さむらい小平次のしっくりこない話

世の中いつも、頭のいい人たちが正反対の事を言い合っている。
どっちが正しいか。自らの感性で感じてみよう!

日本書紀 神功皇后紀を読んでみる 9

2017-05-15 18:56:55 | 日本書紀を読んでみる



応援クリック


こんにちは、小野派一刀流免許皆伝小平次です


本日は

『日本書紀 神功皇后紀を読んでみる 9』

をお送りいたします


前回までのあらすじ

といきたいのですが、そろそろお話も少しすすんできまして、前回までのあらすじをご紹介しますと、それだけで結構な字数になってしまいます

よろしければ『日本書紀 神功皇后紀を読んでみる プロローグ』から前回の『日本書紀 神功皇后紀を読んでみる 8』までをお読みいただければ幸いに存じます


ということで、さらっと前回のあらすじだけおさらいしてみます

西国(新羅)の征討をご決意なされた『おきながたらしひめのみこと(神功皇后)』は、海水で髪をそそがれ、二つに分かれた髪をみずら(古代男子の髪型)に結い上げ、そのご決意を群臣に語ろうされたところまででした


では続きです


『原文』 一部現代字使用

『夫興師動衆 國之大事 安危成敗 必在於斯 今有所征伐 以事付群臣 若事不成者 罪有於群臣 是甚傷焉 吾婦女之 加以不肖 然暫假男貌 強起雄略 上蒙神祗之靈 下藉群臣之助 振兵甲而度嶮浪 整艫船以求財土 若事成者 群臣共有功 事不就者 吾獨有罪 既有此意 其共議之 群臣皆曰 皇后爲天下 計所以安宗廟社稷 且罪不及于臣下 頓首奉詔』



『訳文』

『 皇后は 「 軍を起こして、衆を動かすのは国の大事である。国の安危も成敗も(勝つか負けるか、国が滅ぶか栄えるか)もここにかかっている、今、討たねばならぬところがある。群臣たちにゆだねよう。もしも事がならなかったのであれば、それは群臣の罪となってしまう。しかしこれはとても辛いことである。わたしは女で、なおまた未熟である。しかし、しばらく男の姿やつして、強いて雄々しく戦略をたてよう。上は神祇の霊威を被り、下は群臣の助けを借り、兵甲(軍、兵)を興して高い波を渡り、船団を整えて、宝の国へ臨む。もし、事が成れば、群臣はと共に功績があったということにる。もし事が成らなかったら、それは自分一人の罪である。すでにこの覚悟であるゆえ、皆でよく話し合うのだ。 」と言われた。
 
群臣は皆でこたえた。

「 皇后は天下のため、国家のため、安泰であるよう計っておられます。敗れて罪が臣下に及ぶようなことはありますまい。慎んで詔を承ります 」 』


簡単解説


小平次としましては、この後の出兵のシーンも好きですが、ここも好きですね~

美しき男装のおきながたらしひめのみこと・神功皇后が

『もし事が成らなかったら、それは自分一人の罪である!』

いやあ、カッコよすぎます!

妄想が膨らみ、とどまるところをしりません!




人のせいにばかりして生きている自分を思いますと、とほほ…、ですが



御免!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国歴史ドラマと北朝鮮 | トップ | 地球温暖化はデマ? アメリ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感想 (桜井結奈(さくらい・ゆうな))
2017-05-21 19:11:32
神功皇后様の物語、楽しみにしております。
いよいよ佳境に、はいってきましたね。
私も、男装の神功皇后さまの姿に、非常に魅力を感じます。
コメントありがとうございます (小平次)
2017-05-22 09:20:10
桜井 さま

コメントありがとうございます

少しずつ少しずつですが、時折妄想も交えながら神功皇后紀をご紹介してまいります。

よろしくおねがいします

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL