通りすがりの正義の味方のブログ

通りすがりの正義の味方の写真作品紹介HomePageの制作管理者のブログ

自衛隊 90式戦車が演習中に横転、車長が死亡(北海道)

2017年06月22日 21時07分30秒 | Weblog
http://www.sankei.com/affairs/news/170621/afr1706210034-n1.html

北海道の自衛隊演習場で、訓練中の90式戦車が横転し、搭乗していた車長が死亡するという事故が発生した。
90式といえば、映画「ガメラ2」(画像)でも活躍した自衛隊の主力戦車である。大きさも重量も相当な物であろう。こんなものがひっくり返るとは、一体どんな状況だったのだろうか。

最近、アニメ「ガールズ&パンツァー」がマイブームだが、このアニメの世界ではこんな事故はないのか。でも戦車が川に転落したこと(又はしそうになった事)はあった。
それを見ると、戦車道というのも危険な芸当だな。
実際にあのアニメの世界では、こういった事故対策はどうなっているのだろうか。

今回の洗車の事故で、勇敢な自衛隊員が殉職されたのが遺憾だった。何とか原因を解明して、また同様な事故が起きないように努めてほしい。

近年では、近隣の国で不穏な動きも出ている。どうか自衛隊の戦車が実戦を経験するような事態に、ならないでもらいたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジムニー、洗車 | トップ | ブルーレイディスクレコーダ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
90式は (雷蔵)
2017-06-23 02:44:11
油気圧とトーションバーの二系統のサスペンション可動によって車高を上げ下げできるのですが、この機構を「左右独立させて稼働させられない」仕組みだったと思います。
つまり地形の変化に合わせて水平軸を維持する際、左右それぞれの車高を変えられない(火器管制システムが発達して、傾斜していても問題なく砲撃できるため、懸架構造を複雑にする必要がなくなった)
それでも安定性は高いはずですが、高速度走行中に右か左かどちらかのキャタピラが極端な段差に乗り上げれば、あるいは段差の下側(深い溝とか)に落ちれば、車両のディメンションに関係なく横転はするでしょう。
車長は砲塔から露出していたわけですから、横転から転覆(かなりの速度と段差があつた?)となればひとたまりもないです。

Re:90式は (通りすがりの正義の味方(制作管理者))
2017-06-24 22:06:35
ぼくはミリタリーオタではないので、全く知識がありません。
でも怪獣映画の影響で興味はあります。

こんな巨大で重量のあるものがひっくり返ったら、後の事故処理が大変だったでしょうね。

ガールズ&パンツァーの世界では、こういった事故は起こらないのかな?よく考えると、あんな事をしてけが人もあまり出ない、不思議な世界ですね。

勇敢な自衛官が一人亡くなられたのが、遺憾でした。ご冥福をお祈りします。

今後同様な事故が起こらないように、努めてほしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL