昭和の恋物語り

週一ペースで発信したいと思います。

豊田市美術館 もう一つの展覧会 (前)

2016-10-31 09:08:18 | 美術展・博物館
実は、素晴らしい(彫刻なのでしょうか)作品に巡り会えました。
山本富章(1949年生まれ)さんの、強烈な色使いの作品です。
絵画、壁画、いや構造物? と、説明がありました。
「Untitle」と説明書きが。




上3枚で、横に並んだ一つの作品です。
カメラ内に収まりきらない超特大作品でした。

部屋に入ってすぐに飛び込んできたときには、ほんとに度肝を抜かれました。
赤に青に紫に黄色、そしてぶっかけた黒? 
門柱の中には、大きな目玉がギョロリとあって、いや待て待て、壁のあちこちに無数のちっちゃな目玉もあるんじゃないか? 
左右の端っこには窓があるんだけど、格子がはめられちゃっている。
刑務所か? ここは。自由な魂が閉じ込められた…。


門柱にもぶっかけた黒がある。

 
斜め上からのぞき込んでみたら、右側の窓ー右から二番目の窓、中華文字に見えてきた。
「華」が二文字。ね、そう見えるでしょ? 

その対面にも、Untitle とある作品が。

勝手に、「鳥の戯れ」なんて付けちゃいました。

夕焼けを背にして、真ん中に大きな木があるんだよね。
その木の一番下に、何の鳥だろう、一羽いるんだよね。
で、夕焼けの空をたくさんの鳥たちが羽ばたいている。
鶴にも見えるし、尾長鶏にも見える。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田市美術館 デトロイト美... | トップ | 豊田市美術館 もう一つの展... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術展・博物館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。