トップがんのトリガミ日記

越前大野の魅力的で使える情報の発信に燃えるアラフォー男のブログ。「越前大野感性はがき展」を全力で応援中

週間 TVドラマ あらすじ&雑感 9/2~9/8

2007年09月09日 00時51分39秒 | 芸能・スポーツ
【9月8日(土)】
▽『受験の神様』 (日テレ 21時)
 ◆キャスト:山口達也(勇)、成美璃子(道子)、長島弘宣(広)、森本龍太郎(義嗣)、小園江愛理(恵美)、西村雅彦、八千草薫
 ◆満足度:☆☆☆
 ◆放送内容:第8話「先生とボクが泣いたお葬式の小さな奇跡」
 ◆あらすじ:(HP「ストーリー」の続き)
・父(勇)に、葬式をとるべきか、模試をとるべきか相談した広に、勇は「自分で決めろ」と言う。
・通夜の後、広は祖母の信子(八千草薫)が、祖父の遺品の勉強ノートを見ているのを目にする。信子は、夫がスペイン語の勉強をしていたことを広が知っていたことに驚く。広に夢の話を聞いた信子は、祖父の幸之助の広に対する想いを語る。
・そこに、突然、道子がやってきて、焼香したいと申し出る。焼香後、すぐに帰ろうとする道子を勇と広が呼び止めたとき、道子のほほには涙が一筋光っていた。広は、道子に対して「明日は模試を受けずに、祖父を送りたい」と思いを伝える。道子は、それが、広が自分で決めた意志であることを確認し、東京に帰った。
・翌日、道子に「広は来ない。彼は今、大事な時間をすごしている」と聞いた二人は、「広らしい結論だ」と納得し、はりきって試験に臨む。
・静岡では、祖父の葬儀が始まった。広はきちんと正座し、祖父との別れに臨んでいた。焼香をする広には、祖父が語ってくれた言葉が聞こえていた。人が死ぬということがどういうことか、初めて知る広。
・東京に帰ろうとした広は、それまで気丈に振舞っていた祖母が遺影の前で嗚咽する姿を目にする。遺影に語りかける信子に広は声をかけることができず、ただ見つめていた。やがて、勇がやってきた。勇が母にいたわりの言葉をかけていた時、突然、隣の部屋の荷物が崩れた。信子は、そこに広あての封筒を見つける。それは、夢の中で祖父がくれた土産の入った封筒と全く同じだった。その中には、広の受験合格を祈願したお守りが入っていた。幸之助の起こした奇跡に3人は驚き、ちゃんと受け取ったことを報告する。
・次の授業の日、広らは、模試の結果を確認していた。道子の出した志望校受験のための条件は、合格率が50%以上であること。義嗣は80%、恵美は50%だった。模試を受けなかった広に、道子は「あなたは、早田に合格します」といい、部屋を出る。広は、受験を認めてもらえたのだった。
・その夜、広は重末清の本を泣きながら読み終え、父に「葬式は、亡くなった人を送るだけでなく、生き残った者が死者の死を乗り越えるための儀式でもあるんだね」と語る。勇がお守りにふと目をやった時、その形が少し変であることに気付く。中には一枚の写真があった。生まれたばかりの広を抱いて笑う幸之助を見て、感極まった広は号泣する。
 ◆雑感
・今日の放送を見て、自分が「人の死」というものを理解した日のことを思い出した。たしか、あれは自分が中学生の時だったと思う。ドラマでは広が火葬場まで行っていたけど、なかなかできることじゃないと思う。
・いよいよドラマはあと2回となりました。結構面白いドラマだと思うのけど、視聴率が伸びないのはなんでだろう?少なくとも『ドラゴン桜』よりはよほどためになるドラマだと思う。ちなみに、『ドラゴン桜』は、原作は受験生のバイブルになりうる作品だと思っています。

▽『ライフ』 (CX系 23時)
 キャスト:北乃きい、福田沙紀、北条隆博、細田よしひこ、関めぐみ、星井七瀬、末永遥、酒井美紀、瀬戸朝香、真矢みき
 ◆満足度:☆☆☆☆☆
 ◆放送内容:第9話「話題沸騰壮絶な闘いの行方は!?遂に逆転する関係!!」(%)
 ◆雑感
・10%程度だった視聴率が、前回いきなり14.7%にジャンプアップしたのは少々ビックリしました。原作を知っている人が、クライマックスだけ見ようとしているのだろう。個人的にも、今やっているドラマで、今一番目が話せないのが、このドラマです。最終的には17%くらいにまでいくかもしれないなー。
・ほぼ、予想どおりの展開になってきました。やはり克己は父を刺しました。
・来週は、いよいよ最終回ですが、予告では、愛海が虐められていました。きっと愛海は、なんの反省も後悔もすることなく、学校内に居場所をなくしていくのだと思う。こういうタイプって、自己を“絶対被害者化”して、常に自分は悪くないって言い張り、他人に罪を擦り付けるはず。愛海に主犯格扱いされるであろう岩本みどり役の末永遥がどういう演技をみせるか注目です。
・ちなみに、愛海は、克己と戸田和佳絵(瀬戸朝香)との写真を学内にバラしていくと思う。やはり、トカゲのしっぽにされそうです。戸田は、克己との関係を隠蔽し、必死に保身に走るだろうから、愛海を学校から排斥しようとすると思う。そのカメレオンぶりにも注目です。
・愛海は、最終的には自業自得という感じで自滅すると思う。とりあえず、刺客の一番手は、克己だろう。まだ捕まっていないし、恨みを晴らしに来るのは確実だと思う。でも、多分、コイツは失敗し、精神病院行きだろう。愛海にとどめを刺すのは、狩野アキラだと思う。愛海が死ぬかどうかはわからないけれど、ブスっと刺したところでエンディングとなるような気がする。
・エピローグは、学校のその後について。学校を首になった平岡正子(酒井美紀)の告発によって事件が公になり、学校ぐるみでいじめを隠蔽していた事実が発覚し、岩城以下、主だった教員は全員解雇処分となると思う。





