昭和の恋物語り

しばらくの間、「美術館・博物館巡り」をお届けします。

豊田市美術館 デトロイト美術館展 (二)モネ作 グラジオラス

2016-10-16 13:05:59 | 美術展・博物館

 モネ作 グラジオラス

好きになれないのが、このモネです。
きれいな作品だとは思うのです。
睡蓮シリーズなどは、その最たるものだと思いますし。
でも、どうしても好きになれないのです。
なぜか…考えてみました。
ぼやけた描き方? 印象派と呼ばれる作品の殆どがそうですよね。
ルノワールにしても然りです。
花を描くことがが多いから…? でも花は嫌いではなく、好きな方ではあります。

ですが、この作品は気に入りました。
どうです、この色彩感は。
緑に青、そして赤い花。ちらりちらりと浮かぶ白。
バックにある緑の草の中にパッと開く赤い花びらは、薔薇のそれでしょうか。
画面上部にちらりちらりと浮かんでいるように見える白いものは、花? それともてふてふ?
そして中央に、グンと押し出すように伸び伸びとしている、グラジオラス。
そして緑の日傘を差した青いドレスのご婦人は、何を見ているのか…。
余韻たっぷりの作品です。



 クールベ作 川辺でまどろむ浴女

1845年の作品とありました。
当時の着衣を描き込むことで、女神やニンフ(妖精と言うべきかな?)ではない、生身の若い裸婦に驚いたと言います。
なるほど、そう言われれば、時代時代によって描かれる姿態は違いますしね。
日本で言えば、浮世絵と現代画ではまるで違ったものですしね。
ただ、どうにも気になるのは、下半身肥大とでも言うべきお尻とかお腹の…。
やめましょうね、お腹のことは。
人のことは言えませんから。
でも、こんな絵が発表されたと言うことは、平和な時代であるという証しでもあるのでしょうね。
エロチシズムが社会の表に堂々と現れると言うことは、安定社会に入ったと捉えて良いのでしょうね。
わたしは、そう思いますが。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田市美術館 デトロイト美... | トップ | 豊田市美術館 デトロイト美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。