気儘ウォーク

あれやこれやとつぶやきます。何を書くかはその時の気分次第。

安倍政権支持率急落

2017年06月20日 11時35分58秒 | 雑感
安倍政権の支持率が急落した。森友問題、加計問題というスキャンダルが出たから当たり前だ。

世論調査の数字を見ると、新聞社によってかなり異なる。

日経や読売は49%。これならまだ半分は支持されているのだから、スキャンダルの割には高い数字だ。

ところで、毎日新聞の世論調査の数字は異常である。支持率36%で、不支持率44%である。不支持率の方が高い。統計上の誤差ではすまない。きちんと世論調査したのだろうか?

こういう数字を表に出すのはみっともない。新聞社の能力を疑われるよ。


(追記)

医者の待合室で週刊文春を読んでいると、憲法改正の世論調査でも同じようなことが起きていたらしい。批判していた。

誘導する質問を投げかけると、その後の質問に影響する。

加計問題や森友問題につき最初に質問し、その後に安倍内閣を支持するかしないかを問えば、否定的な答えがでてくる。

世論調査の誘導は初歩的なテクニックである。これも一種のフェイクである。フェイク・ニュースは何もネットだけの話ではない。

本来なら、「安倍内閣を支持するかしないか」。これだけを問うべきである。

安倍内閣を積極的に支持している人は少ないと思う。他に人がいないから……情けないがこれが理由である。

(なお追記)

各世論調査の結果を一覧すると、支持率はなお40%以上ある。理由は簡単なので、失業率が低いからである。

学生の就職率も青田刈り状態で、氷河期と言われたリーマンショック以後とは大違いだ。

失業率が低ければ、非正規雇用者は減るし、ブラック企業も減る。そういうところへ就職したい人はいないからね。

これで消費税の増税でもやれば、支持率が危険ゾーンへ行く可能性もあるが、安倍首相はそんなことはやらないだろう。

人間、収入のあてがあれば、ある程度のことは大目に見る。

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マクロン政権 | トップ | 豊洲へ移転 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む