昭和の恋物語り

週一ペースで発信したいと思います。

[宮本武蔵異聞] 我が名は、ムサシなり! (七)

2017-04-23 20:54:18 | 小説
 伊賀の国にて。
 夕陽に映えて黄金の色に染まったススキの群生する野原に、二人の武芸者が対峙している。
「我、日ノ本一の剣士也」と書かれた幟を手にしたムサシに対して、宍戸梅軒と名乗る武芸者が、「ご指南いただきたい」と申し出ての決闘だった。

「無益な殺生は好まぬけれど、身共が勝ち申した折りには、そこもとの懐中を探らせていただくが、それでもよろしいか」
 殺生とは、異な事を…と思いつつも、闘いを避けるがための脅し文句だろうと考えた梅軒は「相分かり申した」と、構えに入った。

「それはまた珍しい道具でござるな。何という武器でござるか」
さも珍しげに問いかけるムサシに対し、気をよくした梅軒は「これはでござるな―」と、構えをといた。
梅軒の隙を待っていたムサシが、いきなり刀を抜いて斬りかかった。

 あわてて後ろに飛び下がった梅軒は、すぐさま態勢を取り直し、鎖をブンブンと回し始めた。
ひと太刀で仕留められなかったムサシは、うかつに飛び込むことができなくなった。
小さな円を描いていた鎖が、次第に大きくなっていく。
少しずつ後ずさりするムサシに対して、梅軒はジリジリと横に動いた。
傾いた太陽を背にした梅軒に対し、ムサシは手をかざして眩しさから逃れた。

 怒声とともに鎖が空を走り、ムサシの刀にからみついた。
どうだ! と言わんばかりに笑みを浮かべる梅軒が、勝ち誇った表情を見せた。
しかしムサシは能面のように無表情だった。

 梅軒の手にある鎌が、不気味に光っている。
鎖を外さねば斬りつけることもままならぬ。
刀を寝かせて抜こうにも、鎖がしっかりと絡まった鎖は簡単には取れそうにもない。
皆が皆、からまった鎖に動揺し、また梅軒の揺さぶりに防御の態勢もままならない。

 ぐいぐいと手繰り寄せる梅軒に、踏みとどまろうと力を入れると、ふっと梅軒が緩めてくる。
もんどり返る体をこらえると、梅軒の鎌が眼前に迫っている。
こうなっては敗北を認めざるを得ない。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [宮本武蔵異聞] 我が名は... | トップ | [宮本武蔵異聞] 我が名は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。