気儘ウォーク

あれやこれやとつぶやきます。何を書くかはその時の気分次第。

薬師寺

2017年06月13日 15時05分59秒 | 旅行
修学旅行の思い出に出かけた奈良旅行は薬師寺まで。昔、高田好胤師の法話が面白かった記憶がある。それだけに親しみやすいお寺である。

奈良時代の姿を再現しようとしている。現在はほぼ8割の再建がなったという。奈良時代のもので唯一残っているのが東塔だが、その東塔はただいま修復工事中。呼び物を見ることができないわけで観光客は激減、最盛期の3分の1という。

薬師寺は法相宗で、奈良の古い宗派は檀家がいない。本来の仏教寺院はこうだったのだ。葬儀をやらないので檀家はいない。運営が難しい。薬師寺の現役の僧侶は10人しかいないという。




中門を通る。



東塔はこうでした。



お寺より、雲の方が印象的だった……。写真を見ると、雲ばかり撮っていたようである。



金堂。



西塔。



講堂。





見学した日に落慶式が行われた。食堂が完成したのである。偶然である。落慶式は26日から行われた。私が行ったのは27日である。







玄奘三蔵院へ行く。





盆栽展が開かれようとしていた。



<御朱印> 「薬師如来」である。芸術の域に達するような達筆だと思う。



ジャンル:
神社仏閣
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボリショイ・バレエ「白鳥の湖」 | トップ | マクロン政権 »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事