気儘ウォーク

あれやこれやとつぶやきます。何を書くかはその時の気分次第。

四国遍路 第37番札所・岩本寺

2017年05月15日 10時06分55秒 | 旅行
四国遍路の第2回目のツアーに参加した。第37番・岩本寺から第70番・本山寺までを巡る旅である。

3月の第1回目のツアーでは、第1番から第36番までを巡ったが、どういうわけか、ブログを書く気になれなかったので、いきなりの第37番からのブログ・スタートとなった。シニアは気分の変動が激しい。自分でもコントロールできない時がある。

気まぐれブログになるのは致し方ない。

高知空港から岩本寺まで行く。時間がかかる。11時半ごろについた。所在地は、JR土讃線の窪川駅から徒歩7分である。

四国遍路というが、札所の所在地のマップを見れば一目瞭然、札所は圧倒的に瀬戸内側に偏っている。高知県の札所はパラパラと存在している。

岩本寺の山門を見ると、いよいよスタートという気がする。張り切るというよりも、また忙しく巡らなければいけないという気の重さが生じる。取っつきはこうなる。億劫な気持ちになる。





緑が目立つ。新緑の季節だ。本堂も樹木に隠れる。





燈明に火をつけ、線香を立てるが、まだ覚束ない気がした。

”お勤め”はだいたい5分で終了する。ここは本尊が5体あるのが特徴で、不動明王、観世音菩薩、阿弥陀如来、薬師如来、地蔵菩薩の5つのご真言を唱える。

本堂のお勤めが終われば、大師堂で同じくお勤めする。観音霊場にせよ、不動霊場にせよ、お勤めは本堂のみだが、四国遍路では本堂・大師堂と2回行う。ここが他と違う。

(大師堂)



(鐘楼と大師像





終われば昼食で、ここの宿坊で食事した。



遍路中は和食中心である。肉食系の私にはつらいところがある。前日にステーキ屋に行った。帰宅した翌日にも同じくステーキ屋に出かけた。

ジャンル:
神社仏閣
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高千穂神社 | トップ | 四国遍路 第38番札所・金... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む