫してパスミス、シュートミス、トラップミスが顕著です。 彼が居ると遅攻になりますが大量得点を狙う試合で先発は納得し難いです。まだ今夜の試合はいつもより前へという意識は見えましたが・・やはり年齢からくるパフォーマンスの低下が現実のものとなってきたのでしょうか。 果たして華麗なる復活を遂げるのか。。一言・・FKは狙ってくれ!!

MF泉澤:5.0
この選手は試合の序盤、或は体力のある時はビックリするくらい鮮やかな突破をするのに時間と共に消えていく傾向があります。また一概に悪いとは言いませんが、自分が自分がという気持ちが良くない方向に働きます。連携や細かいパスも出来る選手ですのでチームワークをもっと考えてみて欲しいです。そうでないと藤春やジェソクとの連携はいつまでたっても良くなりません。

MF倉田:5.0
清水戦は持ち過ぎ、パスミス、ボールロストの連続でした。この試合はそのあたりを意識したのか他の選手に預けて横に抜けてチャンスメイクを狙っていた様に感じました。ただコンビネーションも未完成ですしキャプテンでエースならもっと意識高くチームを引っ張って欲しいです。 あ、幻のゴールは残念でした。オフサイドかな?

FW堂安:5.5
若いんだから・・ゴール前で抜けた様なパスや中途半端なラストパスはしないで一気にドリブルで抜くか強引なシュートを打ってほしかった。 芸術を楽しむ試合ではなかったのでもっとガムシャラ感が欲しかったですね。

FW長沢:4.0
この選手も戦犯に感じました。 決して上手い選手ではないと認識しています。それなのにゴール前でリズムを崩すようなワンタッチパスを選択しがちです。成功確率は非常に低い。。5%もないかも?ワンタッチゴールの確率は割と高いんですが・・この前からゴールすべき場面で押し切れていません。FWなら悩まずシュートです。


FWアデミウソン:5.0
悩める時期が長くなってます。もう今は連携が全くなっていません。今日の試合では早々諦めていたのか・・強引な個人技も為りをひそめていましたね。能力は疑い無いだけにラッキーでもよいから早く一発ゴールという結果が欲しいです。

DF藤春:5.0
あの時間から使うんだったら先発でいかないと。何度か上がってクロスやパスを出していましたがイマイチ乗り切れず目立たない試合になりました。 休ませたかったなぁ。

MF藤本:5.5
何となく、、今季使われてます。確かに前より期待感があります。去年と今年ここまでノーゴールだった分今夜4発くらい取ってくれと願いましたが・・苦笑  ただ試合終わりでの激しい接触や与えたファールに闘志は見えましたし倒した相手選手にも紳士的だったので好印象。


HC長谷川:3.5
言ってることと結果が違ってます。 清水戦もそうですが、ハーフタイムに檄は入れないのかな?何と言っても先発の選択や采配がぶれてきていると感じます。 リーグ戦は譲れませんのでしっかり建て直して下さい。 3連勝もないなんて・・そりゃチームも乗り切れない。 大事なポジションやリズムのある連携や組み合わせは変えない方が良いと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へにほんブログ村

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

やるんだ!という気持ち

2017年04月13日 | ガンバ大阪

【やっちゃえ!にっ・・ガンバ♪】


あれですね。またパクリかけましたが;。。 
あれは遡る事32年ほど前? ある営業係長のミーティングでのお言葉。。「あれやねぇ、その・・やるんだという気持ちを ねぇ。」 10回以上はワンミーティングで仰っておられました。
何言うとんのやら・・と思っておりましたが今数十年の時を経て、自分がこの意味不明なことばを心中叫ぶことになろうとは♪(書いてる時点で心中とは言えないですが)

今ガンバの選手に共通して欠けているモノはまさにこの「やるんだ」という気持ちかなと。
広島戦、江蘇戦。 何と言っても無得点ですよ? 得点を拝むのに苦労する試合が殆どないチームだったのでかなりストレスです。
そしてホームでの勝率の悪さ・・昨季からですがちょっとストレスですよね。特に観戦に行かれている方々には更にストレス感じることでしょう。
また無失点が殆どない。(これは守備も攻撃も関係ありますが)・・失点した時人知れずオフィスの机を叩いて「なんやねんってぇばっ」と独り叫ぶのも飽きてきました(笑)


どれも奮起を促したいのは「やるんだという気持ち」 もぅ面倒だからその一言で良いです。 この2試合MOMを選ぼうにも対象者がおりません。正也を酷評していましたが代わりに入った丹羽ールドさんも流石に賞味期限切れに感じるくらい覇気がなさそうです。 遠藤の翳りも年々増してきてそれを補うべく倉田・井手口の2枚もイマイチ目立った活躍が続きません。
2トップも酷使の影響か中盤からの連携不足か沈黙してしまっています。
期待の新加入選手もシステムに戸惑ったり選抜されなかったりで補強成功どころか「フロント何してた?何してる?」と皆様がきっと思ってらっしゃる位輝いていません。
その上、希望の光と言える若手(堂安・初瀬・他)も一向にフィットせず元気もない。

これ・・・


多分、非常に憂えるべき状況ですよ?

