松田敏子フラワーデザイン・徒然ローズガーデン

予定より長生きしている今を憂いながら、怒りながら、笑いながら楽しむ。

ボレロ と ジェントルハーマイオニー

2017-05-17 12:05:58 | フラワーデザイン

ボレロ
フランス  フロリバンダ
四季咲き ロゼット咲き  純白から淡いピンク色
超強香~ばらの香りにトロピカルフルーツが混じった芳香
耐病性、耐暑性に強い。




ジェントルハーマイオニー
イングリッシュローズ  デビッド・オースチン作出  半つる性(シュラブ)
四季咲き  大輪カップ咲き   ピンク色
強香~ミルラ、ダマスク系の芳香
耐病性に強く、初心者に向く。

それにしてもこの二種の薔薇、区別がつかない
ボレロの葉には光沢があり、ハーマイオニーにはそれがないという違いはわかる。



初心者に向くと云われても、その類いのアブラハム・トーマスをはじめとした数々の薔薇を
枯らしてしまっている者としては、心苦しくお恥ずかしい限り・・・。
毎年減っていく薔薇 かっては100種あった薔薇も今や 58種になっていた

あらららら・・・






ニューイマジン




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラとガーデニングショーへ3... | トップ | 18日 木曜日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む