昭和の恋物語り

しばらくの間、「美術館・博物館巡り」をお届けします。

豊田市美術館 デトロイト美術館展 (三)ゴッホ作 自画像

2016-10-17 09:21:26 | 美術展・博物館
先日、豊田市美術館で開催中だった、デトロイト美術館展に行ってきました。


 自画像

眼光が鋭いですね。
こんな目で見られては、見ているこちらが萎縮してしまいます。
しっかりと閉じられた口から、意志の強さを感じました。
この頃はまだ狂気のゴッホではないようです。

―― Wikipedia より
弟テオドルスの援助の元で、画作に励んだとのこと。
1888年12月末ごろに、有名な耳切り事件を起こした。
ゴーギャンとの共同生活を始めて2ヶ月ほど後だった。
翌年5月に精神病院に入院している。
1890年5月に精神病院を退院の後、7月27日に銃で自らを撃ち、2日後の29日に死亡した。
生前の評価は高くはなかったが、生前に売れた絵は「赤い葡萄畑」の1枚のみだったと言われている(他に売れた作品があるとする説もある)。
彼の死後、回顧展の開催、書簡集や伝記の出版などを通じて急速に知名度が上がるにつれ、市場での作品の評価も急騰した。
彼の生涯は多くの伝記や、映画『炎の人ゴッホ』に代表される映像作品で描かれ、「情熱的な画家」、「狂気の天才」といったイメージをもって語られるようになった。
有名な作品の多くは最後の2年間(アルル時代以降)に制作された油絵である。

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田市美術館 デトロイト美... | トップ | 豊田市美術館 デトロイト美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。