トップハットは秘密基地

夢と希望と現実に悩みながら家を建てた記録、うっすら知っている家電製品の事など。どんなものでも買ってみなくちゃわからない。

久しぶりの鉄人28号さん きれいになんねん!

2016-10-01 | 日記

 所用で神戸・新長田に来たので久しぶりに鉄人28号さんに逢いに行ってきました。

以前来た時は大丸があったのですが最近撤退し、今は地下に西友、上階にはABCストアやニトリ他いろんな店が入っていますが、どうも若者が少ない気がします。

買い物をするならどうしても三ノ宮や大阪まで行くので、大丸が撤退したことからもどこも大変なのではないでしょうか?

 

この先に鉄人28号さんが立っています。

新しいマンションや新規開店した若者向けのお店が結構あるのに、他の地域に比べると高齢者が多いように思います。

偶々だったのか、私だけが気になったのかは判りませんが、こんなに高齢の方が多いとは、若者が少ないから余計に目立つのでしょうか?

気のせいか行き交う人は前回来た時よりも増えているような気がします(それでも震災前よりは断然少ないと思う)。

何か落ち着かないと思ったら新しいコンクリートの建物ばかりで緑がとっても少なく、歩いていると疲れます。

 

喉が渇いたので近所のマクド(マック)に入ったらお客さんの平均年齢がかなり高くてびっくりしました,喫茶店より安くて大声を出しても大丈夫で、ゆっくり長居出来る憩いの場かもしれません。

他のマックでは見た事も無い店内に貼られた注意書きには納得です(客商売とはいえお店も大変です)(^▽^;)

 

色々取組みはあるようですが、どうせなら巣鴨のように”おばあちゃんの三ノ宮”をコンセプトに盛り上げる方が活気がでそうな気がします。

 

南側の大正筋商店街を見つめているそうなのですが、”よ〜し、今日は勝つぞ?!”のようにも見えます (^○^)

2009年建造ですので遠目に見ても退色して、ちょっとくたびれた感が漂います。

前回来た時より紫外線と雨にやられて全体的に劣化が進み表面の塗装が白くくすんできています。

近くで見るとボールの跡が無数にあり、心無しか鉄人28号さんも元気が無さそうです。

 

体に合わせるととっても小さなロケット?はまだ綺麗な状態です。

 

水抜き用のお尻の穴も錆びてます。

 

悪を倒す正義の味方(時々悪の手先にもなるけど)鉄人28号さんでもサビには勝てません (T_T)


カバーを止めているボルトはステンレス製いじり止めトルクスネジなので錆びませんが、鉄で出来た足下以外にも所々この様な腐食が進んでいるようです。

鉄人28号さんが可哀想なので、定期的にサビが小さいうちに早めに補修して欲しいと思いますが、費用の問題もあり難しいのかもしれません。

鉄製のためこれからも綺麗な状態に維持していくのは中々大変だと思います。

 

気になったので鉄人28号でググってみると2016年11月上旬に今よりもきれいなコバルトブルーに塗り替えてリニューアル予定だそうですので、新しくなったらきれいなうちにまた逢いにいこうと思います。

初号機のこの色の鉄人28号さんを見るなら早めにどうぞ。

リニューアルに合わせて出来れば鉄人28号さんの見える所(弱点である目視操縦できる範囲)に正太郎君(鉄人28号さんの所有権者&操縦者)とリモコンを置いて欲しいです。


鉄人28号さんの視線の先に(ビルの陰で見えないけど、鋭い目で透視して見守っているのです)ある大正筋商店街。

上に見えるのが阪神高速で昔ここに市電が走っていました(広島で神戸市電が今も走っています)。

この国道2号線を渡ると南北に長い大正筋商店街ですが、阪神淡路大震災で甚大な被害を受けた所です。

震災前とは違い新しくきれいなお店が並んでいますが、震災前に比べると行き交う人はかなり少ないようです。

南北を分断するこの2号線の横断歩道は足腰が弱った人にはかなり厳しいようで、渡るのも大変!

今度はゆっくり商店街を散策してみたいと思います。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目覚まし時計が落ちたら秒針... | トップ | 98年製掃除機の床ブラシを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。