昭和の恋物語り

週一ペースで発信したいと思います。

ポンペイ壁画展 名古屋市博物館 (十二)ゼウスの愛人たち・後編

2016-10-01 11:40:27 | 美術展・博物館
ギリシャ(ギリシア)神話について― Wikipedia より


エウロペ(またはエウロバ)

エウロペは、テュロスのフェニキア王アゲーノールとテーレパッサの娘で、美しい姫であった。エウロペに一目ぼれしたゼウスは誘惑するために、白い牡牛へと変身した。
エウローペーは侍女と花を摘んでいる時に白い牡牛を見付け、その従順さに気を許してその背にまたがった。
その途端に白い牡牛はエウローペーを連れ去った。
ゼウスはヨーロッパ中をエウロペと共に駆け回ったため、その地域はエウロペから名前を取って「ヨーロッパ」と呼ばれるようになった。

最終的にクレタ島へ辿り着いたゼウスは本来の姿をあらわし、エウロペはクレタ島で最初の妃となった。
ゼウスとの息子には、ミノスやラダマンテュス、サルペドンがいる。
その後、アステリオスが3人の息子たちの義理の父になった。

ゼウスは彼女にタロースと必ず獲物をとらえる猟犬となくなる事のない投げ槍の、3つの贈り物を与えた。
その後ゼウスは再び白い雄牛へと姿を変え、星空へと上がり、おうし座になった。



ガニュメーデース=
ゼウスはガニュメーデスというトロイアの美少年を誘拐した。
しかし、これは愛人にするためではなく、神々の給仕係にするためであった。

オリュンポスの神々に給仕するのは、もとはゼウスとその正妻ヘーラーの娘、青春の女神であるヘーベーの役割であった。
ゼウスの子、英雄ヘラクレスが死後に神々の列に加えられたとき、ヘラクレスを憎んでいたヘーラーはようやくヘラクレスと和解しヘーラーの娘ヘーベーが妻としてヘラクレスに与えられた。
このため神々の宴席に給仕するものがなくなった。
*神々の列に加えられた=不死になったということです。


ゼウスは人間たちの中でもとりわけ美しいガニュメーデスを選び、鷲の姿に変身して彼をさらい、オリュンポスの給仕とした。
この仕事のためにガニュメーデスには永遠の若さと不死が与えられた。

また代償としてその父に速い神馬(別伝ではヘーパイストスの作った黄金のブドウの木)が与えられた。
天上に輝くみずがめ座は、神々に神酒ネクタールを給仕するガニュメーデスの姿であり、わし座はゼウスが彼を攫うときに変身した鷲の姿である。

*実に人間らしい、神々ですねえ。
それにしてもゼウスという神は、好色です。
昔から言う「英雄は色を好む」というのは、ここから生まれたのでしょうか。
それから男性諸氏、女性は怖いですよ。
軽い○○だからなんて、努々(ゆめゆめ)お考えにならぬように…。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンペイ壁画展 名古屋市博... | トップ | ポンペイ壁画展 名古屋市博... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。