【9月7日(金)】
▽『女帝』 (ABC 21時)
 ◆キャスト:加藤ローサ(立花彩香)、伊達直人(松田翔太)、酒井彩名(北條梨奈)、斎藤翔太(杉野謙一)、山下真司、森本レオ、尾上雄一郎(伊原剛志)、佐和ママ(かたせ梨乃)、美濃村達吉・ミナミの妖怪(泉谷しげる)
 ◆放送内容:第9話「「最終章!No.1ホステス銀座追放!!」
 ◇満足度 :☆☆☆☆
 ◇あらすじ:HPに詳しく載っているため割愛
 ◆雑感
・物語の泣けるシーンが一挙に放送され、「佐和」の危機も救うなど、見所満載の放送内容でした。
・父娘が分かり合うシーンは、原作と逆のような気がする。いいシーンなのに、かなり端折られていたのは残念でした。また、尾上は保証人になっただけで、開店資金は美濃村の遺産を使ったと記憶していたので、遺言を断ったのには、ちょっとびっくりです。
・来週の最終回では、伊達(松田翔太)が急死するような予告になっていました。「一流の店には、一流の黒服がいる」というのが、銀座の鉄則であるはずなだけに、まさか死ぬことはないと思うのですが・・・。ちなみに、原作では、佐和ママが余命いくばくもない状態になってしまい、「佐和」が閉店することになり、彩香が「佐和」を引き継ぐ形で店を出し、黒服の新藤が公私にわたるパートナーとして彩香の女帝への道を支えるというストーリーでした。途中で新藤が急死した時は、残念だったなー。
・このドラマで、一番体を張っているのが北條梨奈役の酒井彩名だと思います。毎回、違う男とのセックスする姿は、かなり強烈なイメージを残してくれました。ドラマの中では、最も重要な役だっただけに、そのがんばりには拍手です。最終回でのバトルでは、華々しく散って、地獄に落ちていってほしいです。

▽『山田太郎ものがたり』 (TBS 22時)
 ◆雑感
・「TBSを潰すためには、TBSを見ないこと」を心に決めたので、見ていません。

【9月6日(木)】
▽『山おんな壁おんな』 (フジ系 22時)
 ◆キャスト:青柳恵美(伊東美咲)、毬谷まりえ(深田恭子)、奥園雅之(及川光博)、松原徹人(川田広樹(ガレッジセール))、大山遥(小池栄子)、田村剛彦(谷原章介)、井口昌平(西島秀俊)、その他矢沢心、三浦理恵子、温水洋一、若林豪、鈴木砂羽など
 ◆満足度☆☆☆☆
 ◆放送内容:第10回「汗!? 恋の予感!!」(11.3%)
 ◆あらすじ:HPに詳しく載るため割愛。
 ◆雑感
・先週の『メントレG』に小池栄子がゲスト出演し、このドラマで共演している伊東美咲が、「小池栄子がウエディング・ドレスを着る」とポロリ発言(?)したため、ヘッドハンティングされた会社を辞めた小山遥(小池栄子)が仕事で見返すのではなく、結婚という道を選んだことが分かってしまっていた。でも、一体誰と結婚するんだろうと思っていたら、まさか、青森の牧場のあんちゃん(佐藤二朗)だったとは・・・。
・恵美(伊東美咲)と昌平(西島秀俊)の関係は、相変わらず微妙。あと2話あるから、多分いい感じになったところで終了するような気がする。




