昭和の恋物語り

しばらくの間、「美術館・博物館巡り」をお届けします。

豊田市美術館 デトロイト美術館展 (五)ゴーギャン作 自画像

2016-10-19 09:12:43 | 神社・仏閣
先日、豊田市美術館で開催中だった、デトロイト美術館展に行ってきました。

(五)ゴーギャン作 自画像



ゴーギャン作 自画像

タヒチでの作品が不評だったがために、不機嫌な顔付きで描いたのでしょうか。
横向きの顔という肖像画なんて、わたしは初めて観た気がします。
それにあごに手を当てるなんて、傲慢だと思いませんか。

この人でしたっけ? 
「人はどこから来て、何処に行くのか」
なんて問いかけたのは。

すみません、間違えました。
「我々はどこから来たのか,我々は何者か,我々はどこへ行くのか」
これって、絵のタイトルなんですね。

しかしすごく宗教的というか哲学的な言葉をタイトルに使うんですね。
残念ですが、好きになれない画家の一人です。
もっとじっくり味わえば、案外に好きになれるのかもですね。

―― Wikipedia より

そもそもは、株式仲介人であり絵画取引人でもあったのですね。
で、余暇に絵を描くようになったとか。

1882年のパリの株式市場の大暴落し、絵画市場も収縮したそうです。
そのあおりでゴーギャンも困窮し、これが分からんのですが画家を目指したということでした。

この後、破産の憂き目にあうなど、紆余曲折を得てゴッホとの共同生活に入りました。
天才同士の生活というのは、意見が衝突するであろうしうまくいくはずもないでしょうね。
結局は、悲劇的な別れとなりましたよね。

想像に基づいて描く=ゴーギャンに対し、自然をモデルに描く=ゴッホというわけですから。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田市美術館 デトロイト美... | トップ | 豊田市美術館 デトロイト美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。