昭和の恋物語り

しばらくの間、「美術館・博物館巡り」をお届けします。

豊田市美術館 デトロイト美術館展 (四)ゴッホ作 オワーズ川の岸辺

2016-10-18 09:21:51 | 美術展・博物館
先日、豊田市美術館で開催中だった、デトロイト美術館展に行ってきました。


 オワーズ川の岸辺

直線的に描かれている気がします。
木々の葉がぎくしゃくとした描かれ方で、ちょっと引いてしまいました。

人物もカクカクとした感じで、顔自体が描かれていません。
無機物的な感じがして、どうにも落ち着きませんでした。

それにしても何をしているのでしよう。
ボートにご婦人が一人で乗っているなんてことがあるのでしょうか。

俯き加減なのは、男性との諍いが感じられてなりません。
岸部に立つ男性の腰に当てられた手が気になります。
「やれやれ」といったことなのでしょうか。

この絵を描き上げた後に、37歳の生涯を終えたらしいです。
そう聞くと、なにやら遺書めいた作品に思えてきました。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田市美術館 デトロイト美... | トップ | 豊田市美術館 デトロイト美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。