トップがんのトリガミ日記

越前大野の魅力的で使える情報の発信に燃えるアラフォー男のブログ。「越前大野感性はがき展」を全力で応援中

windows7の謎 勝手に電源が入るパソコンの怪

2009年12月05日 09時22分50秒 | 雑記&ボヤキ
先日、6年前に買った父のパソコンが壊れた。
「最近、起動時にパソコンがフリーズする」と言うので、思い切って「Cドライブの再セットアップ」を試みたら、どうしてもパソコンが再起動しなかった。
購入もとの量販店に症状を説明したところ、「ハードディスクが壊れている」とのこと。
結局、修理を諦め、買い換えることに。

久しぶりに量販店に行き、パソコンコーナーへ。
デスクトップタイプのパソコンの本体とディスプレイが一体化していたことに時代の流れを感じつつ、NECのVALUESTARを購入した。
もちろん、OSはウインドウズ7。父の要望で、地デジを見れるパソコンを選んだ。
パソコンは、さっそく我が家に届き、設置も問題なく完了した。
購入したパソコンは噂のタッチパネル仕様ではなかったものの、ウインドウズ7の使い勝手はXPとはかなり変わっていた。なんていうか、格段に高性能になっている感じがする。


しかし、その翌日から父が妙なことを言い出した。
「パソコンの電源が、勝手に入っている。確かにシャットダウンしたはずなのに・・・」

僕は困惑した。パソコンの電源が勝手に切れることは、過去に何度も経験しているが、勝手に電源が入るなんてことは聞いたことがない。

とりあえず、ネットで調べてみることに。が、どうもよくわからない。「BIOSの設定を変えると良い」という意見もあれば、「マザーボードの故障では?」という指摘もあった。

このままでは埒があかないので、購入した量販店に確認することに。どんな答えが返ってくるのかドキドキだ。

が、返ってきた答えは、実に意外なものだった。

店員さん「実は、パソコンがテレビの番組表を受信するために、自分でパソコンを起動し、受信が終了すると自動でスリープ状態になるという設定になっているんです。」

結局、パソコンの電源が勝手に入るという摩訶不思議なミステリーは、怪奇現象でも故障でもなかったわけだ。

それにしても、外部からパソコンを起動させることができるなんて、驚きです。正直言って、あまり気持ちの良いものではないなぁ・・・

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ウインドウズ マザーボード スリープ状態 シャットダウン タッチパネル デスクトップ 再セットアップ
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« “友愛”が脱税総理を救う!? | トップ | 【天皇政治利用】 首相官邸に抗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。