【9月5日(水)】
▽『ホタルノヒカリ』 (日テレ 22時)
 ◆キャスト:綾瀬はるか、加藤和樹、国仲涼子、武田真治、安田顕、浅見れいな、藤木直人、板谷由夏
 ◆満足度:☆☆☆
 ◆放送内容:第9話「明日はどっちだ!?干物まさかの三角関係」(14.7%)
 ◆あらすじ:割愛(ドラマHPに全部載っている)
 ◆雑感
・ラス前に視聴率が伸びたってことは、ストーリーの結末だけ気にしているという人が多いことを物語っているような気がする。
・あと2週放送があると思っていたので、来週が最終回と知って、ちょっとビックリです。展開的には予想通り最後は部長(藤木直人)のところに回帰することになりそうです。マコト(加藤和樹)君、君の直感は正しいよ。最終的に、一番のいい男だけが幸せになれないという展開は、王道だなーと思う。
・それにしても、綾瀬はるかはラッキーな女優です。こういう役をきっちりゲットし、イメージの回復に成功できたのは大きいと思う。今にして思えば、綾瀬はるかだからできた役だったのかなと思えるぐらいです。元々演技力には定評があったわけだし、これに役幅が広いということになれば、今後の活躍が十分期待できます。映画に出演し、ヌードにでもなるとなったら、かなりの評判を呼ぶと思う。

【9月4日(火)】
▽『牛に願いを Love&Farm』 (CX系 22時)
 ◆キャスト:玉山鉄二、小出恵介、中田敦彦、相武紗季、香里奈、戸田恵梨香、小日向文世、大杉蓮、中村獅童、濱田マリ、中嶋朋子ほか
 ◆満足度:☆☆
 ◆第10話あらすじ 割愛(HPに全部載っている)
 ◆雑感
・来週が最終話らしい。どうやら、ここで親子が仲直りするらしい。

▽『探偵学園Q』 (日テレ 22時)
 ◆キャスト:キュウ(神木隆之介)、メグ(志田未来)、キンタ(要潤)、数馬(若葉克実)、リュウ(山田涼介)、七海光太郎(山本太郎)、団守彦(陣内孝則)、ケルベロス(鈴木一真)、ユリエ(奥貫薫)、諸星警部(斉木しげる)
 ◆放送内容:第10話「最終決戦! 戦いの幕が上がる」(10.6%)
 ◆満足度 :☆☆☆
 ◆あらすじ(割愛)
 ◆雑感
・前回の放送で、12%台をマークした視聴率は、再び10%台に落ちてしまった。今週の放送を見ても、今ひとつ原作の良さを引き出せてないというか、展開的に引き込まれないのが残念です。

▽『花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス』 (CX系 21時)
 ◆キャスト:芦屋瑞稀(堀北真希)、佐野泉(小栗旬)、中津秀一(生田斗真)、 天王寺恵(石垣佑磨)、神楽坂真言(城田優)、花屋敷ひばり(岩佐真悠子)、萱島大樹(山本裕典)、松田聖子、上川隆也、 宇梶 剛士など
 ◆放送内容:第10話 「オレにしとけよ!」(%)
 ◆満足度 :☆☆☆☆
 ◆あらすじ(ドラマHPに詳しく載るので割愛)
 ◆雑感
・なんか、ここ数話の瑞稀(堀北真希)は、その仕草や話し方がどうみても女性にしか見えない。来週の予告編を見た限りでは、最終回では素性が女であることがバレるのは、ほぼ確実という気がする。瑞稀が本来の自分(女)に戻った時のギャップを楽しみにしているので、来週までは、もう少し男っぽく振舞ってほしいところです。
・寮長の難波南(水嶋ヒロ)にホレている中央千里役を演じている木村了をどこかでみたことがあるなと思っていたら、ドラマ『のだめカンタービレ』に出ていることを思い出しました。キャラが全く同じで笑ってしまった。ちなみに、今は『風林火山』で信玄の嫡子・武田義信役として出演もしています。『WATER BOYS2』にも出ていたような気がするし、結構な売れっ子らしい。ホリプロ所属ってところが気に食わないけど。
・先日の『笑っていいとも』に、テレホンゲストとして中津秀一役の生田斗真が出演していました。未だにジャニーズJr.というのが信じられないくらいの存在感(テレビ慣れ)だなぁと思って、ウィキを見たら、俳優としてのキャリアが十分すぎるぐらい積まれていて、ちょっとビックリした。NEWSへの加入が噂されているようだが、どうなんだろう?

【9月3日(月)】
▽アニメ『THE SKULLMAN』 (BSフジ 深夜)
 ◆満足度:☆☆☆
 ◆雑感
・白鈴會に仕える身になっていた神(じん)は、やはりニセのスカルマンだった。今の時点で本物が登場しているとすれば、神父の神埼芳生が一番怪しく思えます。
・今週の話で、霧子が反戦運動のメンバーであることがわかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強力反亀田同盟結成 大毅な... | トップ | 自民党総裁選 麻生氏&福田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
志田未来 身長 関連最新情報 (志田未来 画像・動画 最新情報ブログ)
社保庁長官と厚労次官を更迭 年金問題受け小夜子 山口百恵 山田孝之 山本耕史 産経新聞 残暑 子犬 子持ち 志田未来 死刑 紫吹淳 視聴率 自民党 辞書 篠原 篠原涼子 社会保険庁 社労士 酒 首輪 ...