やばい、やばい;^^ 考えたら凄くやばいと感じます。 しかも三指に挙げれるくらい重要な一戦、
ダービーがやってくるではありませんか。 更にアデミの欠場濃厚? 良くないニュースも飛び込んできています。

さてこの危機的状況をどう打破してセレッソに勝利するか。
少しはターンオーバーというか主力をACLで休ませれたのはポジティブ要素ですが(捨てた様な負けでもあと2試合連勝すればGL突破とか;・・ラッキーですけど)、セレッソは目下3連勝と
調子に乗っております。 守ってカウンター守って守って1発という攻撃陣の豪華メンバー見たら疑問符のつく戦術ですが兎に角あの監督らしい走って走りまくって守り切るサッカーがここにきて浸透しつつありますね。 2試合得点の無いガンバにとっては非常に厳しい時期に非常に厳しい相手と決戦になります。
そしてこのスタイルは何気に広島・江蘇というチームに似ています。 それと開幕で苦戦した甲府にも・・ なので大方の確率で負けだと思います。

3バックをめげずに続けていくべきなのか、4バックに戻していくべきなのか。
3バックは最初の済州ユナイテッドで不慣れの故破綻したということですが、違うスタイルの江蘇にも前半だけで破綻していましたからまだまだ使いこなしている状況とは言い難い。
4バックで4-3-1-2となると3ボランチの一角が足りないですね。(遠藤の体調も気になります)藤本、泉澤もこの位置では期待があまり持てません。

どうすべきか?


ずばり4-3-2-1にして長沢ワントップ、泉澤・堂安の2枚、倉田・井手口・遠藤の3ボランチが一番勝てる確率が高いと私は結論付け致します。


携帯からはコチラ↓ランキング☆Push!Push!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ニアンの一言(新潟戦・アウェー)

2017年04月02日 | ガンバ大阪
【今野ロスをしたのは2トップ】


再逆転で無敗を守ったこの試合、代表試合の為中断して休養たっぷりとは思えない程戦術が練り込まれていないガンバに少し不安を感じましたね。
今野の位置に井手口を配して臨みましたが2人のタイプはかなり違っていてその分周りの選手も少しずつ感覚と戦術理解がズレてしまった試合になりました。 勿論、勢いよろしく早い時間に先制出来た事と最終的に勝ち点3を持って帰れたことは評価したいと思いますが・・
まぁ、勝てばいいか♪   
とはなかなか割り切れません。 でも、然しながら、苦戦の要因がはっきりしているのでそう深刻に考える必要はないかと思います。

「今野ロス」を多分一番感じていたのは長沢・アデミの2トップではなかったでしょうか。
今までの得点パターンはなかなか現れず、寧ろチャンスメーク・アシストになる様なプレーに終始していました。今野が居たならゴール前に運ぶ前にミスはしないし遠藤や倉田、そしてFWの1人及びSBと絡んで確実に相手ゴール前まで球を運んでくれるし、一度相手にボールが保持されても直ぐに取り返して繋いでくれるし。 更にもう一言付け加えると際どい場面でも殆ど難しかったり強すぎたりするパスを出さないのが今野です。 相手に読まれそうなパスも少しのフェイントや角度の変化等で優しいパスで繋げてくれていたベテランのロスをとても感じた試合であったことでしょう。 アデミには2回のゴールチャンスがありましたが倉田と被っていました。ゴールになれば誰でも良いと言えばそうですがFWの領域を広げるどころか被ってしまっては良い前線の形とは言えませんね。
井手口は優秀な選手ですが個の力で勝負しようと気持ちが先走る傾向があります。(まあ若いのでそれも魅力ですが)
なのでラストパスも非常に難しいものが多いしすぐに前へ出したい思いが強く受けたパスを奪われる事も多いです。おまけにこの試合は相手ボール奪取へのダッシュもズレて読まれていたりして試合最終盤までチームの足(そしてFWの足)を引っ張っていた状況でしたね。
最後アンカーに入りプレースキッカーもする様になって結果が出た事は今後彼のプレーを拡げるきっかけになると思います。長くなりましたがこの試合のニアンの一言いきましょうか? MOM候補は倉田・井手口です。


GK東口(5.5)
PK取られる事が多い今季のガンバ・・協会への抗議が審判団の心に別方向の斟酌を芽生えさせたのかと邪推したくなるほどですね。
流石に連続の「絶叫!PKストップ」とはならなかったですが全体的に怪我明けとしては安定したプレーが出来ていたと思います。
ホニのシュートは当てるのが精一杯でしょうかね。

DF三浦(5.5)
2失点はDFとして直接関与していなくても減点になるのかなぁ。。ただブラジル人と時折脅威になる矢野以外で唯一警戒すべき選手だった山崎に結構いいようにされていた事が不満でした。 良い相手ですが昇り龍弦太ならきっちり抑え込める筈です。

