昭和の恋物語り

週一ペースで発信したいと思います。

ポンペイ壁画展 名古屋市博物館 (二十二)トロイ戦争の端緒の事件

2016-10-13 09:16:05 | 美術展・博物館
ギリシャ(ギリシア)神話について― Wikipedia より(要約)


『不和の黄金の林檎』

トロイ戦争の端緒の事件とされる。
海の女神・テティスとアイアコスの子・ペレウスの結婚式に招かれなかった不和と争いを司る女神・エリスは、そのため怒り恨んで、宴会の席に「最も美しい女神に」と書かれた黄金の林檎を投げ入れた。

神々はこの黄金の林檎を発現させ、ゼウスの妻・ヘラ、戦いと知恵の女神・アテナ、愛と美の女神・アプロディーテは、それぞれ自分が一番美しい容貌の持ち主と思っていたので、この林檎を得るために三人の女神が争った。

困ったゼウスは、判定しない。

オリンポス ゼウスの神殿

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンペイ壁画展 名古屋市博... | トップ | ポンペイ壁画展 名古屋市博... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術展・博物館」カテゴリの最新記事