トップハットは秘密基地

夢と希望と現実に悩みながら家を建てた記録、うっすら知っている家電製品の事など。どんなものでも買ってみなくちゃわからない。

象印 電気ケトル CK-AW08-RM  うちのポットはプラチナやねん!

2016-12-19 | 電気製品

 新しい電気ポット(ケトル)が欲しくなりいつものショールーム大型家電量販店へ調査に行くと本体がプラスチックの安い物は2千円台からあります。

TVでよく宣伝している我が家の調理家電と同じ某社のケトルを見ると容器がプラスチックなのが気になり、転倒させると水が溢れそうなのも心配でフタが外し難そうです。

店頭でググってみるとプラスチック臭が出たりするらしいので、水の量が見えて便利ですけど中がプラスチックはパス。

 

やはり日本の象さん(製品は中国製)から選ぶと1時間保温機能が付いて内容器に新しいコーティングがされた、ちょっと高級感のあるCK-AW08-RMが良さそうです。

この様な商品に丁寧な説明や長期保証は必要ありません、出来るだけ安く買えればそれで良いです。

早速Amazonで探すと(某量販店さんごめんなさい ○┓ペコ )・・・

 

旧モデルで内容器のコーティングだけが違うCK-AU08が7千円程とお買得のようです。

ポイントを考えると旧モデルとの差額は僅か4百円程ですので、この差額をプラチナフッ素加工分の金額と考えるとCK-AW08が良さそうですのでポチッと。

 夜に注文してもいつものように翌日届きました。

 

最近は外箱に伝票シールではなく段ボールに入ってくるようです。

正式名称は”電気ケトル”ですが昔ながらの呼び名が染み付いているので、我が家では”電気ポット”と呼んでいます。

この先もたぶん”電気ケトル”と言う事は無く、死ぬまで”ポット”と言うと思います (^^;)

*”ケトル”というのがとっても発音し難いです。世間では普通に”ケトル”と言っているのかちょっと気になるけど・・・

 

中国製ですが綺麗な外箱です。

 

印刷にお金が掛かってます。

 

誰でも見て直ぐ判る倒れてもこぼれにくいというイラストは大事です。

 

シルバーのラインが入り旧モデルと比べると高級感があります。

個人的には蒸着メッキだと手入れしないと緑青が付いたりするので無い方が好き。

 

フタの形状は旧モデルのCK-FEと同じで旧モデルのフタもそのまま使えます。

CK-AWは蒸気レスなので上部に蒸気口がありません。

 

フタの造りは蒸気口の有無だけで全く同じです。

 

CK-AWには保温機能があります。

 

CK-FE06の600ccから容量が200cc増えて800ccになっても高さが少し高くなっただけで意外とコンパクトです。

 

電源プレートは旧モデルCK-FEと同じのようです。

 

PLATINUMと書いてカタカナ読みで”プラチナ”。PLATINAと書いてしまいそうだけど・・・

外人の方が言うと”プラァティナム(ムは聞こえない)”そんな感じ・・・たぶん。

PLATINUM COATINGじゃないので、ここだけ見るとプラチナ製か? そんな人はいないと思うけど。


とにかく、これは”チタン”ホットプレートのチタンより高いプラチナ!

チタンより柔らかくて加工しやすいプラチナ!

結婚指輪にも使われている¥3,800/g程する高いプラチナなので”うちのポット(ケトル)はプラチナやねん!”と言えそうです  (o^ ^o) /

 *チタンホットプレートの話しはこっち→ コストコ エネループ充電器セット K-KJ43MCC84 死ぬまで使えるような気がする

 

プラチナとは書いていますが残念ながら”本プラチナ製(本プラチナと言う呼び方があるのか知りませんが)”では無くお茶が美味しくなるという”プラチナフッ素加工”です。

 

内容器が”本プラチナ製”だと三桁万円はするかも知れませんけど・・・怪しげなHな水より高価な分、効果が期待出来そうな本当の”プラチナ水”が出来るかも?
 
我が家の家計を攻撃する”通販買い隊・コーテマウンジャー”なら”これでお湯を沸かすとHな水より更に効果のあるプラチナ水が出来ますよ、今なら◯◯%引きでお得、限定200個・・・”と深夜にTVの向こうから早口で言われれば信じてしまうかも?
 
ある日、何とかし隊オッサンジャーと通販ストレス攻撃に日夜苦戦しているラブ&ピースな関係の通販買隊・コーテマウンジャーが、ボトル缶を買うよりお得でペットボトルに入れるだけでお手軽にHな水が出来るという不思議画期的なものを買っていたのには腰が砕けそうになりました _| ̄|○
 
 
我が家の炊飯器の内釜が”ダイヤモンド”だったり、今度の電気ケトルは”プラチナ”だったりで気分だけはアラブの大富豪です。

 

 

○:水を800cc入れて倒してみましたが倒れてもこぼれ難いです(倒してもすぐに起こすとこぼれません)、これなら小さな子供さんや高齢者のお宅でも安心です。

電気ポットと同じフッ素加工なので臭いが気になりません。

朝、時間差で利用する時に1時間保温機能は便利です。

蒸気レスなので何処でも置けます。

色が中々高級感があり、汚れが目立ち難いので手入れが楽です。

湯沸かし完了時の音が”ピー”では無くメロディなのが良い(冷蔵庫、加湿器、IHコンロ等どれも”ピーピー”言うので判り易いです)。

湯沸かし完了時の報知音が切る事も出来ます。

今までの600ccではカップ3杯にはちょっとお湯が足りないという事があったのですが、800ccという容量が丁度良い(これより大きいと重たい)。

 

△:売れ筋商品と思われる物の二倍以上と、安全面など使う人には優しいけどお財布には優しくない。

 

コスパを考えると売れているT-falになるでしょうが、痒い所に手が届く用な商品作りが出来ている象さんは好き。

個人的には象さんの技術を詰め込んだヨーグルティアの大容量版(1Lの牛乳二本分)の様な物があれば欲しいです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄人28号さんがきれいにな... | トップ | パナソニック 電動歯ブラシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電気製品」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。