DFファビオ(5.0)
正也と入れ替わった配置になった瞬間でしたが不用意な足が出ましたね。あそこが生粋のCBでは無さそうな面であると思います。これから対戦するチームが「ファビオにはハイボールでなく足元だ」と気付かない事を祈ります。 それ以外も安定していませんでしたが何とか乗り切った感じです。スピード系FWへの対処に左の相方への余計な気疲れも心配です。

DF金正也(5.0)
相手DFに当てて角度が変わったゴールが無ければマイナス1点です。この試合ではDAZNのアップ映像で毎試合の竜宮小僧が全国に配信されていました。 まだやるか・・・(そう、自陣でチアゴへのプレゼントパス)本当に何で毎試合やっちゃうのか、そして何故健太監督は先発で使い続けるのかが不思議です。

MF初瀬(5.5)
立ち上がりから良い位置を取って躍動していました。倉田の得点に繋がる切り返しからのパスは成長の証です。ただ、三浦と同じく山崎選手に手古摺ったイメージがあります。途中交代は必要なかったかと思いましたが遠征疲れもあったかも知れません。

MF遠藤(5.0)
休養充分でコンディションは良好だったと思いますが少し今野が居ない中盤とビグスワのピッチに違和感を感じながらのプレーが災いしたのか先制点以降は精彩を欠いてしまいました。交代も仕方ないかと思います。その後チームは逆転勝ちという結果になりましたが、ここで終わってしまう選手でもないので次戦は期待しています。

MF井手口(6.0)
インサイドハーフと申しましょうか。今野とは違うプレースタイルがこの試合のチームのノッキング状況を生んでいたと感じました。
1G1Aは記録だけ見れば大車輪的ですがフィットするのに70分くらいまでかかりました。それも遠藤が退いてから、そしてプレースキッカーを務めてからという事実がガンバの未来をも映し出した様に感じたりします。 記録なければ正也と共に敗戦の主要因になっていたと思います。

MF倉田(6.5)MOM
代表帰りの貫禄が試合開始からムンムンしていましたね^^その勢いで電光石火の先制点、お見事でした。この試合のMOMとします。途中からは当然の様にキャプテンマークを巻いて試合も逆転勝ち。代表含めクローズアップされるのは何度目のチャンスでしょうか。 ここで今までの倍は鍛錬しないと花は咲かずに終わると思います。なのでFWを制してまで飛び込んだ至近距離からのヘッドは確実に決めなければいけません。 それとアデミを生かしなが前線でタクトを振らなければチームの結果にも関わりますので自覚と実行続けて下さい。

MF藤春(5.5)
この試合は守備というより攻撃寄り・・攻撃というより何か左の方でウヨウヨしていた気がしました。あれほど正也が安定しないので守備に追われるのかなと普通思いますがポジションは下げずに時には上がりっぱなしであったと思いますが・・・記憶にない。 つまり可も無く不可も無くだったですかね。 いい加減泉沢とお話して連携深めて下さいね。

FWアデミウソン(5.0)
今野が居ないチームでは得点チャンスが少なかったですが上手く球が回って来ませんでした。途中しびれを切らして中盤より底までも下りてきていましたが当然違和感を感じました。反転快速一発ばかりをイメージしないでもう少し優しいパスを駆使して最後を仕留める感じが理想ですが・・井手口と君のパス交換はシュート交換になって成立しなさそうです。

FW長沢(6.0)
意外と高い採点かも知れませんが先制点の落とし(アシスト)と幻の倉田への落とし(アシスト崩れ)等で大いに貢献したと思います。得点チャンスは少なくストレスを感じながらプレーしていたと思います。調子が少し上がってきたと思いますので次節からの爆発を期待しています。

--------------------------------

MF堂安(5.0)
なんか交代の意図が不明に感じるくらいインパクトが薄いプレーに終始しましたね。まるで練習しているみたいに見ている側に期待を持たせない淡泊なプレーは交代選手として感心出来ません。若いんだから抜いていく勇気を持ってゴール前に迫って欲しいです。

MF泉沢(5.5)
居場所探しも佳境ですかね。起用機会も増えてきました。この選手のイメージは左サイド奥深くを抉ってはクロス、切り返してはアシスト・ゴールというものです。もっと抉って抉って輝いて欲しいですが如何せんガンバスタイルとは少し違うので新しい武器も見に着けて欲しいです。それでも決勝点に繋がるクロスは良いプレーでした。

DF丹羽(5.5)
本年度新クローザーという訳でもないでしょうが今季初出場おめでとうございます。あれだけ正也が冴えない中出番が無かったのは不思議です。何処のポジションに入ったのか終盤DAZNの途切れ具合が酷かったので確認出来ませんでした。


HC長谷川(6.0)
交代策は当たりました。最後の消極的とも思われがちな丹羽投入も良いタイミングだと感じました。代えの利かない選手が居ない時の差配は苦労しますね。ただ今季はタイトルに勝!がチームのメインテーマですのでやり繰りも上手くこなして結果を出し続けて下さいね。


携帯からはコチラ↓ランキング☆Push!Push!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加